CBR400RとCBR400RRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR400RとCBR400RRの違いを比較

 

ホンダ CBR400Rの歴史

1986年7月15日にCBR400Rが新登場。型式は、NC23
車体色は、シャスタホワイト/ファイティングレッド。
1986年9月にカラーを追加。
車体色にシャスタホワイト/ミクロネシアンブルーメタリックを追加して2色の設定となった。
1987年4月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラックのみ。
2013年4月23日にCBR400Rが新登場。型式は、EBL-NC47
ABSをタイプも設定。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。
2016年2月26日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観にリニューアル。被視認性に優れる新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用。前方にスラントさせたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまでエッジの効いたキャラクターラインにより個性的なフォルムに。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。
2017年4月7日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をカラーチェンジ。
車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2018年4月20日に「CBR400R」のマイナーチェンジ。
カラーチェンジされ、ABSが標準装備となった。車体色は、3色(グラファイトブラック、グランプリレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2019年3月22日に「CBR400R」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC56
外装を一新。セパレートハンドルの位置がトップブリッジ上から下側となり、ポジションがよりスポーティに。エンジンは、バルブのタイミングとリフト量などを最適化。新たにアシストスリッパークラッチを採用。急ブレーキでハザードランプを高速点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を装備。ウインカーがLEDとなり、メーターにギアポジション表示を追加。車体色は、3色(グランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ホンダ CBR400RRの歴史

1988年1月19日に「CBR400RR」が新登場。型式は、NC23
車体色は、トリコロールのみ。
1988年7月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーのみ。
1988年11月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラックとトリコロールの2色。
1989年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーのみ。
1990年3月19日にフルモデルチェンジ。
型式は、NC29
前後17インチホイールへ変更。アクセル開度とエンジン回転数で最適な点火時期を設定・供給可能なマップコントロール方式のPGMイグニションを採用。コンパクト化した新設計のアルミLCGフレームに軽量・高剛性の大径フロントフォークや新形状のアルミリアフォークやバネ下重量を軽減する軽量の6本スポークアルミホイールを組み合わせた。車体色は、ブラック/シルバーとレッド/ホワイトの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、レッド/ブラックのみ。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラックのみ。
1992年4月7日にカラーチェンジ。

車体色は、ブラックとトリコロールの2色。
1993年12月15日にマイナーチェンジ。
カム形状を見直し、吸気・排気のバルブタイミングを変更。さらに圧縮比や排気系も変更し、中低回転域での力強いトルク特性と俊敏なレスポンス性を向上。車体色は、トリコロールとブラック/レッドの2色。

 

 

ここでは、
1986年7月15日発売のホンダ CBR400R(NC23)と
1988年1月19日発売のホンダ CBR400RR(NC23)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR400R

CBR400RR

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

1986年7月15日

1988年1月19日

型式

NC23

NC23

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2015

2020

全幅 (mm)

685

690

全高 (mm)

1095

1110

軸間距離 (mm)

1380

1370

最低地上高 (mm)

140

120

シート高 (mm)

765

765

乾燥重量 (kg)

165

162

車両重量 (kg)

184

179

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

55

55

行程(ピストンストローク)(mm)

42

42

圧縮比(:1)

11

11.3

最高出力(PS)

59

59

最高出力回転数(rpm)

12500

12500

最大トルク(kgf・m)

3.8

4

最大トルク回転数(rpm)

10000

10000

燃料タンク容量 (L)

16

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

C9EH-9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.5

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

-

2.181

2次減速比

-

2.8

変速比

-

1速 3.3070/2速 2.3520/3速 1.8750/4速 1.5900/5速 1.4340/6速 1.2800

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

44

42

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

-

25°15′

トレール量 (mm)

-

95

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

38.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-17

120/60R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

52

55

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(後)

130/70-18

150/60R18

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

63

67

タイヤ(後)速度記号

H

H

メーカー小売価格

669,000円

699,000円

 

CBR400R(NC23)とCBR400RR(NC23)の比較

 

CBR400R(NC23)とCBR400RR(NC23)の違いの口コミ

 

 

CBR400RR(NC23)は、1986年7月15日から販売されてたCBR400R(NC23)の実質的フルモデルチェンジ車。CBR400R(NC23)のフルカバードボディからよりレーシーなフルカウルを装着するレーサーレプリカにコンセプトを移行して車名を変更したモデル。

 

 

CBR400RR(NC23)に搭載される内径x行程:55.5x42.0(mm)・排気量399tのNC23E型水冷4ストロークカムギアトレーン4バルブDOHC並列4気筒エンジンは、CBR400R(NC23)のキャリーオーバー。

 

 

CBR400R(NC23)からCBR400RR(NC23)への変更点
  • フルカバードフェアリングをレーサーレプリカタイプのフルカウルへ変更。
  • NC23E型エンジンでは、シリンダーヘッドを設計変更。
  • 圧縮比を11.0から11.3へ変更。
  • バルブを3.8mmへ細軸化し、径を吸気22mm/排気19.5mmへ大径化。
  • バルブ駆動は、ロッカーアームを排し直押しダイレクト式へ変更。
  • マフラーは、サイレンサーをアルミニウム製へ変更。
  • 新たに水冷式オイルクーラーを搭載
  • 最高出力59ps/12,500rpmは変わらずに最大トルクが3.8s-m/10,000rpmから4.0s-m/10,000rpmへ向上。
  • ローター径296mmの前輪ダブルディスクブレーキをフローティング化した。
  • タイヤサイズは、「(前)100/80-17」から「(前)120/60-R17」に変更。「(後)130/70-18」→「(後)150/60-R18」に変更。極太低扁平化した上でバイアスからラジアルへ変更された。
  • フロントサスペンションは、41mm径テレスコピックだが円筒空気バネ併用を廃止した。
  • リヤサスペンションは、スイングアームだが市販車として初のトラス構造のトライアームを採用。
  • 速度計ギアボックスの取り出しをフロントホイール(フロントフォーク/アウターチューブ)からカウンターシャフト(ドライブスプロケットカバー)に移設。
  • 燃料タンク容量が16Lから15Lへ変更。
  • 新たにタンデムシート下に容量4Lのユーティリティボックスを設置。
  • 乾燥重量165s/装備重量184sから乾燥重量162s/装備重量179sへ軽量化。

 

CBR400RとCBR400RRの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら