ジェイドとホーネットの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ジェイドとホーネットの違いを比較

 

ホンダ ジェイドの歴史

1991年3月15日に「ジェイド」が新登場。型式は、MC23
ホンダ独自のカムギア・トレーン(カムシャフトを歯車で駆動する方式)機構を採用した水冷4ストローク直列4気筒エンジンを搭載した250ccスポーツとして登場。JADEは、英語で翡翠(ヒスイ)の意味。車体色は、3色(タスマニアグリーンメタリック、グラニットブルーメタリック、キャンディブルゴーニュレッド)。
1991年7月に「ジェイド」をカラーチェンジ。
1992年4月7日に「ジェイド/S」をタイプ追加。
「ジェイド/S」は、前後ホイールリムをブラック仕上げ、「ブラック/ミースブルーメタリック」と「キャンディブルゴーニュレッド/ブラックのツートーン」のツートンのカラーリング、クロームメッキ処理されたメーターケース、新しいシートパターンを採用した上質感あふれるバリエーションモデル。
1993年6月10日に「ジェイド」をマイナーチェンジ。
タコメーターをスピードメーターと同径に大型化。エンジン全体をグレーメタリック塗装とし、シリンダーヘッドカバーと左側クランクケースカバーに高級感のあるバフ仕上げを施し、右側クランクケースカバー(ACジェネレーター部)をスピンバフ風に仕上げた。新しいパターンのシート表皮に変更。車体色は、3色(ヴォーテクスパープルメタリック、タスマニアグリーンメタリック、ブラック)。
1996年に後継となるホーネット発売に伴い生産終了。

 

 

ホンダ ホーネットの歴史

1996年2月20日にホンダ ホーネットが新発売。型式は、MC31
車体色は、3色(ブラック、ブーンシルバーメタリック、キャンディブレイジングレッド)の設定。
1998年9月30日にマイナーチェンジ。
燃料タンクのロゴマークを変更。ステップガードの色を赤に変更。車体色は、2色。キャンディタヒチアンブルーのホイール色は、ホワイト。フォースシルバーメタリックのホイール色は、艶消しブラック。
1999年12月7日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC31
エアインジェクションシステムと排気管集合部の酸化触媒などを採用し、排出ガス規制に適合。新たにスロットルセンサーと中空二重構造の排気管を採用し、中・低回転域で力強い出力特性となり、高回転域でもスムーズで爽快な走りを実現。キャブレター型式がVP03からVP05型4基へ変更。ハザードランプと燃料計を追加。車体色は、2色(キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック)の設定。
ホーネットの「MC31」と「BA-MC31」の違いの比較は、こちら。
2000年12月21日にカラーオーダープランを採用。
燃料タンクのマークのデザインを変更し、サイドカバーにHONDAロゴマークを採用。新たに「カラーオーダープラン」を採用。燃料タンク、フロントフェンダー、シートカウルのセットが7色、前・後ホイールセットが4色から選択でき全28タイプから選べる。標準色は、2色(フォースシルバーメタリック、キャンディフェニックスブルー)の設定。
2003年3月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の見直しとサスのセッティング変更などでシート高が15mm低い745mmになった。燃料タンクのHONDAロゴをウイングマークを基調としたマークに変更。角型バックミラーへ変更。グリップエンドにメッキを施した。車体色は、標準色が2色(キャンディブレイジングレッド 、キャンディタヒチアンブルー)。カラーオーダープランは、ボディ7色、ホイール3色の合計で21タイプ。
2005年11月28日にマイナーチェンジ。
マルチリフレクターヘッドライトを採用。シート表皮を前部と後部で異なったパターンに変更。メーターパネルの発光色をブルーに変更。フレームとフロントフォークとグラブバーとタンクキャップをマットグレーに、リヤサススプリングとスパークプラグキャップをレッドにした。車体色は、標準色が2色(キャンディフェニックスブルー、ブラック)。カラーオーダープランは、ボディ6色、ホイール2色で12タイプ。
2005年12月24日にホーネット・デラックスタイプを発売。デラックスタイプは、ツートーンカラーを採用。車体色は、2色(キャンディブレイジングレッドxブラック、パールフラッシュイエローxブラック)。前後ホイールの側面にストライプを施し、ブラックの前後ブレーキキャリパーの採用。
2006年12月26日にホーネットとホーネット・デラックスをカラーチェンジ。
ホーネットの車体色は、2色(パールサンビームホワイトとパールコスミックブラック)でホイールにそれぞれ車体色と同系色のホワイトとブラックを採用。ホーネット・デラックスの車体色は、ツートーンの2色(グリントウェーブブルーメタリック、デジタルシルバーメタリック)。タンクとリアカウル上面にそれぞれ車体色と同色を採用。下面は、共通のグラファイトブラック。

2007年12月に生産終了を発表。

 

 

ここでは、
1993年6月10日発売のホンダ ジェイド(MC23)と
1996年2月20日発売のホンダ ホーネット(MC31)
の違いを比較しました。

 

 

ジェイドとホーネットのスペックの違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ジェイド

ホーネット

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

MC23

MC31

発売日

1993年6月10日

1996年2月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2060

2045

全幅 (mm)

710

740

全高 (mm)

1105

1055

ホイールベース (mm)

1420

1415

最低地上高(mm)

155

170

シート高 (mm)

780

760

乾燥重量 (kg)

146

149

車両重量 (kg)

161

166

最小回転半径(m)

2.5

2.6

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(km/L)

38(50km/h走行時)

32(60km/h走行時)

原動機型式

MC14E

MC14E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

48.5

48.5

行程(ピストンストローク)(mm)

33.8

33.8

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(PS)

40

40

最高出力回転数(rpm)

14000

13000

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.4

最大トルク回転数(rpm)

11000

11000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

VP21

VP03

燃料タンク容量 (L)

14

16

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3

4

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.7

2.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

2.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.3

2.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.966

2.966

2次減速比

3

3.214

変速比

1速 2.733/2速 2.000/3速 1.590/4速 1.332/5速 1.152/6速 1.034

1速 2.733/2速 2.000/3速 1.590/4速 1.317/5速 1.110/6速 0.964

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

42

45

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

110

フレーム型式

ダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

26°10

25.4

トレール量 (mm)

100

99

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

100/80-17

130/70ZR16

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

52

-

タイヤ(前)速度記号

S

-

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

-

タイヤ(後)速度記号

S

-

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライト定格(Hi)

-

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

-

18W/5W

メーカー小売価格/カラーバリエーション

499,000円 ブラック
499,000円 ヴォーテクスパープルメタリック
499,000円 タスマニアグリーンメタリック

499,000円 ブラック
499,000円 ブーンシルバーメタリック
499,000円 キャンディブレイジングレッド

販売計画台数(国内・年間)

5,000台

10,000台

 

ジェイドとホーネットの違いを比較

 

ジェイドとホーネットの違いを比較

 

 

ホーネットは、1995年の第31回東京モーターショーに出品後にジェイド(MC23)からの実質的後継車として1996年1月25日に発表され、1996年2月20日発売された。

 

 

MC31型ホーネットに搭載されたエンジンは、MC14E型水冷4ストロークカムギアトレーン4バルブDOHC4気筒エンジン。これは、MC23型ジェイドからのからのキャリーオーバーでホーネットへの搭載にあたって以下のチューニングがされた。

 

  • 意図的に幅の狭いトルクの谷間を設定し、吹きあがりレスポンスを強調。
  • マフラーを4into1の集合タイプとして各エキゾーストパイプ間を連結する位置を意図的にずらし、1 - 4連結で低回転域、2 - 3連結で中回転域をトルクアップ。
  • マフラー内室を従来より1室少ない2パスタイプとして排気圧力を低下させた。
  • インレットポート口径を27.0mmから24.5mmに絞り、低・中回転域のトルクアップとパーシャルトルクを向上。
  • バルブタイミングのインレットクローズを早め、低中回転トルク全域を上げる効果を狙ってオーバーラップを増やすことでピークパワー以降の落ち込みを減少させた。
  • キャブレターをVP21型4基からVP03型4基へ変更。

 

 

俺は、見た目はジェイドの方が好き。ホーネットみたいなアップマフラーは好きじゃない。

 

 

前は、ジェイドタイプSに4万km乗って今は、ホーネット乗ってる。ジェイドは、人気なかったけど、壊れにくいし、俺は好きだった。決してホンダの失敗作じゃない。

 

 

ジェイドは、人気なかったから短命でホーネットに変わってしまった。

 

 

ジェイドの良い点は、中古の相場が安いのとタイヤが安いバイアスタイヤ。あと昔のCB400SFみたいな形してるのもいい。ジェイドの悪い点は、1991年〜1996年まで製造されたバイクだから古すぎ。ホーネットの良い点は、1996年〜2007年まで製造されたバイクだからジェイドよりは、状態が良いものを探しやすい。ラジアルの太いタイヤで見た目がカッコイイ。リアのサイドアップマフラーも良い。ホーネットの悪い点は、中古の値段が比較的高め。タイヤの交換費用がジェイドの倍近くかかる。あとタンクがスグ潰れる。

 

 

ホーネットはジェイドの後継でジェイドの弟分になる。エンジンも同じカムギアトレーン。

 

 

ジェイドは、古すぎるからアフターパーツのことを考えたらホーネットでしょ。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ジェイド 161kg | 40ps/14000rpm | 2.4kgf・m/11000rpm
ホーネット 166kg | 40ps/13000rpm | 2.4kgf・m/11000rpm

 

 

ジェイドもホーネットも最高速も加速も同じぐらい。最高速は、どちらも170km/hちょい。。基本的にエンジンは同じだけど、カムシャフトが違うし、バルブタイミングも少し違う。あとミッションのレシオが全く別物。ジェイドは、CBR250RやCBR250RRと同じミッションレシオだけど、ホーネットは全くの別物。エンジンの外観は、シリンダーヘッドカバーやクランクケースカバーが少し違う。

 

 

●シート高
ジェイド 780mm
ホーネット 760mm

 

 

●タンク容量
ジェイド 14L
ホーネット 16L

 

●燃料消費率 国交省届出
ジェイド 38km/L(50km/h走行時)
ホーネット 32km/L(60km/h走行時)

 

●航続距離
ジェイド 14L × 38km/L =532km
ホーネット 16L × 32km/L =512km

 

ジェイドとホーネットの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら