GSX-S750とMT-07の違いの比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S750とMT-07の違いの比較

 

スズキ GSX-S750の歴史

2017年3月30日にGSX-S750の国内仕様が新登場。型式は、2BL-C533F
車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「パールミラレッド」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。
2018年2月15日にマイナーチェンジ。
ハンドルバーをアルミに変更。車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」の2色の設定。
2018年2月26日に特別色のマットブラックを発売。
「マットブラックメタリックNo.2」(特別色)を追加。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、「トリトンブルーメタリック」、「パールグレッシャーホワイト」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。

 

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ここでは、
2018年2月15日発売のスズキ GSX-S750(2BL-C533F)と
2018年4月10日発売のヤマハ MT-07(2BL-RM19J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GSX-S750 ABS

MT-07 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売日

2018年2月15日

2018年4月10日

型式

2BL-C533F

2BL-RM19J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2125

2085

全幅 (mm)

785

745

全高 (mm)

1055

1090

軸間距離 (mm)

1455

1400

最低地上高 (mm)

135

140

シート高 (mm)

820

805

車両重量 (kg)

212

183

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

749

688

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

80

行程(ピストンストローク)(mm)

46

68.5

圧縮比(:1)

12.3

11.5

最高出力(kW)

83

54

最高出力(PS)

112

73

最高出力回転数(rpm)

10500

9000

最大トルク(N・m)

80

68

最大トルク(kgf・m)

8.2

6.9

最大トルク回転数(rpm)

9000

6500

燃料タンク容量 (L)

16

13

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.9

3

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.857

1.925

2次減速比

2.529

2.687

変速比

1速 2.7850/2速 2.0520/3速 1.6810/4速 1.4500/5速 1.3040/6速 1.1480

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

16

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

114

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

24°50

トレール量 (mm)

100

90

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

29.3

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

20.1

23.9

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー小売価格

969,840円

777,600円

 

GSX-S750(2BL-C533F)と MT-07(2BL-RM19J)を比較

 

左がGSX-S750(2BL-C533F) 右がMT-07(2BL-RM19J)
GSX-S750(2BL-C533F)と MT-07(2BL-RM19J)の装備の違いを比較

 

GSX-S750とMT-07の比較の口コミ

 

 

MT-07は、パワーの立ち上がりが急だし、アクセルのつきがよすぎて疲れる。GSX-S750は、5000rpm以下は、400+α程度で乗りやすい。高回転のパワーは比較にならないぐらいあるし。

 

 

どっちも試乗してGSX-S750を契約してきた。MT-07も良いバイクだったけど、GSX-S750のエンジン音が忘れられなかった。あとMT-07は、キーを挿す場所が嫌。

 

 

MT-07は、パラツインで270°クランクだから体感で高回転の気持ち良さを求めるのは酷。そういうのは、GSX-S750の方がいい。

 

 

MT-07乗りだがGSX-S750に試乗した。GSX-S750の方が良かった点は、ハンドリング軽い、倒しこみしやすい、コーナリングしやすい、クラッチ軽い、エンジンの吹け上がりが良い、フロントブレーキの効きが良い。MT-07の方が良かった点は、燃費の良さ、ガソリンがレギュラー、取り回しのしやすいさ。あと低速トルクがあるし、3速でのドンツキ加速感を楽しめる。他にも維持費が安く、ガソリン代、エンジンオイル量、プラグ本数は、400ccクラスと同じ維持費。ブレーキとタイヤは除く。

 

 

最初MT-07に試乗して加速凄くて感動した。次にGSX-S750に試乗したら乗りやすいし、加速も申し分ないし、音に感動した。走ってるだけでめちゃ楽しかったからGSX-S750にした。

 

 

俺は、これまで4気筒ばかり乗ってきたからMT-07の2気筒が新鮮に思えてMT-07買ったけど、すごく満足してるよ。

 

 

GSX-S750の鉄楕円スイングアームは、ダサくはないと思うけど、鉄スイングアームだとチェーン引き部分にチープさが出る。MT-07は、そこをうまく処理してるから、ぱっと見では、アルミ風に見える。

 

 

●0-100km/h加速データ
MT-07 3.8秒
GSX-S750 3.5秒

 

 

見た目は、GSX-S750の方が好き。MT-07は、ヘッドライトの上の部分に何かパーツをつけ忘れたみたいに見える。

 

 

GSX-S750に試乗してきたけど、MT-07よりフロントフォークが固めに感じた。

 

 

MT-07は、低速トルクと少し鼓動感がある代わりに回しても全然おもしろくないエンジン。回るエンジンが好きな人は、GSX-S750がおすすめ。よく回るし楽しいエンジン。

 

GSX-S750とMT-07の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら