NINJA400RとZZR400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400RとZZR400の違いを比較

 

カワサキ Ninja400Rの歴史

2010年8月1日に「Ninja400R」が新登場。型式は、EBL-ER400B
スタイリッシュなフルカウル、デュアルヘッドライト、アップライトなポジション、段付きウインドスクリーンを持つスポーツツーリングマシンとして登場。海外モデルのER-6f/Ninja650Rをベースに、日本の普通自動二輪免許に適合する水冷DOHC4バルブ並列2気筒399ccエンジンを搭載。車体は、ER-6fとほぼ共通。車体色は、2色(ライムグリーン、メタリックスパークブラック)。
2010年11月15日に「Ninja400R ABS」が新登場。
Ninja400RにABSを搭載したモデル。車体色は、ライムグリーンのみ。
2011年9月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja400R」が2色(メタリックノクターンブルー、パッションレッド)。「Ninja400R ABS」が1色(メタリックノクターンブルー)。
2011年10月1日に「Ninja 400R Special Edition」を発売。
特別グラフィックを採用するスペシャルエディション。車体色は、ライムグリーン/メタリックスパークブラック。
2012年10月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja400R」が2色(キャンディライムグリーン、キャンディプラズマブルー)。「Ninja400R ABS」が1色(キャンディライムグリーン)。
2012年12月1日に「Ninja 400R Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックムーンダストグレー×パールスターダストホワイト。この2013年モデルで「Ninja400R」は終了。翌年に「Ninja400」が新発売。

 

 

カワサキ ZZR400の歴史

1990年に「ZZR400」が新登場。型式は、ZX400K
車体色は、2色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、エボニー×パールコスミックグレー)。
1991年11月にカラーチェンジ。
車体色に新色のエボニー×メタリックソニックブルーと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。車体名デカール色が変更。
1992年にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、エボニー×メタリックソニックブルー)。車体名デカール色を変更。
1993年3月にフルモデルチェンジ。型式は、ZX400N
これまでのK型からN型へ変更。馬力規制に対応、馬力が58PS→53PSへダウン。ツインラムエアシステムを導入。最終減速比が少し低くなり、よりツアラーらしい設定に。カウル形状を一新。フレームの見直し、ホイールベースが10mm短縮。燃料計を追加装備し、燃料警告灯廃止。燃料リザーブが追加。ヘッドランプが常時点灯に。メンテナンスフリー・バッテリーを採用。シートがメインキーで着脱可能に。車載工具入れを装備。車体色は、新色のエボニー×ジュピターグレーマイカと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。車体名デカール位置を変更。
ZZR400のN型とK型の違いを比較はこちら。
1994年3月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のエボニー×パールティールグリーンと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。
1995年3月にカラーチェンジ。
電気系統を変更。ジャンクションボックスとイグニションの位置を変更。車体色は、新色2色(キャンディワインレッド、パールパープリッシュブラックマイカ。
1996年2月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のルミナスウインザーグリーンと継続色のキャンディワインレッドの2色。
1997年2月にマイナーチェンジ。

メーターにデジタル時計を追加。積算計が2個→1個に変更。メーター内のウィンカーの色も緑色へ変更。車体色は、新色2色(キャンディアマランスレッドマイカ、パールジェントリーグレー)。
1998年2月にマイナーチェンジ。
フロントフォークインナーチューブガードを装備し、フォークアウター変更。車体色は、新色2色(パールコスミックグレー×メタリックシャンパンゴールド、エボニー×パールジェントリーグレー)。
1999年1月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディパーシモンレッド、エボニー)。
2001年3月にマイナーチェンジ。型式は、BC-ZX400N
平成11年排出ガス規制に対応し、若干馬力が低下。排出ガスの再燃焼とパイプ触媒を組みあわせた「KLEEN」を装備し、重量が2kg増。アクセル開度連動点火進角システムK-TRICの追加。クランク変更で減速比が変更。ドリブン×ドライブが「15丁×52丁」から「17丁×46丁」へ。車体色は、新色2色(ルミナスビンテージレッド、ブラックパール)。フレーム色がシルバーからコスミックグレーに変更。ホイール色も変更。タンクのエンブレムが立体エンブレムとなった。
2003年3月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディサンダーブルー、ムーンライトシルバー)。
2004年1月にマイナーチェンジ。
放熱効果を高めるためにフロントブレーキのディスクの穴が放射状からウェーブ状に変更。フロントブレーキキャリパーを変更。車体色は、前と同じ2色(キャンディサンダーブルー、ムーンライトシルバー)。
2004年12月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(メタリックオーシャンブルー、ギャラクシーシルバータイプ2)。スイングアームを黒に変更。アンダーカウルが別色となり、車体名デカール位置を変更。
2005年12月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールメテオグレーと継続色のメタリックオーシャンブルーの2色。
2007年1月にカラーチェンジ。

これが最終モデル。エアクリーナーボックスが熱で歪んで2次エアを吸い込む対策として異形ワッシャーを導入。車体色は、新色のメタリックマジェスティックレッドと継続色のメタリックオーシャンブルーの2色。

 

 

ここでは、
2010年8月1日発売のカワサキ NINJA400R(EBL-ER400B)と
2007年1月発売のカワサキ ZZR400(BC-ZX400N)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 400R

ZZR400

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売日

2010年8月1日

2007年1月

型式

EBL-ER400B

BC-ZX400N

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2070

全幅 (mm)

760

695

全高 (mm)

1200

1175

軸間距離 (mm)

1410

1430

最低地上高 (mm)

145

120

シート高 (mm)

790

780

乾燥重量 (kg)

-

197

車両重量 (kg)

203

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68.4

57.5

行程(ピストンストローク)(mm)

54.3

38.5

圧縮比(:1)

11

11.2

最高出力(kW)

32

39

最高出力(PS)

44

53

最高出力回転数(rpm)

9500

11000

最大トルク(N・m)

37

37

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.8

最大トルク回転数(rpm)

7500

9000

燃料タンク容量 (L)

15

18

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

FTX12-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.7

2.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.9

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

2.441

2次減速比

3.066

2.705

変速比

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

1速 3.1660/2速 2.1250/3速 1.6660/4速 1.3750/5速 1.2170/6速 1.0830

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

530

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

-

アルミツインチューブ

キャスター角

25

24°30

トレール量 (mm)

106

96

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

35

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/60ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

55

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

メーカー小売価格

649,000円

728,700円

 

NINJA400RとZZR400の違いを比較

 

NINJA400RとZZ-R400の比較の口コミ

 

 

NINJA400Rが2気筒。
ZZR400が4気筒。
4発が好きか、2発が好きで決めればいい。

 

 

乾燥重量でみるとZZR400の方が17kg重い。

 

 

最高トルクが同じだけど、NINJA400Rの方が低速よりだから街中では、NINJA400Rのが速いよ。

 

 

高回転でブン回せばZZR400の方が速い。

 

 

2気筒でいいならNINJA400R。
2気筒の「ブリブリ、ドコドコ」音が嫌ならZZR400。

 

 

バリオス乗りでNinja400Rに乗り換えを検討しててバイク屋行ったら、バイク屋のお兄さんが「Ninja400Rなんかバリオスに毛が生えたものですよ」ってZZR400を勧めてきた。

 

 

NINJA400Rは、ZZR400より取り回しやすみたいだし、跨ったらポジションも楽そうだった。

 

 

積載は、ZZR400の方が良さそう。

 

 

スペックの数字を見るとZZR400よりNinja400Rの方が車体が少し大きいね。

 

 

長さは似たようなものだけど、ZZR400は、カウルあって太いから大きく見えた。Ninja400Rの方がスリムだよ。

 

 

NINJA400R買って4000kmぐらい走った。以前ZZR400も乗っていたけど回さなければ走らないバイクだったから、ZZR400より街乗りが楽だし、ワインディングも楽しめる。

 

 

運転したら「ZZR400 > CB400(教習車) > Ninja400 > ZRX400」の順番で重さを感じた。

 

 

俺は、ZZR400乗ってたからNinja400Rがスリムに見える。

 

NINJA400RとZZ-R400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら