Ninja ZX-12RとNinja ZX-14Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Ninja ZX-12RとNinja ZX-14Rの違いを比較

 

カワサキ NINJA ZX-12Rの歴史

2000年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様が新発売。
Ninja ZX-12Rの初期型(ZX1200-A1)。スーパースポーツZX-Rシリーズと、最高速ツアラーZX-11の後継とを複合したモデル。
2001年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
2001年モデルのNinja ZX-12R(ZX1200-A2)。A型は、ここまで。
2002年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がフルモデルチェンジ。
ここからB型。2002年モデルは、ZX1200-B1。エンジン特性がニュートラルに。ハンドリングが改善。峠道などのワインディング走行も楽しめるセッティングとなった。エンジンのクランクマスが20%増、インジェクション特性の変更で扱いやすくなる。フロントのエアダクトの形状がカウルの延長形状に変更。
2003年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、3色(ライムグリーン、ムーンライトシルバー、パールミスティックブラック×メタリッククレセントゴールド)。
2004年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がマイナーチェンジ。
フロントのブレーキキャリパーをラジアルマウントに変更。ECUのビット数が倍になって高所でのアイドリングが安定、300km/hまでの速度域での快適性が改善された。車体色は、2色(ギャラクシーシルバータイプU、メタリックスパークブラック)。
2005年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、キャンディプラズマブルー)。
2006年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、1色(パールミスティックブラック×メタリッククレセントゴールド)。
2006年モデルを最後に生産終了。

 

 

カワサキ NINJA ZX-14Rの歴史

2012年に海外向けモデルが新登場。
ZZR1400のフルモデルチェンジにあわせて、北米向けのNINJA ZX-14もチェンジ。新たに「NINJA ZX-14R」として排気量を拡大。新たにトラクションコントロールとパワーモードを装備した。モデルコードはZX1400E。ABS搭載モデル(ZX1400F)は、東南アジア向けのZX-14Rに設定。
2013年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」をカラーチェンジ。
2014年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」の2014年モデルを発売。またオーリンズ製サスペンションを採用した特別モデル「Ninja ZX-14R ABS OHLINS Edition」も2014年モデルと2015年モデルに設定。
2015年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R Special Edition」と「Ninja ZX-14R ABS Special Edition」の2015年モデルを発売。
2016年に「NINJA ZX-14R ABS」をマイナーチェンジ。
ユーロ4の排出ガス規制をクリア。2016年モデルからABSが標準装備となった。またブレンボのブレーキやオーリンズ製のリアサスを採用したハイグレードモデル「Ninja ZX-14R ABS High Grade」がタイプ設定された。
2017年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R ABS High Grade」の2017年モデルを発売。
2018年に「NINJA ZX-14R」と「Ninja ZX-14R High Grade」の2018年モデルを発売。どちらも車種名表記から、「ABS」の文字が省略された。

 

 

ここでは、
2006年モデルのカワサキ Ninja ZX-12R(海外仕様)と
2012年モデルのカワサキ Ninja ZX-14R(海外仕様)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja ZX-12R

Ninja ZX-14R

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

年式

2006年モデル

2012年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2085

2170

全幅 (mm)

740

770

全高 (mm)

1200

1170

軸間距離 (mm)

1450

1480

最低地上高 (mm)

120

125

シート高 (mm)

810

800

乾燥重量 (kg)

210

-

車両重量 (kg)

-

265

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1199

1441

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

84

行程(ピストンストローク)(mm)

55.4

65

圧縮比(:1)

12.2

12.3

最高出力(kW)

128

147.2

最高出力(PS)

174

200

最高出力回転数(rpm)

9500

10000

最大トルク(N・m)

130

162.5

最大トルク(kgf・m)

13.3

16.6

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料タンク容量 (L)

19

22

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

-

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EKPA

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX14-BS

FTX14-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.6

4.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.8

4.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.596

1.556

2次減速比

2.556

2.471

変速比

1速 2.4290/2速 1.8240/3速 1.4400/4速 1.2500/5速 1.1300/6速 1.0330

1速 2.6110/2速 1.9470/3速 1.5450/4速 1.3330/5速 1.1540/6速 1.0360

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

18

17

スプロケット歯数・後

46

42

チェーンサイズ

530

530

標準チェーンリンク数

116

118

フレーム型式

プレスバックボーン

アルミニウムモノコック

キャスター角

-

23°

トレール量 (mm)

-

93

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

200/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

75

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H9

ヘッドライトタイプ(Lo)

-

H11

 

Ninja ZX-12RとNinja ZX-14Rの違いを比較

 

Ninja ZX-12RとNinja ZX-14Rの比較の口コミ

 

 

ZX-12RからZX-14Rに乗り換えたけど、ちょっと後悔してる。ZX-14Rの性能はいいんだけど、ZX-14Rは、バイク自体のキャラクターが弱いね。ZX-12R乗ってる時は、何年乗っても、今日は乗りこなすぞって気持ちが湧いてきたのに。ZX-14Rは、乗り手にやさしくて、ZX-12Rの時のような気持ちがわかない。俺は、出来が悪い子の方がかわいい。

 

 

尖り過ぎたZX-12R
優し過ぎたZX-14R

 

 

やる気がない日にZX-12Rは、乗りたくないけど、ZX-14Rなら乗れる。

 

 

ZX-12RのA型とかだと、古いし、走行距離が多いから故障することも増えるし、部品の欠品が出てきてるから新品パーツが手に入らないことも多い。ZX-12Rは、恐怖の加速が味わえるけど、ベテランでも手を焼く操縦性で苦労すると思うよ。だから俺は、今買うならZX-14Rをおすすめする。ZX-14Rのが速いし、安全だし、本気で走れば全てにおいてZX-12Rより上。

 

 

 

乗ってて楽なのは、ZX-14R。
乗ってて楽しいのは、ZX-12R。

 

Ninja ZX-12RとNinja ZX-14Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら