ZRX1200ダエグとニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ZRX1200ダエグとニンジャ1000の違いを比較

 

カワサキ ZRX1200ダエグの歴史

2009年2月1日に新登場。型式は、EBL-ZRT20D
車体色は、キャンディミスティックブルー、メタリックインペリアルレッド、パールメテオグレー×メタリックスパークブラック(2トーン)の3色の設定。
2010年3月1日にカラーチェンジ。
車体色は、キャンディプラズマブルー、キャンディライムグリーンの2色の設定。
2011年3月1日にカラーチェンジ。
車体色は、キャンディアイビーグリーン、メタリックマグネシウムグレーの2色の設定。
2011年12月1日にカラーチェンジ。
車体色は、パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック、メタリックスパークブラック/パールメテオグレーの2色の設定。
2012年12月1日にカラーチェンジ。
車体色は、メタリックスパークブラック、キャンディインペリアルブルーの2色の設定。
2013年12月1日にカラーチェンジ。
車体色は、メタリックグラファイトグレイ、キャンディプラズマブルーの2色の設定。
2014年2月1日に「ZRX1200 DAEG BLACK LIMITED」を発売。
メーターリング、スイングアーム、ヒールガード、リアステップ、ブレーキレバー/クラッチレバー、インジェクションカバーなど、ブラックを基調とし、サイドカバーに専用の特別エンブレム、専用タンクパッド、タンクキャップなどを採用。車体色は、メタリックディアブロブラック。
2015年1月15日にカラーチェンジ。
車体色は、メタリックスパークブラック、ギャラクシーシルバーの2色の設定。

2015年2月15日に「ZRX1200 DAEG カワサキ正規取扱店特別仕様車」を発売。
専用設計のオーリンズ社製のリアサスを装備し、Z1000R2を彷彿とさせる専用エンブレムやシートを採用。車体色は、ライムグリーン。400台限定で販売。
2015年11月1日にカラーチェンジ。
これがレギュラーモデルとしては最終仕様。車体色は、メタリックスパークブラック、キャンディクリムゾンレッドの2色の設定。
2016年2月1日に「ZRX1200 DAEG カワサキ正規取扱店特別仕様車」を発売。
Z1000マークUなどを思わせるカラーリングをまとった400台限定車両。車体色は、メタリックノクターンブルー。
2016年9月15日に「ZRX1200 DAEG Final Editoin」を発売。
ZRXシリーズの最後を飾るファイナルエディション。車体色は、ライムグリーン。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2015年11月発売のカワサキ ZRX1200ダエグと
2013年発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

ZRX1200ダエグとニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ZRX1200ダエグ

カワサキ ニンジャ1000

発売

2015年11月

2013年

型式

EBL-ZRT20D

 

全長

2150mm

2105mm

全幅

770mm

790mm

全高

1155mm

1170mm

ホイールベース

1470mm

1445mm

シート高

795mm

820mm

最低地上高

135mm

135mm

総重量

246kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

24.5°

24.5°

トレール(mm)

100

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

1164cc

1043cc

圧縮比

10.1

11.8

ボア

79mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

81(110PS)/8000

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

107(10.9kgf・m)/6000

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

18.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

25.8(60km/h)

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,172,880 キャンディクリムゾンレッド ¥1,172,880 メタリックスパークブラック

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

 

ZRX1200ダエグとニンジャ1000の動画

 

ZRX1200ダエグ

 

カワサキ ZRX1200ダエグ バイク試乗レビュー

 

Kawasaki ZRX1200 DAEG

 

Kawasaki ZRX1200 DAEGのすべて (All about ZRX1200 DAEG)

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

ninja1000 top speed meter278km GPS260

 

 

ZRX1200ダエグとニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

ニンジャ1000は、乗り易いだけで そんなに速くないよね。 走行性能はニンジャZX-10RとZRX1200ダエグのどちらに近い?と聞かれたらZRX1200ダエグだよね。

 

 

車両重量と馬力
Ninja1000 228kg 138ps
ZRX1200ダエグ 246kg 110ps

 

 

ZRX1200ダエグからニンジャ1000に乗り換えて1ヶ月位経ったところ。箱根・芦ノ湖スカイラインを走ってきた。ZRX1200ダエグもコーナーは、ヒラヒラ感があって良かったが、ニンジャ1000の方がコントロールしやすい感じがする。ズボラなギアチェンでも加速してくれる。ニンジャ1000にして良かった。

 

 

ネイキッドがいいならダエグだね。

 

 

ZRX1200ダエグは、2016年で販売終了らしいね。カワサキも世界共通を進めているみたいでその流れで無くなるってディーラーが言ってた。 ネイキッドは海外では不人気らしいね。

 

 

ZRX1200ダエグに試乗してさすがロングセラーをしてるだけあるなと思った。車重が260kgもあるのに とにかく走りが軽快。

 

 

2011年の比較記事によればZRX1200ダエグはゼロヨン(0-400m)で11.5秒。ニンジャ1000は、10.9秒。 ZRX1200ダエグも結構速い。

 

 

ニンジャ1000は排気量こそダエグより少ないけど、走りと言う面ではダエグより上。

 

2014年度上半期401cc〜車種別年間販売台数
第1位 MT-09/A(-Since2014-) 販売台数1646台
第2位 ボルト/R(-Since2013-) 販売台数1320台
第3位 スポーツスター1200(-Since2013-) 販売台数1179台
第4位 NC750X(-Since2014-) 販売台数1032台
第5位 CB1100 Type1/2(-Since2010-) 販売台数1012台
第6位 CB1300SF/SB/ST(-Since2008-) 販売台数790台
第7位 ニンジャZX-14R/ZZR1400ABS(-Since2012-) 販売台数754台
第8位 883シリーズ(-Since2013-) 販売台数731台
第9位 ZRX1200DAEG(-Since2009-) 販売台数668台
第10位 Ninja1000ABS(-Since2014-) 販売台数652台

 

 

 

ZRX1200ダエグとニンジャ1000の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら