セロー250とVTR250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とVTR250の違いを比較

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。
2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。

前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J
平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。

2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月16日に新登場。型式は、MC33
車体色は、3色(イタリアンレッド、フォースシルバーメタリック、ブラック)の設定。
2000年2月2日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC33
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。
2002年12月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。車体色は、スタンダードがキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックの2色。カラーオーダープランは、54タイプ(内2パターンは、スタンダードカラー)。
2007年1月24日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールコスミックブラックと継続色の3色(キャンディータヒチアンブルー、イタリアンレッド、パールシャイニングイエロー)をあわせた全4色の設定。
2009年3月6日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-MC33
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。車体色は、5色(イタリアンレッド、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリック、パール
フラッシュイエロー)の設定。
2010年7月16日に存在感あふれるカラーリングを施したB-STYLEを新たに追加。
B-STYLEは、燃料タンクやフロントフェンダー、テールカウルのカラーリングに光沢感のあるパールコスミックブラックを採用、足回りもブラックで統一。トラスフレームとスイングアームはレッドとした。VTRの車体色は、B-STYLEのパールコスミックブラックの他、従来のパールサンビームホワイトとグリントウェーブブルーメタリックの全3色の設定。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディーブレイジングレッド、デジタルシルバーメタリック)とパールコスミックブラック(B-STYLE)の全3色の設定。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。

電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施された。前・後ホイール、フロントサスペンションのボトムケース、スイングアームをブラックで統一した。車体色は、新色の3色(マグナレッド、グラファイトブラック、パールフェイドレスホワイト)の設定。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、新色の2色(デジタルシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)と継続色のグラファイトブラックをあわせた全3色の設定。フレームには、レッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。
VTRの車体色は、全2色(パールサンビームホワイト、キャンディープロミネンスレッド)の設定。VTR Special Editionは、マットビュレットシルバーの車体色、フレームやヘッドライトリムなど各部のパーツをブラックとし、ホイールをマットグレー、燃料タンクの左右側面にストライプパターンのグラフィックデザインを採用、燃料タンクの立体エンブレムやブラウンのシート表皮。
2017年8月31日に生産終了。

 

 

ここでは、
2016年3月22日発売のヤマハ セロー250(JBK-DG17J)と
2016年10月21日発売のホンダ VTR250(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

セロー250

VTR

発売年月

2016年3月

2016年10月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2080

全幅 (mm)

805

725

全高 (mm)

1160

1055

軸間距離 (mm)

1360

1405

最低地上高 (mm)

285

155

シート高 (mm)

830

755

車両重量 (kg)

130

160

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

V型(L型)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

60

行程(ピストンストローク)(mm)

58

44.1

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

14

22

最高出力(PS)

18

30

最高出力回転数(rpm)

7500

10500

最大トルク(N・m)

19

22

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

8500

燃料タンク容量 (L)

9.6

12

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.083

2.821

2次減速比

3.2

2.928

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 2.7330/2速 1.8000/3速 1.3750/4速 1.1110/5速 0.9650

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

-

41

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

26°40

25°30

トレール量 (mm)

105

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

45

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

120/80-18

140/60R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

62

63

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

507,600円

598320

 

セロー250とVTR250の違いを比較

 

セロー250とVTR250の比較の口コミ

 

 

故障が少なくて、燃費が良くて、とり回しの良いバイクを探したらセロー250とVTR250が候補にあがった。この二台とも評判が良いし。

 

 

そのままでしょ。
街乗りだけならVTR250
ダートも行きたければセロー250。

 

 

ジャンルは、違うけど、セロー250とVTR250は、どちらもベストセラーで長く売れ続けてるいいバイクだし、価格帯も近い。

 

 

バイクを買って何をしたいかに尽きる。街乗りがメインでたまに舗装されたワインディングを流したり、高速乗ってツーリングしたい人は、VTR250。未舗装路や山道でも遊びたいならセロー250。

 

 

セロー250の良さは、ツーリング先とかで、オンロードバイクだと入り込む気にならない脇道、悪路、ダートでもものともせずに進んでくれること。ツーリング先であの道の向こうまで行ってみたかったのに。。。って後悔しなくていい。セロー250は、初心者からマニアまで幅広く楽しめる冒険用のバイクだよ。

 

 

セロー250に乗る時は、誰にも邪魔されずにひとりで静かで自由で豊かで救われてないとダメなんだよ。その感覚がわかるには、いろんなバイクに乗って成長していかなきゃいけない。だから初心者の人には、VTRをおすすめする。まあ、いずれセロー250も乗ることになると思うからどっちを先に乗るかって話になると思うけど、いきなりセロー250に行くとセローの良さがわからず不満ばかり言うと思う。

 

 

基本的にセロー250は、長距離移動がつらいから、自分の家から山までの距離が遠くて、林道までは入らないならVTR250を選んだ方がいいよ。

 

 

セロー250は、オフ車だからタンデムを嫌がる人も多いと思う。VTR250は、上質な、万人向けのオンロードマシンだから二人乗りすることが多いならVTR250かな。

 

 

俺は、VTR250を選ぶ。セロー250は、大きいカブでそれ以上でも以下でもない。オンロードとしてもオフロードとしてもこなせるけど、どっちも中途半端なんだよな。

 

 

エンジンの耐久性は、VTR250の方が丈夫だよ。セロー250にVTR250のようなバイク便で10万km持つような耐久性は、ない。それにセロー250に乗ると山登り、川渡りとかいろいろやっちゃうから当然寿命は、短くなる。VTR250だとそのような環境に置くことないもんね。

 

 

セロー250のシートは、VTR250と比べると全然キツイよ。

 

 

VTR250のオンロード車の純正タイヤとセロー250の純正タイヤでは、雨のアスファルト路面では、もちろんVTR250のタイヤの方が走りやすいよ。

 

 

ロードで距離を走ることが多いなら、普段の快適性も高速道路の楽さも寿命もVTR250の方が上。

 

 

普通に乗るなら耐久性の問題の差は無いよ。

 

 

VTR250だと林道は、走れないことはないけど、つまらないし、ゲロは無理。

 

 

●車両重量と馬力
セロー250 130kg 18ps
VTR250 160kg 30ps

 

 

俺は、セロー250からVTR250に乗り換えた。理由は、ツーリングでもっと距離を稼ぎたくなったから楽に乗れてエンジンが元気なVTR250にした。

 

 

ツーリングで舗装路を走るのがメインの人は、VTR250にした方がいい。オンロードバイクは、やっぱりオンロードで気持ちよく走れるように考えられて作られてる。自分は、オンがメインでオフにも手を出してみようと思ってセロー250を買ったけど、キャラクターが違い過ぎてカルチャーショックを受けた。

 

 

セロー250に興味あるなら買ったほうがいい。楽しいよ。まあ、長距離を快適に走るのには向いてないけど。

 

 

街乗りでしか乗らないならVTR250にした方が後悔しない。

 

 

俺は、もしかしたら林道走るかもって思ってセロー250にしたけど、セロー250で高速走った時に、これなら林道なんかいかないからVTR250にしとけば良かったって思った。

 

 

林道を走らなくて高速を安全に使いたい人は、VTR250を買え。

 

 

街乗り→高速→峠ならVTR250
街乗り→高速→峠→林道ならセロー。
林道に入る時点でセロー250しかないでしょ。

 

 

セロー250が高速苦手な理由は、エンジンが単気筒なのと、どの回転域でパワーを出すかという味付けの問題とギア比の問題と剛性からくる振動の問題。

 

 

VTR250の方が女子ウケは、いいと思うぞ。

 

 

よく遠出して高速使うなら間違いなくVTR250がおすすめだけど、下道で近場のツーリングならセロー250でも問題ない。あとツーリング仲間が400ccオーバーに乗ってる人が多いならセロー250だとキツイ。周りの友達が何乗ってるかもバイク選びのポイントになる。

 

 

250ccのオフ車は、どれでも高速道路は苦手だよ。特にセローは、中低速に特化してるから更に苦手だし、オフタイヤ履いてるからね。でも80km/h強で走れば問題ない。100km/hは、疲れるけど。

 

 

セロー250とVTR250で悩んでる時点でセロー250買うと後悔する可能性が高いよ。そういう人ってだいたい街乗りメインでたまにツーリング。でも林道も少し興味があるって人だから。

 

 

●タンク容量
セロー250 9.6L
VTR250 12L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
セロー250 40km/L
VTR250 40km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
セロー250 9.6L × 40km/L =384km
VTR250 12L × 40km/L =480km

 

 

オフ車は、シート形状のせいで数時間乗るとお尻が痛くなる。高速メインのツーリングに行くとすぐ嫌になるかもしれない。それにオフ車は、タンク容量が小さいから給油回数が増える。林道行かないなら絶対VTRの方がいい。

 

 

舗装路では上り坂でも下りでもVTR250の方が強いよ。たまにフラットな林道を走る程度の人は、VTR250でいいと思う。

 

 

要は、年間何日林道を走るかってことだと思う。おそらくほとんどの人が50日もないと思う。結局ほとんどの日数をオンロード走るんだよ。バイクは趣向性が強い乗り物でバイクの中でも特にオフロードは更に趣向性が強くなる。そうなると当然セロー250とVTR250で悩んでる人には、俺はVTR250を買ったほうがいいんじゃない?って言う。

 

 

自分は、セロー250とVTR250で迷ってセロー250を買った。セロー250の外見が気に入って買ったから後悔はないけど、たまにVTR250にしとけば良かったかな?って思うこともあるよ。連れとツーリングに行く時は、遅くて申し訳ないから下道で行こうって言ってる。

 

セロー250とVTR250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら