スカイウェイブ400タイプS ABSとグランドマジェスティ400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ400タイプS ABSとグランドマジェスティ400の違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ400タイプSの歴史

2003年8月8日に新登場。型式は、BC-CK43A
車体色は、パールネブラーブラック、パールグラスホワイトの2色。
2004年7月にマイナーチェンジ。
車体色は、新色のパールスズキディープブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2005年6月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のキャンディグランブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2006年5月にフルモデルチェンジ。型式は、BC-CK44A
新エンジンの水冷4スト単気筒DOHC4バルブ・399ccを搭載。フレームも新型、リアサスにリンク式を採用し、フロントブレーキはダブルディスク式となる。キーレススタートシステムも搭載。車体色は、新色のパールビガーブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2007年7月にカラーチェンジ。
車体色は、ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2009年4月20日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-CK45A
アンチロックブレーキシステム(ABS)を標準装備して「スカイウェイブ400タイプS ABS」となる。平成19年排出ガス規制に適合。車体色は、アクアブルーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2011年1月18日にマイナーチェンジ。
最高出力、最大トルク等諸元の変更。エンジン回転計(レッドゾーン位置)の変更。エアクリーナー構造の変更。車体色は、新色サンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2012年3月30日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。トランスポンダイモビライザーを変更。車載工具の内容を変更。

車体色は、従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトの2色。
2014年10月29日にマイナーチェンジ。
ヘッドライト左上部の「ABS」デカールを廃止。フロントマスクのSエンブレムを変更。灰色のシートステッチを採用。ホイールピンストライプ色をレッドに変更。テールレンズ色をスモークからクリアに変更。ヘッドライトエクステンション色をスモークからブルーに変更。車体色は、のマットフィブロイングレーメタリックとパールブレーシングホワイトの2色。

 

 

グランドマジェスティ400の歴史

2005年3月1日より新発売。
2005年9月30日よりカラーを追加して発売。
2006年3月3日よりカラーリング設定を変更し発売。
2007年3月20日よりマイナーチェンジして発売。
2008年3月30日よりマイナーチェンジして発売。
2009年6月10日よりマイナーチェンジして発売。
2011年5月20日よりカラーリングを変更して発売。

 

 

ここでは、
2014年10月発売のスカイウェイブ400タイプS ABSと
2011年5月発売のグランドマジェスティ400
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ スカイウェイブ400タイプS ABS

ヤマハ グランドマジェスティ400

発売

2014年10月

2011年5月

型式

EBL-CK45A

EBL-SH06J

全長

2270mm

2230mm

全幅

760mm

780mm

全高

1225mm

1380mm

ホイールベース

1585mm

1565mm

シート高

710mm

760mm

最低地上高

125mm

120mm

総重量

223kg

221kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°20′

27°

トレール(mm)

102

100

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/80-14 M/C 58S

120/80-14 M/C 58S

タイヤサイズ(後)

150/70-13 M/C 64S

150/70-13 M/C 64S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒

総排気量

399cc

394cc

圧縮比

10.5

10.6

ボア

81mm

83mm

最高出力(kW/rpm)

23(31PS)/7000

23(31PS)/7250

最大トルク(N・m/rpm)

33(3.4kgf・m)/5000

33(3.4kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

乾式自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

13.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

32(60km/h)

32(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥799,200 パールブレーシングホワイト ¥799,200 マットフィブロイングレーメタリック

¥735,000 ブルーイッシュホワイトカクテル1 ¥735,000 ダークグレーメタリックB

 

 




 

 

スカイウェイブ400タイプSとグランドマジェスティ400の比較の口コミ

 

某雑誌には、シンプルな加速競争では、グランドマジェスティが一番速かったと書いてありました。スカイウェイブはスタートがイマイチでそのあとの伸びが良いらしい。シルバーウィングは、重量が重いため出足は、遅いが高回転域で高速を流すのは、一番ですね。

 

グランドマジェスティもスカイウェイブも車体サイズは、250と同じくらいですし、車重もダブルディスクになるフロントブレーキの重さぐらいの差しかないので6kg程度しか違わない。だからシルバーウィングみたいに400超のスクーターのような重さはない。

 

両方乗ってた俺としては、足つきは全然スカイウェイブの方が良い。シート高がスカイウェイブは、710mmでグランドマジェスティは、760mm。メットインもスカイウェイブの方が入る。グランドマジェスティは、低中回転域では、エンジンの振動が少なく高回転域での伸びはいい。ただし走行性能は、スカイウェイブとあまり変わらない感じ。でもスカイウェイブの方が故障は多かったです。

 

グランドマジェ400、スカイウェイブ400、シルバーウイング400と乗り換えてきました。速さは、断然シルバーウィング400でした。シルバーウイング400と比べるとグランドマジェ400とスカイウェイブ400は、あまり速くは感じなかったです。やはり単気筒だと高回転域は、苦手ですね。

 

グランドマジェスティ400には、パーキングブレーキがあるから坂道の停止の時に便利。あと高剛性アルミフレームだから軽快で安定感のあるハンドリングになる。

 

スカイウェイブ400とグランドマジェスティ400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら