CB223SとFTR223の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB223SとFTR223の違いを比較

 

ホンダ CB223Sの歴史

2008年04月11日に新登場。型式は、JBK-MC40
車体色は、ストライプタイプが3色(クラシカルホワイト、グラファイトブラック、キャンディータヒチアンブルー)とツートーンタイプが2色(キャンディールビジウムレッド、デジタルシルバーメタリック)を合わせた全5色。
2010年02月18日にカラーチェンジ。
シンプルなスタイルをより強調するソリッドタイプ2色と存在感を際立たせるストライプタイプ1色。ソリッドタイプは、新色のコルチナホワイトと、グラファイトブラックを採用。シートには燃料タンクにマッチしたカラーのパイピングを施した。グラファイトブラックは、前後ホイールとフロントサスペンションのボトムケースにブラック塗装を施した。ストライプタイプには、新色のキャンディーグレイスフルレッドを採用。燃料タンクにはシルバーのストライプが入り、シート表皮はグレーとブラックのツートーンに。
2016年に生産終了を公表。

 

 

ホンダ FTR223の歴史

2000年9月8日に新登場。
型式は、BA-MC34
2001年6月29日にカラーチェンジ。
燃料タンク、フレーム、フロントフェンダーの3ヶ所に設定した色を組み合わせた70タイプの中から、自分に合った色の組み合わせを選択し注文できるカラーオーダープランを採用。
2002年2月15日にマイナーチェンジとスペシャルモデルの「FTR223D」を限定発売。
スペシャルモデルFTR223Dは、1986年に発売したFTR250を彷彿させる赤白ツートンシートとマグネシウムカラーのクランクケースを採用。マイナーチェンジでは、新たに採用した前後アルミリムにクリアアルマイトを施し、ダートでの走行性能を一段と高めてた。また、盗難抑止システムとして別売の「アラームキット」(ホンダアクセス製)が装備できるプレワイヤリングを装備。
2003年3月24日にマイナーチェンジ。
フラットトラッカーイメージの強いトリコロールカラータイプのスタイリングは継続し、モノトーンタイプのスタイリングをストリートイメージに変更。モノトーンタイプは、これまでのゼッケンプレート型サイドカバーを小型のものに変更。ハンドル幅の短縮とハンドルの形状を見直し、街中での扱いやすさを向上。また全タイプでメーターカバー、ヘッドライトカバー、バックミラー、タンクキャップにシルバークロームメッキを施し、高級感を高めた。標準色には、モノトーンカラータイプ3色にトリコロールカラータイプを併せた4色を設定。さらに、カラーオーダープランも。
2004年1月30日にカラーを追加。
スタンダードプランのカラーリングに、現行色のキャンディタヒチアンブルー、ブーンシルバーメタリック、トリコロールに加え、新たにキャンディブレイズオレンジを採用し、合計4色を設定。さらに、カラーオーダープランで11タイプを設定。
2005年1月28日にカラーリングを変更。
前後ホイールとフロントフォークケースにブラックを採用。トリコロールカラータイプでは、1984年にアメリカのフラットトラックレースに参戦し、シリーズチォンピオンを獲得したHonda「RS750D」イメージのパールヘロンブルーとキャンディルシッドレッド、シャスタホワイトの3色をタンクに配したカラーリングに変更。また、ホワイトのリアフェンダーとブラックのハンドルバーを採用し、スポーティーなイメージを強調。ソリッドカラータイプでは、タンクストライプを廃して、鮮やかなキャンディタヒチアンブルーと精悍なブラック、落ち着きのあるバージンベージュを採用。トリコロールタイプと合わせスタンダードプランとして合計4色を設定。さらに、ソリッドカラータイプには、タンクとサイドカバーの組み合わせとフレームで、カラーリングを9タイプから選択できるカラーオーダープランを採用。合計で13通り(内4タイプはスタンダードプランで設定)のカラーリングから選べる。
2006年11月17日にカラーリングを変更。
ヘッドライトケースとメーターケースをブラックとし、精悍さを強調。さらにトリコロールカラーは、ツートーンカラーのシートを採用し、タンクマークの色をイエローに変更、モノトーンカラーは、フロントフェンダーとバックミラーをブラック、リアサスペンションとプラグキャップをイエローとしてスポーティーなイメージを演出。車体色は、新色のグラファイトブラックとキャンディーブレイズオレンジに加え、現行色のキャンディータヒチアンブルーの3色を設定し、トリコロールカラーと合わせて合計4色を設定。
2007年11月20日にマイナーチェンジ。
型式は、JBK-MC34

キャブレターのセッティング変更により、より適正な混合気の供給を可能とし、排気ガスを浄化する触媒装置をエキゾーストパイプ内とマフラー内にそれぞれ採用し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。排出ガスのクリーン化とより低・中速域を重視した出力特性とし、市街地において力強い走りを実現。タイプ設定は、ソリッドカラーのスタンダードタイプ、燃料タンクにストライプを配しメッキヘッドライトケースなどを採用したデラックスタイプ、大型のサイドカバーや幅広のハンドルなどで、フラットトラッカースタイルを強調したトリコロールカラータイプの3つのバリエーション。スタンダードとデラックスタイプには、車体色とコーディネートさせたツートーンカラーのシートを新たに採用し、よりスポーティーなスタイリングとした。
2016年に生産終了を公表。

 

 

ここでは、
2010年02月18日発売のホンダ CB223S(JBK-MC40)と
2007年11月20日発売のホンダ FTR223(JBK-MC34)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

通称名

CB223S

FTR トリコロールカラー

FTR スタンダード、デラックス

発売日

2010年2月18日

2007年11月20日

車名・型式

ホンダ・JBK-MC40

ホンダ JBK-MC34

全長(m)

2.1

2.08

全幅(m)

0.78

0.91

0.83

全高(m)

1.11

1.115

1.09

軸距(m)

1.395

1.395

最低地上高(m)

0.175

0.175

シート高(m)

0.78

0.78

車両重量(kg)

135

128

乗車定員(人)

2

2

燃料消費率(km/L)

41.0(60km/h定地走行テスト値)

43.0(60km/h定地走行テスト値)

最小回転半径(m)

2

2

エンジン型式・種類

MD33E・空冷4ストロークOHC単気筒

MD33E・空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量(cm3)

223

223

内径×行程(mm)

65.5×66.2

65.5×66.2

圧縮比

9

9

最高出力(kW[PS]/rpm)

12[16]/7,000

12[16]/7,000

最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)

18[1.8]/5,500

18[1.8]/5,500

キャブレター型式

VE3DC

VE3DC

始動方式

セルフ式

セルフ式

点火装置形式

CDI式バッテリー点火

CDI式 バッテリー点火

潤滑方式

圧送飛沫併用式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

11

7.2

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング

湿式多板コイル・スプリング

変速機形式

常時噛合式5段リターン

常時噛合式5段リターン

変速比 1速

2.769

2.769

変速比 2速

1.722

1.722

変速比 3速

1.263

1.263

変速比 4速

0.96

0.96

変速比 5速

0.814

0.814

減速比(1次/2次)

3.090/3.230

3.090/3.230

キャスター角(度)

25°45´

25°45´

トレール量(mm)

84

84

タイヤサイズ 前

110/90-18M/C 61H

120/90-18M/C 65P

タイヤサイズ 後

130/80-18M/C 66H

120/90-18M/C 65P

ブレーキ形式 前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式 後

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式前

テレスコピック式

テレスコピック式

懸架方式後

スイングアーム式

スイングアーム式

フレーム形式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

メーカー希望小売価格

ソリッドタイプ

418,950円(消費税抜き本体価格 399,000円)

ストライプタイプ

429,450円(消費税抜き本体価格 409,000円)

スタンダードタイプ

409,500円(消費税抜き本体価格 390,000円)

デラックスタイプ

430,500円(消費税抜き本体価格 410,000円)

トリコロールカラータイプ

430,500円(消費税抜き本体価格 410,000円)

販売計画台数(国内・年間)

1,000台

3,000台

 

CB223SとFTR223の違いを比較
CB223SとFTR223の装備の違いを比較

 

CB223SとFTR223の比較の口コミ

 

 

 

CB223Sってなんで発売したんだろう?FTR223のタンクと外装を変えただけじゃん。

 

 

CB223Sは、オンロードバイクの皮をかぶったFTRだからね。

 

 

CB223Sは、片手間のバイクだね。FTRの外装を変えただけでこの値段。

 

 

CB223Sは、FTRをツーリング寄りに振ったバイクなのに、FTRと同じで燃料計が標準装備じゃないのが気になる。

 

 

CB223Sを見てきた。予想通りでフレームからほとんどFTR223そのままだった。タンク等の外装と補器類とタイヤが変更されてるだけみたい。

 

 

FTRのフレームを強化したがCB223S。乗り味だとFTRの方がマシンを操ってる感じが強いと思った。CB223Sは、オンロードをマッタリ走るバイク。

 

 

舗装された道路ならFTRよりもCB223sの方が優れてると思う。

 

 

ロード用に作られてるCB223Sの方がフレーム補強が入っていてしっかりしてる。FTRは、フレームのしなりを生かしたような方向性。

 

 

FTR223がロードタイヤ履いたら、CB223Sの外装取り替えバージョンだね。

 

 

CB223Sのタンクは、羨ましいけど、スリムでカッコイイFTR223のシートの方がいいな。

 

 

CB223SとFTR223の画像を重ねてみたらほとんど同じだね。CB223Sは、タンクが長い分、着座位置が後ろになってるけどステップ位置は、変わってないね。

 

 

FTR223は、タンク容量が7.2Lで250Kmくらい走る。CB223Sは、11Lだから380kmくらい走るね。

 

新発売した時のプレスリリースには、こう書いてる。

 

FTRは、「フラットトラッカーが持つスタイルと走破性を現代のストリート(街中)に合わせ蘇らせること」をコンセプトとして開発。スリムなタンクやゼッケンプレートタイプのサイドカバーなど本格的フラットトラッカーのデザイン要素を取入れることで街中で人気の現代的なスタイリングを実現。

 

CB223Sは、「ベストマッチアイテム」を開発のキーワードとし、二輪車のある生活をもっと身近に楽しんでいただくことを目的に開発したロードスポーツモデルである。若者層に人気のある軽二輪スポーツモデルのFTRをベース車両にロードスポーツモデルに求められる軽快な走りを実現するフレーム剛性の変更に加え、専用のロードスポーツタイプのタイヤを採用。

 

 

タンク容量が気になるならCB223Sだね。CB223Sは、FTR223の使い回しで誕生したし、値下げされて買いやすくなってる。

 

 

FTR223のタンク容量は、少ないがFTR223のタンクの形は、気に入ってる。

 

 

自分もFTR223のタンクの形が好きだわ。

 

 

タンクでかいし、装備的にはCB223Sの方が良いと思う。でもどっちを買うと聞かれたら自分は、FTR223を買うな。

 

 

FTR223に乗ってるけどCB223Sも普通のバイクって感じの良いデザインと思う。リアがツインショックだとさらに良かったけど。

 

 

初めてバイク乗る人には、ロードタイヤを履いているCB223Sの方が扱い易いかもしれない。遅い・軽い・維持費が安く燃費が良いといった理由で初心者に向いてると思うけどその分、慣れると飽きて乗り換えたくなるかもしれない。FTR223に長く乗るつもりが無いのならCB223SやVTRなんかにして、安全運転を心がけて慣れた方が出費が少なくて済むと思う。

 

 

CB223Sの方がタンク容量が4L大きいから、ツーリング向けだね。

 

 

FTR223とCB223Sは、中身は、ほぼ同じだけど、タンクが違うし、タイヤのサイズも違うし、マフラーも少し違ってるみたいだね。だからCB223S買ってもFTRの社外パーツが何でもつくわけじゃない。

 

 

背の高い人は、FTR223の方が違和感は無いかも。

 

林道を走るならFTR223がいい。街乗りだとどっちでもいいけど通勤とかで雨の日も走らなければいけない人は、CB223Sの方がいいかもしれない。操作性は、走る場所や乗り方次第だけどCB223Sは、TT100GPを履いてるからグリップはこっちの方がいい。メンテナンス性は、基本フレームが同じだからどっちも変わらない。まあ、違いは、ガソリンタンクの容量とデザインとタイヤだけで俺は、FTR223の方が見た目が好きだったからタンク容量は目をつぶって、タイヤだけ交換時にオンロードタイヤにした。

 

 

FTR223の方が乗ってる人が多いから楽しいよ。
ネットとかで情報が多い。

 

 

タンクの大きさと積載性でCB223Sにした。

 

 

CB223Sを発売した理由は、おそらく販売店側の要望で、規制直後のラインナップが大きく減るのを防ぐ対策だと思う。FTRベースのキャブ車にしたのは、低コストで短期間に開発したかったから。

 

 

CB223SとFTR223の違いは、タンク容量とタイヤとハンドルとシートの形か。

 

 

FTR223乗ってるけど幅つめたいからハンドルだけCB223Sにしようかな。

 

 

FTR223にサイドバッグは付く。FTR223のトリコロールカラーだけについてくるゼッケンプレートが支えになってくれて、サイドバッグを後輪に絡ませないためのサイドバッグサポートとして使える。大阪から長野までのツーリングした時、サイドバック付けていったけど問題なかった。トリコロールカラー以外の場合は、ヤフオクとかでゼッケンプレートだけ買って取り付けたらいいかも。CB223Sは、専用サイドバッグサポートが販売されてる。このサイドバッグサポートは、FTR223とCB223Sでリアのフレームの作りが少し違うからFTR223にはつかないと思う。

 

 

●車両重量と馬力とトルク
FTR223 128kg 16ps
CB223S 135kg 16ps

 

 

試乗会でCB223S、FTR223、XR230モタードに乗った。林道をトコトコ走るならXR230が良いと思った。

 

 

同じエンジンのFTR223、CB223S、XR230モータードに乗ったけどポジショニングは、FTR223が一番違和感無かった。

 

 

FTR223乗りだけどCB223Sのタンクやシートが羨ましい。

 

 

FTR223とCB223Sで迷ってたらバイク屋のおやじが「FTR223の方がカッコイイけどCB223Sの方がタイヤ太い。それでいて空気圧が低いから定期的に空気を入れないと重くて操作がしにくくなる」って言ってた。

 

 

未舗装のグラウンドを周るならFTR223。舗装されたグラウンドを周るならXR230モタード。それ以外ならCB223S。

 

 

タンデムするならCB223Sの方が良さそう。長距離は無理そうだけど。。。

 

 

FTR223とCB223Sは、外側が違うだけだけど長距離走るならタンク容量が3.8リットルでかいCB223の方が給油回数が減らせて速くつく。

 

 

●タンク容量
CB223S 11L
FTR223 7.2L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
CB223S 41km/L
FTR223 43km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
CB223S 11L × 41km/L =451km
FTR223 7.2L × 43km/L =309.6km

 

 

HONDAの試乗会でCB223SとFTRの両方に試乗したけど、明らかにCB223Sの方が振動が少なかった。本当に同じエンジン?って思った。まあ、タイヤやハンドルとやステップなど細かい部分も違うからその辺の影響もあるかも。あとCB223Sは、ガソリン満タンだったかも。11リットルのタンクがいい感じのバランサーになってたかも。

 

 

FTRとCB223Sのエンジンマウントは、全く同じ。主な違いは、タンクマウントとリヤフェンダーマウントステーぐらい。足回りは、リヤサスのストロークが若干ショートでフロントは、セッティング変更。

 

 

バイク屋でCB223SとFTRを見比べたら、エンジンマウントの違いは分からなかった。ただCB223Sのステップは、FTRよりも前に取り付けられてた。

 

 

CB223S←→FTR
エストレヤ←→250TR
ST250←→グラトラ
と各社共にエンジンを共有して開発してるね。
でもCB223Sは、FTRと並べたらタンク形状が違うだけでほぼ同じで取ってつけた感が強いのが残念。

 

 

CB223Sは、マフラーの色が好みじゃない。まあ、銀色に塗ればいいだけなんだけど。

 

 

FTR223は、タンクの容量が少ないからCB223Sのタンクをつけようと思ってたけど、CB223SのタンクをFTR223に取り付けるには、加工が必要らしい。マウント位置の関係でポン付けは無理なんだって。

 

 

CB223Sは、ガソリン満タンで約300km走る。FTR223乗りからすればそこは、羨ましいけど、ツーリング行く時だけ、携行タンク持っていけばいいからな。

 

 

FTR223は、燃費が良い。維持費が安い。カスタムパーツも多いから整備もカスタムもやりやすい。オンロードもダートも安心だし、まだやりたいことが決まってない人には、CB223Sよりおすすめできる。

 

CB223SとFTR223の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら