400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の違いを比較

 

ホンダ 400Xの歴史

2013年6月7日に「400X」と「400X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-NC47
車体色は、どちらも3色(パールサンビームホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック、キャンディープロミネンスレッド)の設定。
2016年2月19日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
「VFR1200X」のDNAを受け継ぎ「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新。LEDヘッドライトとクリアインナーレンズを新たに取り入れたLEDテールランプを採用。高さを100mm伸長させた大型のウインドスクリーンで防風効果を上げ、存在感を醸し出すスタイリングに。車体色は、どちらも3色(マットバリスティックブラックメタリック、マグナレッド、パールサンビームホワイト)の設定。
400Xの「EBL-NC47」と「2BL-NC47」の違い
2017年4月17日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。
新型の小型異型マフラーを採用。小型のメインステップホルダーを採用。アンダーカバーが廃止。車体色は、どちらも3色(キャンディープロミネンスレッド、ソードシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)の設定。
2018年4月20日に「400X」をマイナーチェンジ。
これまではABSは、タイプ設定だったが全車にABSを標準装備とした。車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2019年3月22日に「400X」をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-NC56
大規模なデザイン変更、パワーユニットの吸排気系の見直し、フロントに19インチタイヤを採用、ホイール形状を変更、アシストスリッパークラッチを採用、新設計LCDメーターの採用などが行われた。車体色は、2色(マットバリスティックブラックメタリック、グランプリレッド)の設定。

 

 

ここでは、
2018年4月20日発売の400X(2BL-NC47)と
2019年3月22日発売の400X(2BL-NC56)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

400X

400X

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2018年4月20日

2019年3月22日

型式

2BL-NC47

2BL-NC56

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2085

2140

全幅 (mm)

830

825

全高 (mm)

1335

1380

軸間距離 (mm)

1410

1435

最低地上高 (mm)

150

150

シート高 (mm)

795

800

車両重量 (kg)

194

196

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

67

行程(ピストンストローク)(mm)

56.6

56.6

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

34

34

最高出力(PS)

46

46

最高出力回転数(rpm)

9500

9000

最大トルク(N・m)

37

38

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.9

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

-

点火プラグ必要本数・合計

2

-

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

-

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.7

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.029

2.029

2次減速比

3

3

変速比

1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430

1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

-

スプロケット歯数・後

45

-

チェーンサイズ

520

-

標準チェーンリンク数

114

-

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°55

27°30

トレール量 (mm)

105

108

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39.7

41

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

28.2

28.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

110/80R19

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

59

タイヤ(前)速度記号

(W)

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4.5

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有
可変スクリーン 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
緊急制動表示灯 有

メーカー小売価格

792,720円

811,080円

 

400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の違いを比較
左が旧型(2BL-NC47) 右が新型(2BL-NC56)
400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の装備の違いを比較

 

400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の主な変更点

  • 大規模なデザイン変更。
  • 高剛性なテーパー形状のハンドルバーを採用。
  • ウインドスクリーンの高さを従来モデルより20mm延長。
  • ラジエーターシュラウドの大型化とサイドカバーの形状の最適化で足に当たる走行風とラジエーターからの排風をコントロール。
  • バルブタイミングとリフト量、インジェクターの最適化を図り、低中回転域のトルクを向上、低速域の粘り強さと心地よい吹け上がり感を実現。
  • 吸気系の構成部品の最適化によって吸気効率を高める、エキゾーストパイプのキャタライザー前後のボリュームを増し、エンジンの吹け上がりの鋭さと力強いトルク特性に寄与。
  • トランスミッションのドッグ形状を最適化し、スムーズで質感の高いシフトチェンジフィーリングを実現。
  • マフラーは、テールパイプを2本に増やすなど構造を変更し、よりパルス感を高めた高揚感のある排気音を表現。
  • アシストスリッパークラッチの新採用。クラッチレバーの形状変更と合わせ、操作荷重を低減させより扱いやすいクラッチ操作フィーリングを実現し、シフトダウン時などで生じる急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを抑制。
  • ブロックパターンイメージの19インチフロントタイヤを採用。
  • ホイール形状の変更。
  • リアサスペンションは、分離加圧式を採用し、ストロークを従来モデルより長く設定。
  • シート前部の形状をスリム化し、従来モデルと同等の足つき性を確保。
  • ハンドル切れ角を従来モデルに対し片側3度ずつ、左右合計で6度増やし、取回し性を向上。
  • 制御をより緻密化したABSモジュレーターを採用。
  • 新たにギアポジションインジケーター、シフトアップインジケーター、水温計などの機能を設定した新設計LCDメーターを採用。
  • 急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルを採用。

 

400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の比較の口コミ

 

 

新型は、なんか微妙。アクセサリーソケットやメーターの位置はいいけど、クチバシがなくなったり、パニアとトップを同時に付けられなかったり。

 

 

ラジエーターシュラウドの大型化とサイドカバーの形状が変わったから旧型と新型で横から見た時のサイドカバーの部分が全然違うね。

 

 

新型は、タイヤサイズとアクセサリーソケットの位置とメーターが魅力だね。

 

 

やっと純正パニアがまともな価格になったのに、今度は、トップケースと同時装着が不可って。。。

 

 

アシストスリーパークラッチが搭載されたからクラッチ軽くなったね。指一本で引ける。もっと早くつけてくれればよかったのに。

 

 

新型は、最高出力回転数が9500rpm→9000rpmになったから高速巡航が楽そう。

 

 

俺は、旧型のクチバシが好きだった。

 

 

新型は、アドベンチャーらしくなったね。あと車格が全体的に若干大きくなって足つきも少しだけ悪くなった。車重は、194kgから2kgアップして196kgになった。

 

 

 

ハンドル切れ角が左右3度ずつ大きくなったみたいで3度って大したことないと思ってたけど、実際ハンドルをフルに切ってみると旧型と全然違って驚いた。

 

 

マフラーが2つ穴になってエキゾーストサウンドがかなり変わってる。アイドリングから低くドドドって響く感じになってる。

 

 

アシストスリーパークラッチは、本当に楽だ。軽く指をかけて引くだけでギアがスコンスコンって変えれるからロンツーの時の指の疲れが全然違うと思う。

 

400Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら