VFR800XとNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

VFR800XとNC750Xの違いを比較

 

VFR800Xの歴史

2014年12月に新登場。型式は、EBL-RC80

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルーの3種類の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジして発売。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。
2017年2月17日に「NC750X」に新色を追加して発売。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加設定した。
2018年4月20日に「NC750X」をマイナーチェンジして発売。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定した。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、新たにキャンディークロモスフィアレッドとマットガンパウダーブラックメタリックの2色を追加

 

 

ここでは、
2014年12月発売のホンダ VFR800X(EBL-RC80)と
2016年1月発売のホンダ NC750X(EBL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ VFR800X

ホンダ NC750X

発売

2014年12月

2016年1月

型式

EBL-RC80

EBL-RC90

全長

2190mm

2230mm

全幅

870mm

845mm

全高

1360mm

1350mm

ホイールベース

1475mm

1535mm

シート高

835mm

830mm

最低地上高

165mm

165mm

総重量

244kg

218kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

26°30´

27°

トレール(mm)

103

110

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70R17 M/C 58V

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55R17 M/C 73V

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブV型4気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

781cc

745cc

圧縮比

11.8

10.7

ボア

72mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

78(105PS)/10250

40(54PS)/6250

最大トルク(N・m/rpm)

75(7.6kgf・m)/8500

68(6.9kgf・m)/4750

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

20.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

27.4(60km/h)・18.9(WMTCモード)

42(60km/h)・28.3(WMTCモード値)

カラー/メーカー小売価格

¥1,382,400 パールグレアホワイト ¥1,382,400 キャンディーアルカディアンレッド

¥743,040 キャンディーアルカディアンレッド ¥743,040 グリントウェーブブルーメタリック ¥743,040 パールグレアホワイト ¥743,040 マットバリスティックブラックメタリック

 

 

VFR800XとNC750Xのインプレ動画

 

ホンダ VFR800X

 

ホンダ VFR800X クロスランナー(2015) バイク試乗ショートレビュー

 

Honda VFR800X クロスランナー 試乗インプレ/レビュー

 

 

ホンダ NC750X

 

新型 Honda NC750X 試乗インプレッション/レビュー

 

ホンダ NC750X DCT ABS (2016) バイク試乗レビュー

 

 

VFR800XとNC750Xの比較の口コミ

 

 

NC750Xは、低・中速域での力強いトルク特性を備えた扱いやすいスポーツモデルだから高性能というわけではなく、あくまでも扱いやすいパワー感が売り。VFR800Xは、V型4気筒で105PS/10.250rpmを出力するエンジン。余裕のある走りをする人向きでスポーティーな走りもできる。

 

 

VFR800Xのテールランプは、GROM、CBR650Fと共通だね。新しいNC750も同じみたい。

 

 

ツーリングで使うならVFR800Xだね。4発の方が全然パワーがあるし、カウルも付いて高速走行も快適。NC750Xは、パワー不足。

 

 

VFR800Xの方が26kg重い。

 

 

そもそも値段が全然違う。VFR800Xは、専用パーツが多く高級感がある。NC750Xは、2016年1月にマイナーチェンジされて少しは、マシになったが元々ミドルクラスをお手頃な価格でというバイクだから高級感が全然違う。

 

 

VFR800Xが欲しいけど、燃費が悪いのとメットインが無いから悩む。

 

 

VFR800Xは、ライポジが結構前傾でキツイ。つまり飛ばして活きるバイクだから燃費やメットインとか言ってる人には、VFR800Xは向かないよ。

 

 

NC750Xは、安い分、少しチープで所有感が薄い。でもVFR800Xは、高すぎるし、重い。

 

 

回したいならVFR800X。MTで12000回転まで回せるから楽しいぞ。

 

 

前、VFR800に乗ってたけど、NC750Xとは、ジャンルが全然違う。でも今は、NC750Xの方がいい。VFR800は、速いけど疲れる。

 

VFR800XとNC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら