WR250RとDトラッカーXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

WR250RとDトラッカーXの違いを比較

 

ヤマハ WR250Rの歴史

2007年11月16日に「WR250R」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEには、競技用の2011年モデルYZシリーズのイメージを反映した新グラフィックを採用。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEにはスプラッシュをイメージした新グラフィックとシルバーのマフラーカバーを採用。ヤマハブラックにはWR250Xで好評のカーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2012年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEに2013年モデルのYZシリーズに共通する新グラフィックのエアスクープ、ホワイトリアフェンダーを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。今回は燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。
2014年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、ガソリンタンク側面のシュラウド周りに新グラフィックを採用。リアフェンダーを車体色と同一とした。WRのロゴもYZシリーズに共通するがっちり感のあるボールド系の書体を採用。その下側にはレーサーのテクニカルスポンサーをイメージするロゴを配置。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。

2015年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2016年モデルのYZシリーズをイメージしたこれまでの流れをくむグラフィック。ディープパープリッシュホワイトソリッド1は、ビッグロゴグラフィックを大胆に採用した印象的なボディグラフィックとなる。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2017年版のYZシリーズを彷彿させる「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れた新グラフィックを採用。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。
2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
Dトラッカーは、カワサキのデュアルパーパスのKLX250の派生車種として、ハンドル形状を変更し、前後ホイールを17インチに換装しオンロードタイプのタイヤを装着させたスーパーモタードタイプのオートバイ。
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月15日にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。車体色は、2色(ブルー21、エボニー)。
Dトラッカーの「LX250E」と「BA-LX250E」の違いの比較は、こちら。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2002年2月にDトラッカーは 「250SB」としてスズキからも発売。
川崎重工業は、スズキと相互販売に関する業務提携を行ないDトラッカーを250SBとしてスズキからも発売された。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。2004年モデルからKLX250同様にカワサキモータースエンタープライズ(タイカワサキ)へ生産が移管された。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。

2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月5日にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。車体色は、3色(エボニー、オリエンタルブルー、ソーラーイエロー)。
DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較
2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。
このファイナルエディションをもって日本向け仕様の生産は、終了となった。

 

 

ここでは、
2007年11月16日発売のヤマハ WR250R(型式 JBK-DG15J)と
2008年4月5日発売のカワサキ DトラッカーX(型式 KLX250V8F)
の違いを比較しました。

 

 

WR250RとDトラッカーXのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

WR250R

DトラッカーX

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

JBK-DG15J

JBK-LX250V

発売日

2007年11月16日

2008年4月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2130

全幅 (mm)

810

795

全高 (mm)

1235

1125

ホイールベース (mm)

1425

1420

最低地上高(mm)

300

225

シート高 (mm)

895

860

乾燥重量 (kg)

123

129

車両重量 (kg)

132

-

最小回転半径(m)

2.3

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

40

原動機型式

G363E

LX250DE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

72

行程(ピストンストローク)(mm)

53.6

61.2

圧縮比(:1)

11.8

11

最高出力(kW)

23

18

最高出力(PS)

31

24

最高出力回転数(rpm)

10000

9000

最大トルク(N・m)

24

21

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.1

最大トルク回転数(rpm)

8000

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.6

7.7

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

2.1

-

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

258.4

308

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EK

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

-

1次減速比

3.12

2.8

2次減速比

3.307

2.785

変速比

1速 2.641/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.039/5速 0.888/6速 0.785

1速 3.000/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.190/5速 1.049/6速 0.952

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

14

スプロケット歯数・後

43

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°20

25.5°

トレール量 (mm)

113

73

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-21

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

25W/25W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

701,400円(本体価格668,000円/消費税33,400円)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)、
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

538,000円(本体価格512,381円、消費税25,619円)
エボニー、
オリエンタルブルー、
ソーラーイエロー

販売計画台数(国内・年間)

3,000台
ヤマハ WR250Rの年間販売計画台数の推移は、こちら。

2,000台

 

WR250RとDトラッカーの違いを比較

 

WR250RとDトラッカーの違いを比較

 

 

Dトラッカーの外装パーツはWR250Rの3倍ぐらいするよ。Dトラッカーは、ノーマルだとWR250Rより止まらないのでマスター、ホース、ロータを入れ替えることになる。ウイリーは、DOHCよりSOHCのがやりやすいけど、パワーはWR250RのがあるからWR250Rのが楽そう。乗りっぱなしで潰すつもりならDトラッカー、エクストリーム用だけではなく普段使いでも乗るならWR250Rがいいと思う。

 

 

WR250Rは、ハイオクガソリン。
Dトラッカーは、レギュラーガソリン。

 

 

街乗りメインならたいして回さないと思うから、価格差ほどの差を体感できないのでDトラッカーXでいいと思う。

 

 

俺は通勤用のDトラとWR250Rの2台持ちだけど、WR250Rの高速の楽さには驚いた。同じ排気量でも全然違う。WR250RのエンジンがモーターならDトラは耕運機みたいに感じる。

 

WR250RとDトラッカーの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら