NINJA250RとNINJA400Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA250RとNINJA400Rの違いを比較

 

カワサキ Ninja250Rの歴史

2008年4月にNinja250Rが新登場。型式は、JBK-EX250K
フューエルインジェクションを採用し、エンジンは、直前まで販売されていたZZR250と同じの248cc水冷4ストローク並列2気筒DOHCを搭載。車体色は、3色(ライムグリーン、エボニー、キャンディプラズマブルー)の設定。
2008年12月にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(サンビームレッド、メタリックディアブロブラック、ライムグリーン)の設定。
2009年2月にNinja 250R Special Editionを発売。
レーシングイメージのスペシャルカラー(ライムグリーン/メタリックディアブロブラック)を採用し、前後ホイールがピンストライプ。
2009年10月にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(メタリックアイランドブルー、エボニー、ライムグリーン)の設定。マフラーのサイレンサー部がブラック仕上げに。
2009年11月にNinja 250R Special Editionを発売。
車体色は、「エボニー/キャンディパーシモンレッド」の2トーンカラーにグラフィックを組み合わせ、前後ホイールにピンストライプを施した。
2010年6月1日にNinja 250R Special Editionを300台限定発売。
車体色の「ライムグリーン/パールスターダストホワイト」をベースにレーシーなグラフィックを採用。前後ホイールにライムグリーンのピンストライプ。
2010年8月1日にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
ホワイトのメーターパネルを採用。メタリックインペリアルブルーとエボニーの全2色の設定。
2010年9月1日にNinja 250R Special Editionを発売。
パールホワイト×エボニーのツートーンカラーにグラフィックを組み合わせ、前後ホイールにピンストライプを施す。

2011年6月1日にNinja 250R Special Editionを400台限定で発売。
ライムグリーンをベースにブラック基調のグラフィックを採用。前後ホイールにピンストライプを施す。
2011年8月1日にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
パッションレッドとライムグリーンとメタリックスパークブラックの全3色の設定。
2012年4月1日にNinja250Rのカラーを追加して300台限定で発売。
メタリックスパークブラックをベースにグラフィックを配したカラーを追加。
2012年7月1日にNinja 250R Special Editionを発売。
キャンディバーントオレンジのグラフィックを配した。
2013年2月1日にフルモデルチェンジされ車名が「Ninja250」に変更。

 

 

カワサキ Ninja400Rの歴史

2010年8月1日に「Ninja400R」が新登場。型式は、EBL-ER400B
スタイリッシュなフルカウル、デュアルヘッドライト、アップライトなポジション、段付きウインドスクリーンを持つスポーツツーリングマシンとして登場。海外モデルのER-6f/Ninja650Rをベースに、日本の普通自動二輪免許に適合する水冷DOHC4バルブ並列2気筒399ccエンジンを搭載。車体は、ER-6fとほぼ共通。車体色は、2色(ライムグリーン、メタリックスパークブラック)。
2010年11月15日に「Ninja400R ABS」が新登場。
Ninja400RにABSを搭載したモデル。車体色は、ライムグリーンのみ。
2011年9月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja400R」が2色(メタリックノクターンブルー、パッションレッド)。「Ninja400R ABS」が1色(メタリックノクターンブルー)。
2011年10月1日に「Ninja 400R Special Edition」を発売。
特別グラフィックを採用するスペシャルエディション。車体色は、ライムグリーン/メタリックスパークブラック。
2012年10月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja400R」が2色(キャンディライムグリーン、キャンディプラズマブルー)。「Ninja400R ABS」が1色(キャンディライムグリーン)。
2012年12月1日に「Ninja 400R Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックムーンダストグレー×パールスターダストホワイト。この2013年モデルで「Ninja400R」は終了。翌年に「Ninja400」が新発売。

 

 

ここでは、
2011年8月発売のカワサキ NINJA250R(JBK-EX250K)と
2012年10月発売のカワサキ NINJA400R(EBL-ER400B)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja 250R

Ninja 400R

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

カラーチェンジ

発売年月

2011年8月

2012年10月

型式

JBK-EX250K

EBL-ER400B

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2085

2100

全幅 (mm)

715

760

全高 (mm)

1110

1200

軸間距離 (mm)

1400

1410

最低地上高 (mm)

130

145

シート高 (mm)

775

790

車両重量 (kg)

168

203

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

68.4

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

54.3

圧縮比(:1)

11.6

11

最高出力(kW)

23

32

最高出力(PS)

31

44

最高出力回転数(rpm)

11000

9500

最大トルク(N・m)

21

37

最大トルク(kgf・m)

2.1

3.8

最大トルク回転数(rpm)

8500

7500

燃料タンク容量 (L)

17

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

FTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.6

1.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.086

2.095

2次減速比

3.071

3.066

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1600/5速 1.0000/6速 0.8920

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

15

スプロケット歯数・後

43

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

114

フレーム型式

ダイヤモンド

-

キャスター角

26

25

トレール量 (mm)

82

106

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

37

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

58

タイヤ(前)速度記号

S

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

62

69

タイヤ(後)速度記号

S

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

メーカー小売価格

533,000円

649,000円

 

 

NINJA250RとNINJA400Rの違いを比較

 

NINJA400RとNINJA250Rの比較の口コミ

 

 

NINJA250RとNINJA400Rは、値段と車検と税金と重さが違う。

 

 

NINJA400Rは、マフラーのデザインが微妙だよね。

 

 

Ninja 250Rは、発売直前まで販売されてたZZR250と同じの248cc水冷4ストローク並列2気筒DOHC。一方NINJA400Rは、ER-6f/Ninja650Rのエンジンをスケールダウンして日本の普通自動二輪車の枠内に収めてるけど、車体は、ER-6fとほとんど同じ。

 

 

NINJA400Rは、650がベースだからNINJA250Rと比べるとでかくて重い。NINJA250Rのは、パワーがないけど、NINJA400Rより40kgぐらい軽いからキビキビ走れる。街乗りでは、NINJA250Rの方がいい。高速道路では、NINJA400Rの方が安定感とパワーがあっていいけど。

 

 

俺は、NINJA400Rのメーターが嫌だった。NINJA250Rと同じメーターのデザインだったらNINJA400Rを買ってた。

 

 

俺は、悩んだあげく結局NINJA250Rを買った。理由は、車検が無いのとセパハンなのとメーターがアナログだから。

 

 

NINJA400Rにしても車検は、新車で買えば最初が3年後、2回目以降は2年毎。ハンドルもセパハンに交換できる。でもメーターが・・・。自分は、メーターとスクリーンの角度でNINJA250Rを買った。今でも後悔はしてないがNINJA400Rが魅力的なのは、間違いない。

 

 

初心者には、重量が軽いNINJA250Rを進める。フルカウルは、コカすと修理代が高いから。

 

 

俺は、見た目は、NINJA400Rの方がニンジャっぽくてカッコイイと思う。NINJA250Rは、ヘッドライトが繋がってるのがカッコ悪い。あのクオリティの違いと国産とタイ産の違いであの価格差だからNINJA400Rの方がお得感がある。

 

 

NINJA400Rは、車検があるけど、ユーザー車検ならNINJA250Rで定期点検してもらうのと維持費は、そんなに変わらない。

 

 

街乗りならNINJA250Rで十分。高速道路や峠の上りではNINJA400Rの方が余裕がある。NINJA250Rで高速走ると高回転多用になるし、峠の上りだと2速に落とさないと加速しなかったり、加速はするけどかったるかったりする。そういう状況でもNINJA400Rだったら3速でも十分加速する感じ。

 

 

NINJA250Rの方が軽くて扱いやすい。初心者には、こっちの方が向いてる。

 

 

俺なら普通二輪免許しかなくてツアラーとしてでは、間違いなくNINJA400Rを買う。サーキット含むスポーツ走行を楽しみたいなら絶対NINJA250R。

 

 

スポーツ走行を楽しむなら間違いなくNINJA250R。理由は、250と400を比較するとNINJA400Rは、ツアラー寄り過ぎる。NINJA250Rは、軽いし、ポジション調整のためのハンドルからステップまでパーツが充実してるのがでかい。

 

 

NINJA250RとNINJA400Rで迷ってるならNINJA400R買った方がいいよ。NINJA250Rだと街乗りでも不満になることがある。

 

 

金があるならNINJA400R買った方が幸せになれるよ。でもNINJA250Rの方が回せる楽しさがあるけど。

 

 

NINJA250RとNINJA400Rは、トルクが全然違う。35kgの差あるけど、走ってると気にならないよ。

 

 

NINJA250Rは、フルカウルだけどこれで高速走るのは、ダルいよ。追い越しもやりにくいし、400cc〜のバイクと一緒にツーリング行くなら尚更。250ccでこの非力さだとちょっとペース上げられると相当無理しなきゃだめ。そういう人は、最低でもNINJA400R買っといた方がいい。

 

 

高回転まで回したいならNINJA250Rの方がいい。

 

 

俺は、最初にNINJA400Rを買って一年で売ってNINJA650に乗り換えて、セカンドバイクでNINJA250Rを買った。NINJA250RよりNINJA400Rの方がパワーある分楽だけど、それなら最初からNINJA650を買った方が満足できる。大型免許が無い人は、NINJA400Rも検討するのもありだが、俺は、あまりオススメしない。ほとんど町乗りならNINJA250Rでいいと思う。

 

 

実物みるとNINJA400Rの方が一回り大きく見える。

 

 

ツーリングメインならNINJA400Rだね。

 

 

NINJA400Rは、NINJA250Rの排気量アップ車ではない。NINJA400Rは、ER-4nのカウルが付いてる。

 

 

NINJA250RとNINJA400Rは、全長や高さはそこまで変わらないけど、幅と重さがある。あとタイヤの太さも違う。NINJA400Rはバーハンだし、NINJA250Rとは用途が違う。

 

 

NINJA400Rは、NINJA650&輸出仕様のフレームを使ってるから180cmの自分でもポジションがきつくない。400クラスの中でも車重がある方だから重さも含めて大きく感じる。シート高もそれなりにあるから背が低い人には、キツイかも。NINJA250Rは、自分には、小さ過ぎた。180cm以上の人には、バックステップ購入が前提になるかも。でも小柄な人には、おすすめ。

 

 

俺は、Ninja400RよりNinja250Rのデザインが好みだった。Ninja400Rは、スリムな車体にER-fのフロントは似合ってない。

 

 

NINJA250Rで普段120km/hぐらいで高速走ってるし、メーター読み170km/hまでは、試したことあるから俺は、NINJA250Rで充分と思うよ。

 

 

NINJA400Rは、車検必要。パワーはNINJA250Rよりかなり大きい。仮にピークパワーが250以下でもトルクが圧倒的に上。パワーがある分消耗品が高い。上位クラスのボアダウン版の場合あり。
NINJA250Rは、車検不要。軽い。パワーが無い分消耗品が安い。

 

 

俺は、NINJA400Rにしたけど、車重が200kg以上あって取り回しで割と苦労する。35kg軽いNINJA250Rでも良かったかも。

 

 

軽さによる楽しさを求めてるならNINJA250R。

 

 

Ninja250RからNinja400Rに乗り換えた。安定性と傾けやすさが全然違うし、横風にも強いね。

 

 

NINJA250Rに乗ってる若いやつが多いから、俺は、NINJA400Rにした。それにNINJA250RにしたらNINJA400R見るたびにあっちにしとけばよかったかな?って思ってしまう。

 

 

扱いやすさは、NINJA250Rのが上なのは間違いない。俺は、NINJA400Rも楽しいと思うけどNINJA250Rは楽しすぎる。

 

 

ショートツーリング・サーキット → NINJA250R
ロングツーリング・峠 → NINJA400R

 

 

●NINJA250Rのメリット
・足つきが良い。150cm台でも両足付くかもしれない。
・燃費は、良い時は、33km/Lぐらいでタンク容量が17Lもある。燃費33km/Lで計算すると航続距離561km。
デメリット
・大型サイドバッグを取り付けようと思ったらウインカー交換が必要。
・高速での追い越しがきつい。
・背が高い人には、ポジションが窮屈。

 

●NINJA400Rのメリット
・加速が良いし、高速の追い越しがかなり楽。
・サイドバッグは最大級のを余裕で取り付けられる。積載能力が高い。
・カウルの恩恵を受けやすい。足に風が当たりにくい。
デメリット
・燃費が20km/Lぐらいでタンク容量もNINJA250Rより2L小さい15Lだから航続距離が300kmぐらい。
・背が小さい人にはでかすぎる。163cmの友達は、片足だった。

 

まったりツーリング用途ならNINJA400R、それ以外ならNINJA250Rがオススメ。

 

 

NINJA250Rは、高速走ると非力に感じるけど、それ以外では、軽いし、使い切る感があって楽しい。

 

 

Ninja250RとNinja400Rは、コンセプトが全然違う。
スポーツで高回転で回して楽しむのがNinja250R。
ツアラーで安定感とトルクの太さを楽しむのがNinja400R。

 

NINJA400RとNINJA250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら