250TRとSR400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

250TRとSR400の違いを比較

 

カワサキ 250TRの歴史

2002年2月に250TRが発売。型式は、BA-BJ250F
1970年発売の2ストオフロードモデル250TRの名前を継いだ2代目が発売。先代はデュアルパーパスタイプで2代目はストリート系のオンロードバイク。エンジンは、249cc空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒で同系エンジンを搭載するエストレヤと兄弟車。フロント19インチ、リア18インチの大径ホイール、キャラメルブロックパターンのタイヤ、7Lの燃料タンク、ブリッジ付のワイドハンドルバーなどを採用。
2003年2月に250TRをカラーチェンジ。
2003年11月に250TRをカラーチェンジ。
2004年12月に250TRをカラーチェンジ。
2005年12月に250TRをカラーチェンジ。
2007年2月に250TRをマイナーチェンジ。型式は、JBK-BJ250F
燃料供給方式にフューエルインジェクションを採用。環境対応と始動性が向上。ハンドルバーの左右幅を30mm短縮させて乗りやすくなった。
2007年12月に250TRをカラーチェンジ。
2009年7月に250TRをカラーチェンジ。
2010年7月に250TRをカラーチェンジ。
2011年7月に250TRをカラーチェンジ。
2012年7月に250TRをカラーチェンジ。
2013年モデルが最終モデルとなる。

 

 

ヤマハ SR400の歴史

1978年3月に「SR400」が新登場。
1979年11月に「SR400SP」が発売。
1984年10月に特別・限定仕様の「SR400 発売7周年記念モデル」を発売。
1985年4月に「SR400」をマイナーチェンジ。
フロントブレーキをディスクからドラムに変更。ハンドルがやや低くなり、ステップの位置が100oほど後ろに変更。スポーツバイクというよりも趣向的なクラシックバイクという面に振られたマイナーチェンジ。
1988年8月に「SR400」をマイナーチェンジ。
1991年11月に「SR400」をカラーチェンジ。
1992年9月に特別・限定仕様の「SR400S」を発売。
1993年2月に「SR400」をマイナーチェンジ。
1995年8月に特別・限定仕様の「SR400S Limited Edition
」を発売。
1998年3月2日に特別・限定仕様を発売。
1978年当時のカラーリングイメージを再現した20周年を記念したアニバーサリーモデルを予約期間限定で発売。
型式は、1JR
1999年3月10日にカラーチェンジ。
2000年2月25日にカラーチェンジ。

2001年3月9日にマイナーチェンジ。型式は、BC-RH01J
主な変更点は、前輪ディスクブレーキ採用(従来はドラム方式)。レスポンスに優れるBSRキャブレター採用。前後サスペンションのセッティング変更。安定した点火が得られるバッテリーチャージ方式の採用(従来はチャージコイル式)など。
2002年4月12日にカラーチェンジ。
2003年3月3日にマイナーチェンジ。
盗難抑止機構イモビライザーの標準装備、「TPS」採用のキャブレター、マフラーの内部構造の一部変更等による騒音規制対応などの仕様変更を行う。
2003年4月1日に特別・限定仕様を発売。
26箇所の特別装備を施した25thアニバーサリー・リミテッド・エディションを500台限定で発売。
2004年2月25日にカラーチェンジ。
2005年2月25日にカラーチェンジ。
2005年10月17日に特別・限定仕様を発売。
ヤマハ創立50周年を記念した50thアニバーサリースペシャルエディションを500台限定で発売。
2006年3月30日にカラーチェンジ。
2007年1月30日にカラーチェンジ。
2008年2月28日にカラーチェンジ。
2008年7月に特別・限定仕様を発売。
30thアニバーサリー・リミテッドエディションを500台限定で発売。

2009年12月21日にマイナーチェンジ。
燃料供給系にFIを採用。レトロモダンなメーターパネルや新作のサイドカバー、エンブレムなどを採用し、外観クオリティの向上を図る。
型式は、EBL-RH03J
2012年1月30日にカラーチェンジ。
2013年2月14日に特別・限定仕様を発売。
35thアニバーサリーエディションを受注期間限定で発売。
2014年1月20日にカラーチェンジ。
2015年12月18日に特別・限定仕様を発売。
ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデルを受注期間限定で発売。
2016年2月10日にカラーチェンジ。
2017年1月にカラーチェンジ。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
型式は、2BL-RH16J
平成28年規制の適合のために、タンクから自然に蒸発するガソリンを外気に出さないためのキャニスターを装備するなどの変更。歯切れの良さと低音を向上させた新型のマフラーも採用。他にも最低地上高が140mm→130mmに変更、エンジン出力が26ps→24psに変更。
更にSR400の40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」を数量限定で発売。

 

 

ここでは、
2007年2月発売のカワサキ 250TR(JBK-BJ250F)と
2009年12月発売のヤマハ SR400(EBL-RH03J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

250TR

SR400

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売年月

2007年2月

2009年12月

型式

JBK-BJ250F

EBL-RH03J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2085

全幅 (mm)

870

750

全高 (mm)

1095

1110

軸間距離 (mm)

1420

1410

最低地上高 (mm)

165

140

シート高 (mm)

775

790

乾燥重量 (kg)

136

-

車両重量 (kg)

-

174

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

399

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

66

87

行程(ピストンストローク)(mm)

73

67.2

圧縮比(:1)

9

8.5

最高出力(kW)

14

19

最高出力(PS)

19

26

最高出力回転数(rpm)

7500

6500

最大トルク(N・m)

19

29

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.9

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料タンク容量 (L)

6.6

12

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

キックスターター式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR8EA

BPR6ES

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

GT4B-5

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.363

2.566

2次減速比

2.533

2.947

変速比

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

1速 2.3570/2速 1.5550/3速 1.1900/4速 0.9160/5速 0.7770

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

19

スプロケット歯数・後

38

56

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

104

130

フレーム型式

-

セミダブルクレードル

キャスター角

-

27°40′

トレール量 (mm)

-

111

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-19

90/100-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

110/90-18

110/90-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

61

タイヤ(後)速度記号

P

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

メーカー小売価格

388,000円

577,500円

 

250TRとSR400の違いを比較

 

250TRとSR400の比較の口コミ

 

 

SR400から250TRに乗り換えたけど、振動は、全然違うね。やはり250TRの方が快適。

 

 

250TR乗りだけど、SR400に試乗してきた。排気量150ccの差は、思ったほど感じなかった。街乗りで40km/h以下だと250TRとフィーリングがあまり変わらないかも。というかむしろ40km/h以下では250TRの方が乗りやすいって思った。最高速は、もちろんSR400。250TRだと片側1車線の高速の上り坂で全開でも80km/hまで落ちたことある。

 

 

250TRと比べると登りでのトルクの差とアクセルオンでのパワー感でSR400が上。

 

 

250TRでもうちょっとパワー欲しい人は、SR400に乗り換えればいい。

 

 

250TRとSR400は、サイズがたいして変わらないのに、SR400の方が大きく見えるよね。

 

 

俺は250TRとSR400の2台持ちで日替わりで乗ってるけど、凄く楽しいよ。

 

 

シングルの乗り味をそれなりに感じたいならSR400。250TRだとトコトコと素直な感じ。

 

 

どっちも単気筒で、専用の外装パーツがいっぱいある。でもパーツの多さは、圧倒的にSR400。

 

 

高速使ってツーリング行くなら、SR400のがストレスの疲労も少ないよ。

 

 

250TRの最高速は、130km/hぐらい。SR400は、ノーマルで140km/h。カスタムしたら160km/h以上でる。

 

 

高速だと排気量の差もあってSR400の方が楽だし、SRは、改良すれば更に快適になる。

 

 

250TRは、車検が無いから維持費が安い。SR400でもユーザー車検使えば大した差はないけど。

 

 

250TR乗ってるけど、凄く乗りやすいから初心者でも簡単に乗れるよ。見た目もカッコいいし気に入ってる。不満があるとすればパワー。そういう意味では、SR400でもいいと思う。

 

 

SR400は、始動がキックだからめんどくさい。右折待ちとかでエンストしたら焦るよ。250TRは、セル押すだけでエンジンかかるからすぐ始動できる。

 

 

俺みたいに250TR買って、ステップアップでSR400に乗り換えればいい。

 

 

250TRは、乗り心地がとにかく軽い印象で、街中の足としては、良いバイクだった。今は、SR400に乗り変えたけど、やはり排気量差は凄く体感できて、同じ距離でも疲労感が全然違う。アイドリング時のドコドコ感も全然違った。

 

 

ホイールベースは、250TRの方が長い。
250TR 1420mm
SR400 1410mm
250TRの方がタンクの形状も細いし、ホイールベースも長いから見た目は、スリムに見えるね。

 

250TRとSR400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら