CB250FとZ250SLの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB250FとZ250SLの違いを比較

 


ホンダ CB250Fの歴史

2014年8月1日に新登場。型式は、JBK-MC43
マイナーチェンジしたCBR250R(MC41)のストリートファイタールックのネイキッドとして登場した。249ccの水冷単気筒エンジンやフレームた足回りもCBR250Rゆずり、ネイキッドらしい外装とバーハンドルが主な違い。ABS搭載モデルも設定された。車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色の設定。
2015年12月7日に特別仕様の「CB250F Special Edition」発売。車体色はレモンアイスイエローの1色。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色。ミレニアムレッドのカラーパターンが変更され、ヘッドライト下のフロントカウルもレッドとなる。リアカウルはブラックとなった。ABS搭載モデルも同様。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色。ミレニアムレッドとブラックにそれぞれラジエターシュラウドとシートカウルにグラフィックパターンを採用。シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーはブロンズ色になった。平成28年排出ガス規制をクリアせず、最終モデルとなる。

 

 

カワサキ Z250SLの歴史

2016年3月15日に新登場。型式は、JBK-BR250E
車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック、キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック)の設定。
2017年5月15日にカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー×エボニー)の設定。フレームカラーをメタリックグリーンに変更し、外装をブラックで統一したモデル。

 

 

ここでは、
2017年2月10日発売のホンダ CB250F(JBK-MC43)と
2017年5月15日発売のカワサキ Z250SL(JBK-BR250E)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

CB250F

Z250SL

発売年月

2017年2月

2017年5月

全長 (mm)

2035

1935

全幅 (mm)

760

700

全高 (mm)

1045

1015

軸間距離 (mm)

1380

1330

最低地上高 (mm)

150

180

シート高 (mm)

780

785

車両重量 (kg)

158

148

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

76

72

行程(ピストンストローク)(mm)

55

61.2

圧縮比(:1)

10.7

11.3

最高出力(kW)

21

21

最高出力(PS)

29

29

最高出力回転数(rpm)

9000

9700

最大トルク(N・m)

23

22

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.2

最大トルク回転数(rpm)

7500

8200

燃料タンク容量 (L)

13

11

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SIMR8A9

MR8CI-8

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.8

1.3

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.807

2.8

2次減速比

2.571

3

変速比

1速 3.4160/2速 2.2500/3速 1.6500/4速 1.3500/5速 1.1660/6速 1.0380

1速 3.0000/2速 1.9330/3速 1.4440/4速 1.2170/5速 1.0450/6速 0.9230

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

36

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

104

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

24

トレール量 (mm)

98

90

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50.1

39

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

32.1

31.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

52

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

62

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格(税込み)

464,400円(税抜き 430,000円)

437,400円(税抜き 405,000円)

 

CB250FとZ250SLの違いを比較

 

左がCB250F  右がZ250SL
CB250FとZ250SLの装備の違いを比較

 

CB250FとZ250SLの違いを比較

 

 

カワサキがZ250SLの国内仕様を出す前にホンダがCB250Fを出してきたね。

 

 

Z250SLのが見た目がカッコいいし10kg軽いのもいいね。

 

 

Z250SLは、デザインは良いけど軽量化に走りすぎてタイヤやリアホイールが細くなってるのが嫌だな。

 

 

Z250SLは、CB250Fよりタンク容量が2L少なくて10s軽い。全長が10cm短いからかなりコンパクトだね。軽くてホイールベースが小さいから面白い。

 

 

Z250SLは、ハンドル低いから姿勢がキツそう。あとABS設定が無いのが微妙。

 

 

Z250SLよりCB250Fの方が音いいね。まあ、好みの問題だけど。

 

 

軽快さでは10kg軽いのとホイールベースが5cm短いからZ250SLのが上だが最高出力がCB250Fが9000rpmに対して9700rpmで高回転だから小さいな差だろうけど必死な感じになりそう。

 

 

みんカラの燃費を見ると2018年9月時点でZ250SLが76件で平均が29.31km/L。CB250Fが250件で平均が30.96km/L。実燃費はほとんど変わらない。車重がZ250SLのが軽いけどz250slの方が少し高回転設定だから似たようなもん。

 

 

Z250SLは、良くも悪くも元気があってガサツな感じ。高速では、伸びない典型的なシングルだな。エンジンで選ぶならCB250Fかな。

 

CB250FとZ250SLの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら