VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

 

ホンダ VT1300CXの歴史

2009年11月9日に「VT1300CX」と「VT1300CX ABS」が新登場。型式は、EBL-SC61
「VT1300CX」は、1312ccの水冷V型2気筒OHC3バルブエンジンを搭載したアメリカンクルーザー。フレームとエンジンの間に大きな空間のある特徴的なデザイン。盗難抑止効果を高めるHonda独自のH・I・S・S(ホンダ・イグニション・セキュリティー・システム)を装備。車体色は、2色(ボルドーレッドメタリック、デジタルシルバーメタリック)。
2011年1月20日に「VT1300CX」と「VT1300CX ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(マットアクシスオレンジメタリック、パールフェイドレスホワイト)。
2012年1月13日に「VT1300CX」と「VT1300CX ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(グラファイトブラック、グリントウェーブブルーメタリック)。
2015年3月13日に「VT1300CX ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディープロミネンスレッド、グラファイトブラック)。グラファイトブラックは、フレームをグレーに、ホイールをブラウンメタリックに変更し車両価格を引き下げた。これが最終仕様。

 

ホンダ VT1300CRの歴史

2010年4月28日に「VT1300CR」と「VT1300CR ABS」が新登場。型式は、EBL-SC66
「VT1300CR」は、ロー&ロングフォルムを強調した車体に鼓動感あふれる水冷4ストロークV型2気筒1300ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル。重厚でレトロなイメージのデザインでフロントに17インチ、リアに15インチの幅広いタイヤと、タイヤを覆うような深い前・後フェンダーを装備。エンジンの外観は、ブラック。車体色は、2色(キャンディーグレイスフルレッド、グラファイトブラック)。
2011年1月20日に「VT1300CR」と「VT1300CR ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(ムーンストーンシルバーメタリック、キャンディーグローリーレッド)。
2012年1月13日に「VT1300CR」と「VT1300CR ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(ムーンストーンシルバーメタリック)。これが最終仕様。

 

ホンダ VT1300CSの歴史

2010年5月18日に「VT1300CS」と「VT1300CS ABS」が新登場。型式は、EBL-SC67
「VT1300CS」は、スポーティーでストリートテイストあふれるイメージのデザイン。エンジンは、水冷4ストロークV型2気筒1300ccを搭載。フロントは大径の21インチ、リアには15インチのタイヤを装着。前後フェンダーは軽快なナロータイプを採用しスポーティーな外観。エンジンは、シルバーを基調としてシリンダーヘッドカバーにクロームメッキを施した。車体色は、2色(キャンディーグローリーレッド、グラファイトブラック)。
2011年1月20日に「VT1300CS」と「VT1300CS ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック)。
2012年1月13日に「VT1300CS」と「VT1300CS ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(グリントウェーブブルーメタリック)。これが最終仕様。

 

 

ここでは、
2011年1月20日発売のホンダ VT1300CX(型式 EBL-SC61)と
2011年1月20日発売のホンダ VT1300CR(型式 EBL-SC66)と
2011年1月20日発売のホンダ VT1300CS(型式 EBL-SC67)
の違いを比較しました。

 

 

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSのスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

VT1300CX

VT1300CR

VT1300CS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

カラーチェンジ

カラーチェンジ

型式

EBL-SC61

EBL-SC66

EBL-SC67

発売日

2011年1月20日

2011年1月20日

2011年1月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2575

2650

2580

全幅 (mm)

900

970

820

全高 (mm)

1150

1085

1100

ホイールベース (mm)

1805

1785

1785

最低地上高(mm)

125

130

130

シート高 (mm)

680

680

684

車両重量 (kg)

307

309

304

最小回転半径(m)

3.7

3.5

3.5

乗車定員(名)

2

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

27

27

原動機型式

SC61E

SC61E

SC61E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

52

-

-

冷却方式

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

1312

1312

1312

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

3

3

内径(シリンダーボア)(mm)

89.5

89.5

89.5

行程(ピストンストローク)(mm)

104.3

104.3

104.3

圧縮比(:1)

9.2

9.2

9.2

最高出力(kW)

40

40

40

最高出力(PS)

54

54

54

最高出力回転数(rpm)

4250

4250

4250

最大トルク(N・m)

103

103

103

最大トルク(kgf・m)

10.5

10.5

10.5

最大トルク回転数(rpm)

2750

2750

2750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

12

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

324

432

432

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DCPR6E

DCPR6E

DCPR6E

点火プラグ必要本数・合計

4

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.2Ah

12V-11Ah

12V-11Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.3

4.3

4.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.5

3.5

3.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.7

3.7

3.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.757

1.757

1.757

変速比

1速 1.899/2速 1.230/3速 0.908/4速 0.755/5速 0.675

1速 1.899/2速 1.230/3速 0.908/4速 0.755/5速 0.675

1速 1.899/2速 1.230/3速 0.908/4速 0.755/5速 0.675

動力伝達方式

シャフト

シャフト

シャフト

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

32°00

33°00

33°00

トレール量 (mm)

92

118

115

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

1

タイヤ(前)

90/90-21

140/80-17

90/90-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

69

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

200/50R18

170/80-15

170/80-15

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

76

77

77

タイヤ(後)速度記号

H

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

3

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6.25

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

60W/55W

テールライトタイプ

LED

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

アナログ

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

盗難防止装置 有

-

-

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,354,500円(消費税抜き本体価格 1,290,000円)
マットアクシスオレンジメタリック、
パールフェイドレスホワイト

1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)
ムーンストーンシルバーメタリック、
キャンディーグローリーレッド

1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)
グリントウェーブブルーメタリック、
グラファイトブラック

 

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの比較

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの外観の違いを比較
VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの外観のサイドの違いを比較

 

VT1300CRとVT1300CSの比較

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

 

VT1300CXとVT1300CRの比較

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

 

VT1300CXととVT1300CSの比較

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

 

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの違いを比較

 

 

最初に2009年11月9日に「VT1300CX」が発売され、
それに続いて2010年4月28日に「VT1300CR」が発売。
2010年5月18日に「VT1300CS」が発売された。
どれも1,300ccVツインエンジンのクルーザーとして登場。
エンジンは、バンク角52度の水冷Vツイン3バルブ・ツインプラグで3車種とも共通。

 

 

「VT1300CX」と「VT1300CSおよびVT1300CR」の大きな違いは、
「VT1300CX」は、フレームとエンジンの間に大きな空間のある特徴的なデザインでフレームのハンドル支持部分を通常よりも高く設定した「ハイネックスタイル」だったのに対し、「VT1300CSおよびVT1300CR」は、「VT1300CX」のようなハイネックスタイルではなく、フレームの前端は、軽く沈み込むかたちでステアリングヘッドにつながっていた。

 

 

「VT1300CX」は、VT1300シリーズの中で人の目を引くショーモデル的な存在で、本物のチョッパー好きな人向け。実際に多くの人が乗りこなすであろうモデルは、「VT1300CR」か「VT1300CS」。

 

 

フレーム構造を共にする「VT1300CR」と「VT1300CS」の違いは、
「VT1300CS」は、小さめのフェンダーを備え、フロントに21インチホイールを採用したストリート・クルーザーモデル。
「VT1300CR」は、ディープフェンダーで、フロントに小径15インチホイールを採用したレトロ・クルーザーモデル。

 

 

「VT1300CX」は、2009年11月9日に発売され、ABS有無の2タイプ設定されていたが、発売後は、3度のカラーチェンジがあり、最終仕様の2015年モデルだけは、ABS搭載モデルだけのラインナップとなった。

 

「VT1300CS」は、ABS有無の2タイプ設定された。発売後は、2度のカラーチェンジがあり、2012年モデルが最終仕様となった。

 

「VT1300CR」は、2010年4月28日に発売され、ABS有無の2タイプ設定されていた。発売後は、2度のカラーチェンジがあり、2012年モデルが最終仕様となった。

 

 

 

2011年1月20日発売の
VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの
メーカー希望小売価格

 

●VT1300CX
1,354,500円(消費税抜き本体価格 1,290,000円)

 

●VT1300CX<ABS>
1,428,000円(消費税抜き本体価格 1,360,000円)

 

●VT1300CR
1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)

 

●VT1300CR<ABS>
1,323,000円(消費税抜き本体価格 1,260,000円)

 

●VT1300CS
1,249,500円(消費税抜き本体価格 1,190,000円)

 

●VT1300CS<ABS>
1,323,000円(消費税抜き本体価格 1,260,000円)

 

VT1300CXとVT1300CRとVT1300CSの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら