バーグマン200とバーグマン400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バーグマン200とバーグマン400の違いを比較

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日より新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ホワイト、シルバー、マットグレー、マットブラック)の設定。
2015年7月31日よりカラー追加。
新色の「マットムーンシルバーメタリック」を追加。フロントカバーを車体色と同色にし、シート表皮を全面革シボにした。
2016年4月27日よりカラーチェンジ。
フロントカバーが車体色と同色に。ホイール色とインナーカバー色を黒に変更。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットブラック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットシルバー)の設定。
2018年4月26日よりカラーチェンジ。
新色の「マットプラチナムシルバーメタリック」(銀)、「マットブラックメタリックNo.2」(黒)と継続色のホワイトの3色の設定。
2019年4月11日よりカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットフィブロイングレーメタリック」と継続色の「マットブラックメタリックNo.2」と「ブリリアントホワイト」の3色の設定。

 

 

スズキ バーグマン400の歴史

2017年8月4日より新登場。型式は、2BL-DU11A
スカイウェイブ400がフルモデルチェンジして「バーグマン400 ABS」として新登場。車体色は、2色(マットブラックメタリックNo.2、パールグレッシャーホワイト)の設定。
2018年9月21日よりカラーチェンジ。
車体色に新色のマットブルーメタリックが追加。ホワイトに赤いホイールが採用。従来色の2色とあわせて全3色の設定。

 

 

ここでは、
2018年4月26日発売のバーグマン200(2BK-CH41A)と
2018年9月21日発売のバーグマン400(2BL-DU11A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

バーグマン200

バーグマン400 ABS

発売年

2018年4月

2018年9月

全長 (mm)

2055

2235

全幅 (mm)

740

765

全高 (mm)

1355

1350

軸間距離 (mm)

1465

1580

最低地上高 (mm)

130

125

シート高 (mm)

735

755

車両重量 (kg)

163

215

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

199

399

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

69

81

行程(ピストンストローク)(mm)

53.4

77.6

圧縮比(:1)

11

10.5

最高出力(kW)

13

23

最高出力(PS)

18

31

最高出力回転数(rpm)

8000

6300

最大トルク(N・m)

16

36

最大トルク(kgf・m)

1.6

3.7

最大トルク回転数(rpm)

6000

4800

燃料タンク容量 (L)

10

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CR7EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

FTZ9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

クラッチ形式

自動遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.75

1

2次減速比

2.923

2.214 × 2.928

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°00

25°00

トレール量 (mm)

93

101

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

26.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

30.3

25

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/90-13

120/70-15

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

56

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

150/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

65

タイヤ(後)速度記号

L

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

LED

ヘッドライトタイプ(Lo)

-

LED

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

DCソケット 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格(税込み)

523,800円(消費税抜き 485,000円)

799,200円(消費税抜き 740,000円)

 

バーグマン200とバーグマン400の違いを比較

 

左がバーグマン200 右がバーグマン400
バーグマン200とバーグマン400の装備の違いを比較

 

バーグマン200とバーグマン400の比較の口コミ

 

 

バーグマン200は、見た目が大きいけど軽いのがいい。バーグマン400は、スカイウェイブ400よりは、軽くなったけど、まだ215kgあるから重い。

 

 

バーグマン200とバーグマン400を乗り比べた時は、出足は、バーグマン200のが速く感じた。

 

 

法定速度の範囲だとバーグマン200も400もたいして変わらない。以前、大型乗ってた人が250のヒラリ感に気づいて大型から250に乗り換えるの同じで、俺は、バーグマン400よりバーグマン200の方がいいと思う。

 

 

短中距離だとそんなに差が出ないけど、高速道路だと走ってる時の余裕が全然違うよ。巡航時のエンジン回転数や安定性など。俺は、結構長距離走ることがあるから、その違いがボディーブローのように効いてくる。街乗りがメインでたまに高速使うぐらいならバーグマン200でいいけど、よくロンツー行くならバーグマン400を買ったほうがいいよ。

 

 

バーグマン200は、シート形状のせいで爺臭くみえる。バーグマン400のようなシート形状にすればカッコよく見えるのに。

 

 

バーグマン200の、自由に操れる重量と大きさがいい。バーグマン400になると50kg以上重くなるからバーグマン200のように自在に操れない。

 

 

バーグマン200で側だけバーグマン400なら買ってた。バーグマン200のデザインは、なんか古臭い。それにバーグマン400の215kgは無いわ。バーグマン200より52kgも重い。毎日車庫から出すには、重すぎてめんどくさくなりそう。

 

 

バーグマン400は、後ろがツンと立ってるのが好きじゃない。バーグマン200のケツはかわいくて好き。

 

 

ユーザー車検使えば安く車検を通せるから車検の為に400を諦めないほうがいい。

 

 

 

●車両重量と馬力
バーグマン200 163kg 18ps
バーグマン400 215kg 31ps

 

 

バーグマン400は、パーキングブレーキ、LED、バックレスト、ABSとバーグマン200に付けて欲しいものをあらかた取り入れてくれた感じ。まあ、値段が高くて重いけど。

 

 

バーグマン400は、重いし街乗りだと加速はバーグマン200と変わらなさそうだからバーグマン200にした。

 

 

俺は、バーグマン400にしたけど、街乗りでもトルクがあるから快適だよ。確かに重いけど、200乗ってる人だったら問題ないし、値段高いけどバーグマン400乗ったら満足するよ。

 

 

バーグマン200と400でかなり悩んだ。結局妻とタンデムしてツーリングしたいからバーグマン400にした。

 

 

バーグマン400は、タンデムステップが収納式なのに対して、バーグマン200は、コストダウンのためか、タンデムステップが張り出してる。ちなみにバーグマン200のタンデムステップの評判は、邪魔って声もあるし、許容範囲って人もいる。

 

 

●タンク容量
バーグマン200 10L
バーグマン400 13L

 

●燃費WMTCモード値
バーグマン200 30.3km/L
バーグマン400 25km/L

 

●航続距離
バーグマン200 10L × 30.3km/L =303km
バーグマン400 13L × 25km/L =325km

 

 

俺は、50kg軽いバーグマン200にした。バーグマン400が200kg切ってたらもっと迷ったと思う。

 

 

●2019年時点のメーカー小売価格
バーグマン200  523,800円
バーグマン400 ABS 799,200円円
●2019年10月時点の同じバイク屋の乗り出し価格(自賠責3年)
バーグマン200 432,960円
バーグマン400 ABS 739,590円

 

バーグマン200とバーグマン400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら