フェイズとフェイズタイプSとの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズとフェイズタイプSとの違いを比較

 

ホンダ フェイズの歴史

2009年7月10日より「フェイズ」と「フェイズ ABS」を新発売。型式は、JBK-MF11
車体色は、「フェイズ」が3色(グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。
2009年11月26日より「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加。
「フェイズ TYPE-S」は、オートマチックシステム電子制御7速「Honda Sマチック Evo」を新たに搭載。カラーリングにTYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用。ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施し、よりスポーティー感を高めた。車体色は、1色(コルチナホワイト)の設定。
2011年2月24日より「フェイズ」シリーズの仕様を一部変更と「フェイズ TYPE-S」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。また「フェイズ ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーを新たにゴールドとした。
2012年2月3日より「フェイズ」シリーズのカラーバリエーションを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(ヴィクトリーレッド、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(グラファイトブラック)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(パールサンビームホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

ここでは、
2012年2月発売のフェイズ(JBK-MF11)と
2012年2月発売のフェイズタイプS(JBK-MF11)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フェイズ

ホンダ フェイズタイプS

発売

2012年2月

2012年2月

型式

JBK-MF11

JBK-MF11

全長

2180mm

2180mm

全幅

750mm

750mm

全高

1150mm

1150mm

ホイールベース

1540mm

1540mm

シート高

755mm

755mm

最低地上高

130mm

130mm

総重量

180kg

185kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30′

トレール(mm)

89

89

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

110/90-13 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

140/70-13 M/C 61P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

248cc

圧縮比

10.2

10.2

ボア

68mm

68mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

17(23PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

23(2.3kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

12.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

43(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥577,500 ヴィクトリーレッド ¥577,500 パールサンビームホワイト

¥635,250 パールサンビームホワイト

 

 

 

フェイズとフェイズタイプSの違い

 

下記がフェイズタイプSだけの装備です。

 

  • オートマチック機構電子制御7速Honda Sマチック Evoを搭載。Dモード、Aモード、S7モードの3種類のモードが選択できる。
  • 専用カラーのコルチナホワイトを採用。
  • フロントカバーとテールカウル部にレッドのHONDAロゴ。
  • ブラックとシルバーのツートーンシートにはレッドのパイピングを施す。
  • ゴールド塗装のフロントブレーキキャリパーを採用。
  • グレー塗装の前・後ホイールを採用。
  • シルバー塗装のメーターカバーにホワイトの文字盤を採用し、走行モードのインジケーターを追加したタコメーター。
  • レッド塗装のリアサスペンションスプリング。
  • TYPE-Sのロゴをあしらったフロントカバー。

 

フェイズとフェイズタイプSの比較の口コミ

 

 

フェイズタイプSに乗ってるから言うけどフェイズにするなら迷わずにタイプSにした方がいい。ただのフェイズとは全く別物だから。

 

フェイズタイプSのSマチック電子制御プーリーは、マジで凄い。山道の登りでもグングン登っていく。スクーターを買うとWRのセッティングが面倒臭いが、Sモードでガバ開けしたらパワーピークを維持した状態で性能をフルに出す加速を全自動でしてくれる。その上、普通に走行したい時はノーマルモードにしておくと低燃費走行も出来る

 

Sマチックは、WRやプーリーを替えたりするセッティングの煩わしさから解放してくれる。スクーターは、そのままの状態だと出足が遅かったり、加速の谷があったりで持っている性能をかなり損なっているからセッティングで時間とお金を費やすこともよくある。でもそういうのが楽しいって人もいっぱいいるけど。

 

フェイズTypeSに乗ったけどめちゃくちゃ速い。Aモードにしたらアッという間に100km/h超。S7モードなら更に凄い加速に。フェイズにするならタイプSにしたほうがいい。

 

 

タイプSに乗ってるけどDモードと比較すると加速感が全く違う。軽自動車なら軽くちぎれる。

 

タイプSを購入したけど都内の通勤がメインだからS7を使ったのは、最初だけで今は、AモードかDモードしか使わなくなった。

 

Sマチックを使ってもバイクの排気量やパワーそのものが上がるわけではないもんね。峠に結構行くならタイプSを勧める。タイプSは、シグナルダッシュは、すごく速いよ。でも初めだけですぐ飽きるし危ないし燃費を悪くするだけだよ。

 

ノーマルは、タイプSのDモードとAモードの間くらいの加速だと思う。Dモードの加速は遅いが最高速を出すにはDモードの方が優位にあると思う。

 

TypeSは、出足から高回転が使える。国内250スクで最速のモデル。スポーツ走行したかったりアドレスに煽られたく無いならTypeSしかない。

 

 

よく通る場所に勾配が多いならタイプSの方がストレス無しで走れる。勾配がないならノーマルで全く問題は無い。

 

 

ノーマルは登り坂になるとあからさまに制御がかかる。峠に行くならタイプSがいい。

 

 

タイプSのSマチックは、上手く使わないと燃費も悪くなる。

 

ノーマルのフェイズに試乗しました。発進からグイグイと来る感じはないです。中速域は抑えめなようで60km/hを超えたぐらいからグッときて、気付けばそこそこの速度が出てました。

 

 

ドリームで聞いた話によるとノーマル買う人の方が多いらしい。

 

 

信号が変わりそうになったらS7モードにして加速して通過してる。

 

自分は、Aモードで走行中に信号が黄色になって急制動が必要な時にアクセル全閉でブレーキを引きながらS7モードにする。そうしたらギアがガクッと下がって凄くエンジンブレーキが効く。

 

タイプSのS7モードのフル加速を使うと8000〜9000回転でシフトアップしていく。マニュアルミッションで言えば、超クロスが入っているような感じ。これは、電子制御だからできることで無印のWRを変えてもこんな芸当は不可能。

 

 

峠を走るならS7モードあるタイプS。ブレーキを掛けても回転が下がらないから立ち上がりがすごく良い。

 

高速は、ノーマルだと走行車線なら余裕で走れる。追い越しもしようと思えばできるけど急な加速は無理だから追い越し車線に車がガンガン来てるときは、キツイ。タイプSだとモード切替でキックダウンするから幾許かはマシ。

 

 

維持費に関しては、Sマチックが故障しない限り、どっちも変わらないよ。

 

 

タイプSは、高いし赤バネがカッコ悪い。安いノーマルで十分。

 

タイプS買った後、DモードやAモードだけしか使わなくなるおそれもあるけどノーマル買ったらS7を使うことはできない。ちょっとでもS7に興味があって価格差が気にならないならタイプSにした方が後悔しないよ。

 

 

両方試乗してみたけど無印は、タイプSのDとAの間で固定みたいな感じ。

 

 

すり抜けする際でもS7モードは使える。

 

 

高速道路の合流地点でもすぐ加速できるS7モードは、便利だよ。

 

 

タイプSに惹かれるけど、MT車を選択しない時点で、Sマチックにそれほどこだわる必要はないと思った。

 

 

もし峠でフルブレーキするならタイプSにした方が楽しく責められると思うよ。

 

 

Sマチックは、どうしても必要ではないし、高速道路も無印で十分走る。

 

 

値段で考えたらフェイズタイプSを買うのと、フェイズを買ってETC、ウインドシールド、モリワキマフラーのオプション付つけて買うのがどっちがいいかとか迷ってしまうけど、オプション品は、後からどうにでもなるから、タイプSが気になるならタイプS買っといた方が後悔しないよ。

 

 

2013年8月時点で近くのバイク屋でFAZEの無印とタイプSの値段の差が5万円位違う。

 

タイプSを買ったが同僚のWRを26gにしたノーマルに乗った時はビックリした。タイプSはドコドコと振動をしながら加速するが、WRを軽くしたノーマルはスイスイと加速する。
絶対的な加速性能はS7モードが勝っていると思うが街乗りの快適性はWRを変えたノーマルの方が遙かに優れてると思った。

 

 

SマチックあったからType-S買ったけど、最初使っただけで今は、使ってないな。5万円ぐらい高かった気がするから俺は、無印でよかったかも。

 

 

WRを変えるより素直にタイプSを選んだ方が楽じゃない?ボタン押すだけで加速重視にできるわけだし。

 

 

俺は、フェイズタイプSをおすすめする。回さない人にも、燃費重視の人にもタイプS。無印を買う人は、いじるのが好きとか機構の故障した場合の不安とか値段の問題ぐらいでしょ。

 

タイプSの加速動画

 

フェイズタイプS S7モードで0-100km/hまで加速してみた

 

フェイズタイプS Aモードで0-100km/hまで加速してみた

 

フェイズタイプS Dモードで0-100km/hまで加速してみた

 

 

S7モード、Aモード共に10秒以下。
Dモードは13秒以下。

 

 

フェイズとフェイズ タイプSの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら