DトラッカーとKLX250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

DトラッカーとKLX250の違いを比較

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。

DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較
2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。

 

 

カワサキ KLX250の歴史

1998年2月に「KLX250」が新登場。型式は、LX250E
車体色は、ライムグリーンの1色。
1999年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2001年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
二次エア導入システムなどで構成されるカワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。平成11年排出ガス規制をクリア。一次減速比も変更。車体色は、ライムグリーンの1色。
2002年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2003年2月にカラーチェンジとバッテリーを変更。
カラーチェンジと標準搭載バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更。車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。
2004年4月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。2004年モデルから、生産がカワサキモータースエンタープライズタイランド(タイカワサキ)に移管された。
2004年12月にマイナーチェンジ。
シュラウドやメーターバイザーのデザインを変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2005年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。

2006年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2008年4月にフルモデルチェンジ。型式は、KLX250S8F
平成19年度排ガス規制に対応。フューエルインジェクションを装備し、中回転域のセッティングを変更。車体デザインを大幅に見直し、フロント部にデジタルメーターを搭載。前年モデルまでのオフロードバイクらしいスクエアヘッドライトからV字形状の2灯式に変更し、外観イメージが一新。ここでKLX250のモタードモデル、Dトラッカーは、DトラッカーXに車名を変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2007年モデルKLX250(キャブレーター)と2008年モデルKLX250(インジェクション)の違いを比較
2009年2月にマイナーチェンジ。
一部仕様を変更して、価格変更した。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2009年12月にカラーチェンジ。型式は、JBK-LX250S
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2010年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2011年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ファイアクラッカーレッド)の設定。
2012年11月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年7月1日にカラーチェンジ。

車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2015年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2016年5月15日に 特別・限定仕様「KLX250 Final Edition」。
KLX250シリーズの最後のスペシャルカラーモデル。90年代前半のオフロードバイクっぽいカラーリング、ボディ同色のフレーム、紫のシートなどを採用。車体色は、ライムグリーン。
2016年に発表されたファイナルエディションをもって日本向け仕様は、生産終了。

 

 

ここでは、まず最初に
1998年2月発売のカワサキ Dトラッカー(LX250E)と
1998年2月発売のカワサキ KLX250(LX250E)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Dトラッカー

KLX250

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

1998年2月

1998年2月

型式

LX250E

LX250E

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2135

全幅 (mm)

790

885

全高 (mm)

1175

1210

軸間距離 (mm)

1435

1435

最低地上高 (mm)

265

295

シート高 (mm)

865

885

乾燥重量 (kg)

118

116

車両重量 (kg)

133

131

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(PS)

30

30

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(kgf・m)

2.6

2.6

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料タンク容量 (L)

8

8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.863

2.863

2次減速比

2.785

3

変速比

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°30

26°50

トレール量 (mm)

74

107

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48

46.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

51

タイヤ(前)速度記号

H

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

63

タイヤ(後)速度記号

H

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

3

1.6

ホイールリム幅(後)

3.5

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

Dトラッカー(LX250E)とKLX250(LX250E)の比較

 

Dトラッカー(LX250E)とKLX250(LX250E)の比較の口コミ

 

 

DトラッカーとKLX250を見てきたけど、やっぱりモタはタイヤが小さくて好みじゃなかった。

 

 

ロードしか走らない人は、Dトラッカーでいいと思うけど、そうでないならKLX250の方がいいよ。ちなみに足つき悪い人は、シートや社外リンクで調整すればいい。

 

 

KLX250とDトラッカーは、兄弟車だから
KLX250の型式がKLX250-H、
Dトラッカーの型式ががKLX250-J。

 

1998年式:KLX250-J1/KLX-250H1
1999年式:KLX250-J2/KLX-250H2
2001年式:KLX250-J4/KLX-250H3
2002年式:KLX250-J5/KLX-250H4
パーツをメーカーに注文をする際には、この[型式:モデルコード]が要る。

 

 

ダート走らない人は、Dトラッカーでいいでしょ。でもダートにハマったらDトラッカーだと欲求不満になるよ。KLX250ならどちらもOK。

 

 

Dトラッカーを買って、後でKLX250のホイールとタイヤを付ける方法もある。

 

 

KLX250は、Dトラッカーよりシート高が20mm高いけど、実際跨ると数字以上に高く感じるってバイク屋が言っていた。

 

 

DトラッカーとKLX250は、Fフェンダーの長さが違う。Dトラッカーのフェンダーは、KX80の色違いでKLX250より短い。

 

 

良い音のマフラーがどれとか悩みたい人は、Dトラッカー。
ジャンプしたり、オフも楽しみたい人は、KLX250。

 

 

DトラッカーとKLX250は、メータ自体が違う。取り出し口のカラーやマグネットは同じだけど、内部でソフト的に変えてるみたい。

 

 

KLX250は、たしか99年(もしかしたら98年)からデジタルメーターになった。Dトラッカーと同じタイプだが、内部の速度感知センサーが違うので17インチ化したら速度表示が違うよ。

 

 

 

次に
2008年4月発売のカワサキ DトラッカーX(KLX250V8F)と
2008年4月発売のカワサキ KLX250(KLX250S8F)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

DトラッカーX

KLX250

モデルチェンジ区分

新登場

フルモデルチェンジ

発売日

2008年4月

2008年4月

型式

KLX250V8F

KLX250S8F

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2130

2200

全幅 (mm)

795

820

全高 (mm)

1125

1190

軸間距離 (mm)

1420

1430

最低地上高 (mm)

225

285

シート高 (mm)

860

890

乾燥重量 (kg)

129

127

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

18

18

最高出力(PS)

24

24

最高出力回転数(rpm)

9000

9000

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

7.7

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.1

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.8

2.8

2次減速比

2.785

3

変速比

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25.5°

26°30

トレール量 (mm)

73

105

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

51

タイヤ(前)速度記号

S

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

63

タイヤ(後)速度記号

S

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

3

1.6

ホイールリム幅(後)

4

2.15

 

Dトラッカー(KLX250V8F)とKLX250(KLX250S8F)の比較

 

Dトラッカー(KLX250V8F)とKLX250(KLX250S8F)の比較の口コミ

 

 

身長164cmしかないから、KLX250だと足が届きそうにないからDトラッカーかな。

 

 

俺は、165cmでKLX250乗ってるけど、両足つま先だけつく。クローズドコースで乗ってるからあまり困らないし、足をつきたい時は、ケツを前にずらせばいい。ローダウンリンクもあるから調整はできるよ。俺の場合は、リンク比が変わるのが嫌でノーマルリンクのまま乗ってる。

 

 

DトラッカーとKLX250は、スプロケの丁数が違う。KLX250のが低速より。まあDトラッカーでもスプロケを交換すればいいだけだけど。

 

 

2006年式のKLX250に乗ってるけど、2008年式のDトラッカーに跨ってみた。KLX250より明らかに重いね。それからフロントマスクが大きいからもっさり感が増してた。足つきは、俺のKLX250と同じような感じだった。

 

DトラッカーとKLX250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら