バーグマン200とフォルツァsiの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バーグマン200とフォルツァsiの違いを比較

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日より新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ホワイト、シルバー、マットグレー、マットブラック)の設定。
2015年7月31日よりカラー追加。
新色の「マットムーンシルバーメタリック」を追加。フロントカバーを車体色と同色にし、シート表皮を全面革シボにした。
2016年4月27日よりカラーチェンジ。
フロントカバーが車体色と同色に。ホイール色とインナーカバー色を黒に変更。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットブラック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットシルバー)の設定。
2018年4月26日よりカラーチェンジ。
新色の「マットプラチナムシルバーメタリック」(銀)、「マットブラックメタリックNo.2」(黒)と継続色のホワイトの3色の設定。
2019年4月11日よりカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットフィブロイングレーメタリック」と継続色の「マットブラックメタリックNo.2」と「ブリリアントホワイト」の3色の設定。

 

 

ホンダ フォルツァSiの歴史

2013年7月19日に新登場で発売。型式は、JBK-MF12
ABS仕様も同時に発売。車体色は、どちらも3色(パールヒマラヤズホワイト、グローイングレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2014年2月28日発売のバーグマン200(JBK-CH41A)と
2013年7月19日発売のフォルツァsi(JBK-MF12)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ バーグマン200

ホンダ フォルツァSi

発売

2014年2月

2013年7月

型式

JBK-CH41A

JBK-MF12

全長

2055mm

2165mm

全幅

740mm

755mm

全高

1355mm

1185mm

ホイールベース

1465mm

1545mm

シート高

735mm

715mm

最低地上高

130mm

135mm

総重量

161kg

192kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

27°

トレール(mm)

93

89

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

120/70-14 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

130/70-12 56L

140/70-13 M/C 61P

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量

199cc

248cc

圧縮比

11.0

10.2

ボア

69mm

68mm

最高出力(kW/rpm)

14(19PS)/8000

17(23PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

17(1.7kgf・m)/6000

23(2.3kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

10.0L

11.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)・30.1(WMTCモード)

41(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥509,250 ブリリアントホワイト ¥509,250 クールシルバー ¥509,250 マットフィブロイングレーメタリック ¥509,250 マットブラックメタリックNo.2

¥539,700 パールヒマラヤズホワイト ¥539,700 グローイングレッド ¥539,700 アステロイドブラックメタリック

 

 

 

バーグマン200(JBK-CH41A)とフォルツァsi(JBK-MF12)の比較の口コミ

 

 

バーグマン200は、スクリーンが最初から長いのは、フォルツァsiより良いね。

 

 

フォルツァsiは、顔がでかすぎていかにもビクスクって感じで嫌だ。やっぱりデザイン、サイズも含めてバーグマンが良いわ。

 

 

バーグマンは、フォルツァsiより軽くてコンパクト+ロングスクリーンな所が良いね。

 

 

街乗り重視だったら軽量で安いバーグマン200で良いと思う。サイズが小さい方が駐車する時、楽でいい。

 

 

俺は、フォルツァSiとバーグマン200で迷ったけど軽くて小さいので取り回し良い。ロングスクリーンが標準装備という理由でバーグマン200にした。海外でもバーグマン200の評価は、かなり高いからね。

 

 

メットインは、フォルツァsiが容量53Lでバーグマンが容量41Lなのでフォルツァsiの方が大きいけど形状が違うからバーグマンに入ったかばんがフォルツァsiには、入らなかった。通勤で使う人は、買う前にいつも使ってるかばんを入れてみたほうがいい。シートの開き方も、バーグマンの方が直角近くまで開くので入れやすかった。

 

 

自分は、長距離のツーリングによく行くので安定性があって疲労感が少ない方を選びたかったのでフォルツァsiを買いました。バーグマンと比べると車格が大きく、ホイールベースが長く、タイヤも大きいし馬力もある。唯一、バーグマンのロングスクリーンには、惹かれましたがフォルツァsiも後からつければいいので。

 

 

フォルツァsiの方が万人受けするからバイク売る時、フォルツァSiの方が高く売れる。

 

 

バーグマンだとABSモデルが選択できないから、フォルツァSiにする。

 

 

ノーマルでローポジションのある程度コンパクトなスクーターは、今のところバーグマンだけなんだから人気が出てもおかしくないと思うんだけどな。

 

 

高速の安定性は、250ccの方が安定しているし、最高速も上。フォルツァsiは、バーグマン200より排気量も重量もホイールスペースもあるから違いが出る。収容スペースもフォルツァSiの方がデカイし、たいして値段が変わらないから俺ならフォルツァSi買うわ。

 

 

フォルツァSiは、専用サイズのタイヤだからタイヤは、割高。ハンドルはバーだから交換しやすいし、PCX用のセパハンも対応してる。そして燃費がいい。バーグマンのハンドル交換は高価なキットがいる。フォルツァSiにバーグマン並のスクリーンをつけようと思ったら更に3万円程必要。

 

 

レビューを見てるとバーグマン200は、250cc並のパワーとか250ccと大差ないゆとりがあるとか150cc並の取り回しって書かれてたけど実際バーグマン200に試乗してみると弟の乗ってるフォルツァZの方が明らかにパワーがあったし、取り回しもそこまで良く無かった。フォルツァZとSiは、モード使わなければパワーは、似たようなもんだし。

 

 

バーグマン200は、250でさえパワー不足なのに200でフォルツァsiより約3万円やすいだけじゃフォルツァsi買うよ。 更にフォルツァより最小回転半径が大きいし。

 

 

走りは、フォルツァSiが大人の落ち着きがある感じでバーグマンがキビキビした感じ。

 

 

バーグマンを見てきてあの大きさには、惹かれたけどパーツが安っぽかった。

 

 

車体のサイズが気になる時点でフォルツァsiは、消えるよ。それならバーグマン200の方がいい。 馬力が劣っても軽いから250より速いよ。

 

 

跨がる前までは、バーグマン がいいと思ってたけどバーグマンのシートは、デカくて幅が広過ぎる。フォルツァsiのメットインスペースは、前側が使いづらいけどまあ許容範囲だ。

 

 

腰痛持ってて前フォルツア乗ってた時は腰が痛かったけど、バーグマン200は、腰痛くならなかったから悪くないと思う。

 

 

従来の250ccスクーターよりちょっと小さいのがほしくてフォルツァsiを見てきたけど「まだデカイな」って印象だった。その後、バーグマンを見に行ったら、「このサイズだ!」って思った。デカイのは、駐車場で困るから車体サイズは、すごく重要。

 

 

フォルツァsiとバーグマンは、重量が31kgも違う。フォルツァsiは、重たすぎるわ。

 

 

サイズを気にしないならフォルツァsiがいいよ。やっぱり250の方が余裕がある。

 

 

バーグマンは渋滞する度にブルブルし始めるからイラッとする。これがフォルツァsiならばモーターみたいにスッーと滑らか。バーグマンはアクセルを捻ってスピードが出ると振動が消える。

 

 

俺は、取り回しの軽さ小ささでバーグマン200だな。悩むことなく気軽に車庫から出せるのが一番良い。

 

 

エンジンで言えば、俺はバーグマン200よりフォルツァSiの方が乗りやすくて好みだった。

 

 

バーグマン200からフォルツSiに乗り換えた。排気量50ccの差は、高速ではっきり出る。

 

 

駐輪場でフォルツァSiとバーグマン200を並べたら見た感じでは、大差なかった。どっちもリアボックス付きだったから、目の錯覚が起きてるかもしれないけど。バーグマン200にコンパクトさをあまり期待すぎるとがっかりするかも。

 

 

フォルツァSiとバーグマン200は、幅はあまり変わらない。でもバーグマン200はの方が全長が短いので駐輪場で奥行きが心配な場合は、バーグマン200の方がいい。

 

 

高速に乗る時間が短いならどっちも変わらない。例えば50kmぐらい高速乗るだけならそれぞれの違いが気になることもない。でも強風の中500km高速を走るなら大きくて重い方がいいに決まってる。

 

 

バーグマン200は、風が強い時高速乗ると怖いよ。

 

 

フォルツァSiからバーグマン200に乗り換えた。バーグマン200の方が良い点は、デザインと車体サイズと軽さと値引き率。フォルツァSiの方が良い点は、低振動、低騒音、安定感。燃費は、街中メインならフォルツァSi。高速でマッタリ走るならバーグマン200。

 

 

バーグマン200は、サイズ感がいいね。都内でこのサイズは、かなりのメリットがある。ただし、全体的に作りが安っぽいし、長く乗るには、若干不安。あとメットインの耐荷重が3kgだしフレームが弱いという口コミもよく見る。フォルツァSiは、高速で凄く楽だし、バイク屋の話しでは、バーグマン200より作りがしっかりしてるから長く乗れそう。でもあのサイズと重さが気に入らない。フォルツァSiがバーグマンの車体サイズだったら一番いいのに。

 

 

バーグマン200は、車体サイズと重さがちょうど良い。標準装備のロンスクも良い。ただ作りが安っぽい。フォルツァSiと比較すると振動が残念だけど回すと逆転する。渋滞での低速はフォルツァSiが楽。燃費は同じくらい。

 

 

俺としては、見た目は、フォルツァSi。利便性と使いやすさはバーグマン200。

 

 

ツーリングでも使う予定ならフォルツァSiがおすすめ。街乗りなら31kg軽くて、ひとまわり小さいバーグマン200の方が扱いやすい。

 

 

性能差は、たいしてないから見た目で決めた方が後悔しないよ。俺は、ホンダ好きだったけどバーグマン見た時、一目惚れして買った。

 

 

静かさなら断然フォルツァSiになるけど、ある程度回したらバーグマン200も快適だよ。

 

 

フォルツァSiと悩んで取り回しの良さが決めてになってバーグマン200にしたけどそれでもデカく感じて、乗り出すのが面倒になってる。それならいっそフォルツァsi買っとけば良かった。

 

 

完成度は、間違いなくフォルツァsiの方が上。でもコスパも考慮したら逆転する可能性がある。

 

 

俺は、駐輪場所の長さがギリギリだったから、バーグマン200にしたけど、そういう事情がなくて、フォルツァsiの新車か新古車が買える人ならフォルツァsiにした方が満足できるよ。友達のフォルツァsiに乗らせてもらったけど、低速と高速の楽さが違って羨ましかった。

 

 

バーグマン200も悪くない。でも金とサイズが問題じゃないならフォルツァsiになる。

 

 

フォルツァsiからバーグマン200に乗り換えたけど、エンジンのガサツ感のせいか、フォルツァsiの時より走行距離が伸びない。

 

 

バーグマン200とフォルツァSiに試乗してバーグマン200を買ったけど3ヶ月後には、フォルツァSiに乗り換えた。理由は、バーグマン200の振動に耐えられなかったから。

 

 

両方試乗したけど
バーグマン200の方が良い所は、
・値引き率
・フロントスクリーン
・リア周りのデカさ
・フォルツァSiより少し軽い
それ以外は、フォルツァSiの方がいいと思った。

 

 

バーグマン200は、後ろから見た時、ケツがデカ過ぎで俺の好みじゃなかった。

 

 

バーグマン200は、高速が微妙。フォルツァSiは、頑張ったら追い越し車線の流れにも乗れる。

 

 

フォルツァSiの方が静かで低振動。30kg重い分安定感がある。下道中心ならフォルツァSiの方が燃費が少し良い。メーター周りはフォルツァSiの方が好き。でもバーグマン200も動き出しの回転数が高いのが気にならなければいいと思う。6500rpm位は静かだし。

 

 

大きさ重さが気にならない人は、フォルツァSiの方が満足できるはず。バーグマン200は、あのサイズが欲しいって人が買うバイク。

 

 

バーグマン200から乗り換えでフォルツァsiにした。やっぱり妥協せずに最初からフォルツァsi買っとけば良かった。

 

 

フォルツァsiとバーグマン200で迷ってる。メーカー希望小売価格だとフォルツァsiの方が3万円ぐらい高いのに値引きが大きいから乗り出し価格では、バーグマン200の方が安いね。ロングスクリーンも付けたいから標準装備のバーグマン200の方がさらに安く済む。

 

 

バーグマン200とフォルツァsiの新車を見積ってもらったら乗り出し価格は、ほとんど同じだったけど、フォルツァsiのメットインが気に入らなかったからバーグマン200にした。

 

 

フォルツァsiは、バーグマン200とケツの出っ張り具合が違うだけで大きさ的には、そこまで違わないな。

 

 

フォルツァSiとバーグマンとマジェSが候補だったけど、試乗したらフォルツァSiが走る曲がる止まるが一番良かったからフォルツァSi買った。

 

 

バーグマン200よりフォルツァSiの方がスムーズでパワフルだよ。

 

 

バーグマン200は、ロングスクリーン付いてるし、値引きが大きいのがいいね。

 

 

長距離メイン→フォルツァsi
街中メイン →バーグマン200
自分は、通勤メインだからフットワークの軽いバーグマン200にした。

 

バーグマン200とフォルツァsiの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら