NINJA250とZ250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA250とZ250の違いを比較

 

カワサキ Ninja250の歴史

2013年2月1日にNinja250が新登場。型式は、JBK-EX250L
2008年から発売のNinja250Rをフルモデルチェンジして発売。デザインがよりシャープとなり、車名を「Ninja250」に変更。スタンダードモデル、グラフィックモデルのスペシャルエディション、ABSを搭載したABSスペシャルエディションの3タイプの設定。「Ninja250 Special Edition」は、2013年モデルのスペシャルカラーバージョン。スタンダードが単色なのに対し、グラフィックを設定。「Ninja250 ABS Special Edition」は、ABSを搭載し、ABS無しのスペシャルエディションと異なるカラー&グラフィックを設定。
2013年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
この年から燃費にWMTCモード値が併記された。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、エボニー)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディバーントオレンジ×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(ライムグリーン×エボニー、パールスターダストホワイト×エボニー)。
2014年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をマイナーチェンジして発売。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、パールスターダストホワイト)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(メタリックムーンダストグレー×エボニー、ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。
2015年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
カラーリングの変更とメーターパネルのデザインを変更。車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックカーボングレー、キャンディバーントオレンジ)。「Ninja250 Special Edition」が1色(ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレー)。
2015年11月15日に特別限定仕様のNinja 250 ABS KRT Editionを発売。
2015年のワールドスーパーバイク選手権シリーズで、KRT所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンになったのを記念し設定。カラーリングのモチーフは、スーパーバイク選手権の2016年シーズン用マシンのニンジャZX-10R。ABS搭載モデル。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2016年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 ABS Special Edition」と「Ninja250 ABS KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、キャンディプラズマブルー)。「Ninja250 ABS KRT Edition」が1色(ライムグリーン×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック)。
2016年11月1日にNinja 250 ABS KRT Winter Test Editionをカラーチェンジして発売。
従来のNinja250のバイアスタイヤから前後共にラジアルタイヤに変更。フロントホイールリムを2.75インチから3インチに拡大。リアタイヤを140mmから150mmまで拡大。スモークタイプとなったスクリーンも、スタンダードタイプよりも高くなった。ABS搭載モデルで限定600台で販売。車体色は、1色(フラットエボニー)。
2018年2月1日にNinja250がフルモデルチェンジして発売。「Ninja250 KRT Edition」も発売。型式は、2BK-EX250P
ボディデザインは、同時代のニンジャZX-10Rと同様のテイストで、トレリスフレームなどはニンジャH2をイメージさせる。エンジンは、248cc水冷並列2気筒でレイアウトが同じだが出力が31psから37psに。ABSは標準装備となり、車名から「ABS」の表記がなくなる。アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなども装備。車体色は、2色(キャンディプラズマブルー、パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック)。

「Ninja250 KRT Edition」は、2018年モデルで一新されたNinja250をベースにしたKRTカラーバージョン。車体色は、ライムグリーン×エボニー。
2019年1月15日にNinja250をカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、メタリックファントムシルバー×メタリックスパークブラック)。ABSは標準装備。

 

 

カワサキ Z250の歴史

2013年4月15日に「Z250」が新登場。型式は、JBK-ER250C
車体色は、2色(フラットエボニー、パールスターダストホワイト)の設定。
2014年3月1日に「Z250」がカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックフラットスパークブラック、キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2015年5月15日にマイナーチェンジされ「Z250 ABS」が発売。
ABSとアシスト&スリッパークラッチ付きの「Z250 ABS」を発売。価格は553,500円で2014年モデルより65,250円アップ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック、メタリックムーンダストグレー×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2016年2月1日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS Special Edition」を発売。
Special Editionは、「キャンディフラットブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック」の専用色とゴールドホイールの採用とZパターンの表皮を持つフロントシートを採用。
2019年2月15日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-EX250P
エンジンは全回転域での出力向上した新設計のパラツインエンジンを搭載。前のモデル比最高出力が4kW向上。Ninja H2からインスパイアされたトレリスフレームを採用し車重が6kg軽くなった。ホイールベースは40mm短くなったがスイングアームは、長くなった。足回りは、φ41mm正立フォークを採用。ブレーキもZ1000と同径のφ310mmセミフローティングペタルディスクを採用。アシスト&スリッパークラッチは、引き継ぎ、ヘッドライトはLED化された。ETC2.0車載器はオプション設定。車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック、キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック)の設定。

 

 

ここでは、まず
2013年2月1日発売のカワサキ Ninja250(JBK-EX250L)と
2013年4月15日発売のカワサキ Z250(JBK-ER250C)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

Ninja 250

Z250

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

2013年2月1日

2013年4月15日

型式

JBK-EX250L

JBK-ER250C

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2020

2015

全幅 (mm)

715

750

全高 (mm)

1110

1025

軸間距離 (mm)

1410

1410

最低地上高 (mm)

140

145

シート高 (mm)

785

785

車両重量 (kg)

172

168

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

62

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

41.2

圧縮比(:1)

11.3

11.3

最高出力(kW)

23

23

最高出力(PS)

31

31

最高出力回転数(rpm)

11000

11000

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

3.086

2次減速比

3.142

3.142

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1360/5速 0.9650/6速 0.8510

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1360/5速 1.0000/6速 0.8920

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

44

44

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°

26°

トレール量 (mm)

93

82

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

38

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

メーカー小売価格

538,000円

488,000円

 

Ninja250(JBK-EX250L)とZ250(JBK-ER250C)の比較

 

Ninja250(JBK-EX250L)とZ250(JBK-ER250C)の比較の口コミ

 

 

Z250は、NINJA250よりキャスターが1度立たされ、それによってトレールも11mm短くなっている。
だからZ250の方がスポーティ。クイックにぐいぐい旋回できる。

 

 

Z250は、キャスター角だけじゃなく、FのバネレートもNinja250と違うらしい。Z250のが若干柔らかいらしい。

 

 

カワサキバイクマガジンにZ250は、Ninja250よりバネ弱めと書いてあったし、月刊オートバイのZ250のインプレでは 恐らくNinja250とは変えてるじゃないだろうか? と書いてあった。

 

 

フォークオイルの量も違うね。

 

 

両方試乗してZ250を買ったけど、Ninja250と比べるとハンドリングが多少クイックになってるかな?程度の違いだった。

 

 

Ninja250よりZ250が5万円安い理由はカウルの有無だけじゃ無かった。凝った造形のライト周り、大型のシュラウドがついてるから5万円は、差がありすぎと思ってた。クラッチレバーホルダあたりを見比べると仕上げが全然違う。レバー自体もNinja250は、黒塗装だけど、Z250は、無塗装。

 

 

2013年4月のモーターサイクリストの特集でNINJA250とZ250は、同じパーツでも生産国が違う事があるって書いてた。だから5万円の差で収まってるんだって。

 

 

NINJA250とZ250のカタログ燃費の差は、カウルの有無による風防効果の違いによる差って聞いたけど、本当にそこまで変わるのかな?

 

 

どこに行ってもNINJA250ばっかりだからZ250にしてよかった。しかし、どのメーカーもフルカウルが人気だね。

 

 

NINJA250とZ250で迷ったけど、250で高速を長距離走ることあるか自問したらZ250を買うことにした。

 

 

風を気にするならNinja250を買えばいい。

 

 

俺は、Z250買ったけど、やっぱりカウルがある方がいい。高速が断然らく。バーハンドルと1度起きたフロントも思った程楽ではないし。スクリーン、バーエンド(超重)で高速は、だいぶマシになってハンドルアップで少し姿勢が楽になったけど。セパハンにアップスペーサーつけた方が断然ロングツーリングは、楽だと思う。

 

 

Z250は、カラーがいいのが無い。

 

 

Z250は、一見NINJA250と共用パーツに見える部品でもZ250用は、NINJA250より1ランクおちるパーツ使ってる。具体的に言うとクラッチレバーホルダやFフォークアンダーブラケット。2台並べて見比べると加工精度が全く違うのがわかる。しかも2015年式からNinja250だけFフォークASSYが別物に進化してる。Fフォークアウターのパーツ品番みると別物になってる。

 

 

よくZ250のリアは、硬いと言ってる人がいるけど、自分のNINJA250はそう思わない。なんか違うんだろうね。

 

 

NINJA250のヘッドライトユニットは、純正品で18000円だから安すぎる。Z250のヘッドライトアッセンブリは、Z800のと共通だから結構コストかかってる。その分、いろいろ落とさないといけない部分も多いんだろうね。

 

 

 

次に
2018年2月1日発売のカワサキ Ninja250(2BK-EX250P)と
2019年2月15日発売のカワサキ Z250(2BK-EX250P)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

Ninja 250

Z250

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2018年2月1日

2019年2月15日

型式

2BK-EX250P

2BK-EX250P

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1990

1990

全幅 (mm)

710

800

全高 (mm)

1125

1060

軸間距離 (mm)

1370

1370

最低地上高 (mm)

145

145

シート高 (mm)

795

795

車両重量 (kg)

166

164

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

62

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

41.2

圧縮比(:1)

11.6

11.6

最高出力(kW)

27

27

最高出力(PS)

37

37

最高出力回転数(rpm)

12500

12500

最大トルク(N・m)

23

23

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

10000

10500

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR9B9

SILMAR9B9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

FTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2

2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.7

1.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.068

3.068

2次減速比

2.857

2.857

変速比

1速 2.7690/2速 1.8940/3速 1.5000/4速 1.2400/5速 1.0740/6速 0.9600

1速 2.7690/2速 1.8940/3速 1.5000/4速 1.2400/5速 1.0740/6速 0.9600

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

40

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

106

フレーム型式

トレリス

トレリス

キャスター角

24.3°

24.5°

トレール量 (mm)

90

92

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

37

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.2

27.2

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー小売価格

629,640円

597,240円

 

Ninja250(2BK-EX250P)とZ250(2BK-EX250P)の比較

 

左がNINJA250 右がZ250
Ninja250(2BK-EX250P)とZ250(2BK-EX250P)の装備の比較

 

Ninja250(2BK-EX250P)とZ250(2BK-EX250P)の比較の口コミ

 

 

NINJA250とZ250の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら