MT-07とNC750Sの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07とNC750Sの違いを比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
クロスプレーン・コンセプトの設計思想に基づき開発した新開発の水冷4ストローク・直列2気筒DOHC・4バルブ、689cm3のエンジンを搭載。270度位相クランクを採用し、心地よい加速フィーリング、駆動感が特徴。車重が179kgで同排気量のバイクより1〜2割軽い。ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジ。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」をカラーチェンジ。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
MT-07の「EBL-RM07J」と「2BL-RM19J」の違いの比較はこちら。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。
2020年3月28日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色)、マットライトグレーメタリック4、マットダークグレーメタリック6)。
2021年7月28日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-RM33J

平成32年(令和2年)規制に適合するためECUの仕様変更やFI セッティングの最適化が図られた。ライト類がフルLED化(バイファンクションLEDヘッドランプとLEDポジションランプ、フラッシャーランプ)。37mm幅広となり12mmアップマウントされたアルミ製テーパーハンドルを採用。車体色は、3色(パステルダークグレー、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック6)。
MT-07の2021年7月28日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2022年5月25日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パステルダークグレー、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック6)の設定。

 

 

ホンダ NC750Sの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC70
「NC750S」、「NC750S<ABS>」、「NC750S DTC<ABS>」を発売。今回は、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発した「NC700S」「NC700X」「インテグラ」それぞれの排気量アップを図りながら、燃費向上と装備の充実を図った。「NC750S」は、タイヤの変更が行われていないことを除けば「NC750X」と同様で、新CBシリーズなどで採用の瞬間燃費、および平均燃費などが表示できる機能を持つ燃費計を新たに装備。シート表皮の変更、アジャストタイプのブレーキレバーの採用などが行われた。車両重量は、214kg。車体色は、全タイプに2色(マットパープルグレアホワイト、グラファイトブラック)の設定。
NC700SとNC750Sの違いの比較は、こちら。
NC750SとNC750Xの違いの比較は、こちら。
NC750Sとインテグラの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750SのE Packageは、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器とスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、2色(マットパールグレアホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年2月24日に「NC750S・特別カラー」を限定発売。
パールグレアホワイトを採用した特別カラーを200台限定で発売。
2016年2月19日にフルモデルチェンジして発売。型式は、2BL-RC88
フロントサスに「デュアルベンディングバルブ」を採用し、乗り心地の向上と制動時のノーズダイブを軽減したり、リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用するなどした。NC750Sは、全タイプにETCとグリップヒーターを標準装備した。車体色は、全タイプに3色(パールグレアホワイト、グラファイトブラック(ツートーン)、マットガンパウダーブラックメタリック(ツートーン))の設定。
2018年4月20日に「NC750S」のカラーリング変更と全タイプにABSを標準装備。
車体色は、2色(グラファイトブラック(ツートーン)、キャンディークロモスフィアレッド)の設定。グラファイトブラックは、サイドカバーとラゲッジリッドをブルーに塗装、フロントフェンダーの中央部にブルーのストライプを、メインシート側面とピリオンシートにはブルーのシート表皮を採用したツートーンカラー。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750S」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、2色(グラファイトブラック(ツートーン)、キャンディークロモスフィアレッド)の設定。

 

 

ここでは、
2014年8月20日発売のヤマハ MT-07 ABS(型式 EBL-RM07J)と
2014年1月24日発売のホンダ NC750S ABS(型式 EBL-RC70)
の違いを比較しました。

 

 

MT-07 ABSとNC750S ABSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

MT-07 ABS

NC750S ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-RM07J

EBL-RC70

発売日

2014年8月20日

2014年1月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2085

2195

全幅 (mm)

745

780

全高 (mm)

1090

1130

ホイールベース (mm)

1400

1525

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

805

790

車両重量 (kg)

182

216

最小回転半径(m)

2.7

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38.4

42.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24.1

29

原動機型式

M403E

RC70E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

689

745

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

80

77

行程(ピストンストローク)(mm)

68.5

80

圧縮比(:1)

11.5

10.7

最高出力(kW)

54

40

最高出力(PS)

73.4

54

最高出力回転数(rpm)

9000

6250

最大トルク(N・m)

68

68

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

13

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

2.7

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

499.2

595

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-8.6Ah 10HR

12V-11.2Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.3

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.6

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

ドレンボルト呼び径(mm)

14

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.925

1.731

2次減速比

2.687

2.529

変速比

1速 2.845/2速 2.125/3速 1.631/4速 1.299/5速 1.090/6速 0.963

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

17

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

108

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°50

27°00

トレール量 (mm)

90

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

130

-

フロントホイールトラベル(mm)

130

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアサスペンションストローク(mm)

55

-

リアホイールトラベル(mm)

130

-

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

749,520円(本体価格694,000円、消費税55,520円)
マットグレーメタリック3(マットグレー)、
ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)、
ビビッドレッドカクテル1(レッド)

699,300円(消費税抜き本体価格 666,000円)
マットパープルグレアホワイト、
グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

2,500台

1,300台

 

MT-07 ABS(型式 EBL-RM07J)とNC750S ABS(型式 EBL-RC70)の違いを比較

 

 

MT-07とNC750Sの比較の口コミ

 

 

MT-07の方が34kg軽くて20psぐらい出力高い。NC750Sがロングストロークなのに対して、MT-07はショートストローク。ゆったりまったり走りたいならNC750S、よりきびきび走りたいならMT-07って感じかな。

 

 

MT-07の特徴として、エンジン部を限りなく上に上げて、ホイルベースを極限まで短くして軽量化してる。 NC750Sは、その逆でエンジン部を限りなく下へ下げたのでホイルベースが長くなって重量もそれなりに重くなった。よって、スペック上はMT-07が軽いけど、取り回しは意外と重いのが注意点。

 

 

MT-07とNC750Sのカラーリングは、ホワイト、ブラック、レッドでまる被りだね。

 

 

NC750SはMT-07よりメーカー希望価格安い。
でもMT-07よりつまんないし、MT-07より売れてないよ。

 

 

●NC750S ABS
馬力 54ps 重量 216kg 燃費 42.5km

 

●MT-07 ABS
馬力 73.4ps 重量 182kg 燃費 38.4km

 

 

NC750Sは、バイクで悟りを開いた人でなければすぐに物足りなくなると思う。充実の装備や低燃費は四輪なら魅力的だけど、バイクだと不便でも楽しければいい。MT-07のリアサスは楽しさをスポイルしてると思う。

 

 

NCは、スーパーカブ750だと思えば良いバイクだよ。

 

 

自分は、真剣にMT-07とNC750Sで迷った。特性的では、NC750Sが自分の使い方にあってたけど、毎日乗りたくなるバイクは、どっちかで考えたらMT-07を選んだ。

 

 

今では、大型デビューの初心者が乗るのは、NC750SがMT-07かって感じになってるね。

 

 

2019年2月時点

 

【ホンダ】NC750S(74.5万円)
良い点 メットイン&ETC&グリップヒーター&カラー液晶メーター
悪い点 シングルディスク&角材&非力&重たい

 

【ヤマハ】MT-07(77.7万円)
良い点 軽い&太いリアタイヤ
悪い点 外装がチープ&ヘッドライト&シート高

 

MT-07とNC750Sの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら