ジクサー250とVストローム250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ジクサー250とVストローム250の違いを比較

 

スズキ ジクサー250の歴史

2020年4月24日に「ジクサーSF250」が新登場。型式は、2BK-ED22B
フルカウルスポーツの「ジクサーSF250」を発売。エンジンは、新開発の油冷249cm3単気筒4バルブSOHCを搭載。従来の燃焼室の上からオイル噴射で冷却していたものと違い、燃焼室の外周にオイルの通路を設置し冷却するSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を採用。他にもフルデジタル表示の液晶多機能メーター、前後二分割シート、スイングアームマウントリアフェンダー、前110後150サイズのラジアルタイヤ、ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステム、ABSなどを標準装備。車体色は、3色(マットプラチナシルバーメタリックNo.2、トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)。
2020年6月17日に「ジクサー250」が新登場。型式は、2BK-ED22B
「ジクサー250」は、「ジクサーSF250」のネイキッドモデル。車体色は、3色(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2、マットブラックメタリックNo.2)。
2021年4月20日に「ジクサーSF250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2)。
2021年5月25日に「ジクサー250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2)。

 

 

スズキ Vストローム250の歴史

2017年7月6日にVストローム250の国内仕様が新発売。型式は、2BK-DS11A
「Vストローム250」は、デュアルパーパスタイプのオートバイ。車体は同時開発のGSX250Rと共通化しながらも独自の部品を装備する形でデザインされており、乗車ポジションは全体的に高め。フロントは既存のVストロームシリーズをイメージしたものだが、スクリーンと単眼式ヘッドライトは専用品。ハンドルはアップタイプとなりナックルガードを装備、リアにはアルミ製アシストグリップ兼大型キャリアを装備、アンダーガードやセンタースタンドも装備。エンジンは、GSX250Rと同型のものを搭載。液晶メーターもGSX250Rと共通。前後ホイールもGSX250Rと共通でABSは搭載されていない。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2018年10月1日に「Vストローム250 ABS」を発売。
ABSを標準装備したタイプを発売。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2018年10月29日に「Vストローム250」をマイナーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2019年8月23日に「Vストローム250」をカラーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリックNo.2、パールネブラーブラック、パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)。
2019年8月26日に「Vストローム250 ABS」をカラーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、4色(パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック、トリトンブルーメタリックNo.2、パールネブラーブラック、パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)。

 

 

ここでは、
2020年6月17日発売のスズキ ジクサー250(型式 2BK-ED22B)と
2019年8月26日発売のスズキ Vストローム250 ABS(型式 2BK-DS11A)
の違いを比較しました。

 

 

ジクサー250とVストローム250のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ジクサー250

Vストローム250 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

2BK-ED22B

2BK-DS11A

発売日

2020年6月17日

2019年8月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2010

2150

全幅 (mm)

805

880

全高 (mm)

1035

1295

ホイールベース (mm)

1345

1425

最低地上高(mm)

165

160

シート高 (mm)

800

800

車両重量 (kg)

154

189

最小回転半径(m)

2.6

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

45

39

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

37.7

31.6

原動機型式

EJA1

J517

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

並列(直列)

冷却方式

油冷

水冷

排気量 (cc)

249

248

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

76

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

54.9

55.2

圧縮比(:1)

10.7

11.5

最高出力(kW)

19

18

最高出力(PS)

26

24

最高出力回転数(rpm)

9000

8000

最大トルク(N・m)

22

22

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

7300

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

12

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

540

663

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8E-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V 28.8kC (8Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.8

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.18

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.2

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.086

3.238

2次減速比

3.076

3.357

変速比

1速 2.500/2速 1.687/3速 1.315/4速 1.110/5速 0.953/6速 0.825

1速 2.415/2速 1.529/3速 1.180/4速 1.042/5速 0.908/6速 0.806

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

47

チェーンサイズ

-

520

標準チェーンリンク数

-

116

フレーム型式

ダイヤモンド

セミダブルクレードル

キャスター角

24°20

25°10

トレール量 (mm)

96

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70R17

110/80-17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

57

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/60R17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

-

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
DCソケット 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

448,800円(消費税込み本体価格)
マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2、
マットブラックメタリックNo.2

602,640円(消費税抜き本体価格 558,000円)
パールネブラーブラック×ハイテックシルバーメタリック、
トリトンブルーメタリックNo.2
、パールネブラーブラック、
パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー

販売計画台数(国内・年間)

1,800台

-

生産国

インド

中国

 

ジクサー250とVストローム250の違いを比較

 

 

ジクサー250とVストローム250の違いを比較

 

 

Vストローム250は、GSR250系のエンジンだから低中速のパワーはあるけど上が回らないから気持ち良さがないし、巡航速度も低い。一方でジクサー250は、ショートストローク高回転型で滑らかに上まで回る。俺は、ジクサー250のエンジンの方が好き。

 

 

車重が35kgも違うから軽快さを取るならジクサー250。

 

 

荷物を積むならVストローム250の方が良いと思う。

 

 

ジクサー250は、軽くて軽快に走れるから街乗りからツーリングやスポーツ走行までこなせていろんな用途に使える。Vストローム250は、デカくて重いGSX250Rをさらにデカく重くした感じで、乗車姿勢が凄く楽で長距離ツーリングに向くけど、普段使いは得意とはいえない。

 

 

ジクサー250に乗った後でVストローム250に乗ると、この重さは、普段使いでは乗りたくないって思うかもしれないけど、乗ってたら慣れるよ。

 

 

用途次第だね。ジクサー250は、普段使いから中距離くらいまで気軽に乗れる。Vストローム250は、普段使いで気軽に乗れるって感じではない。もっと中距離長距離の広い道で走る用途で良さがでる。

 

 

2022年4月17日に東京の店で
GIXXER 250の新車のブルーの
車体価格が36.52万円
乗り出し価格が43.27万円

 

V-ストローム250 ABSの新車のブルーの
車体価格が53.9万円
乗り出し価格が57.68万円

 

ジクサー250とVストローム250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら