エリミネーター250Vとドラッグスター250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

エリミネーター250Vとドラッグスター250の違いを比較

 

カワサキ エリミネーター250Vの歴史

1998年1月に「エリミネーター250V」が新登場。型式は、BA-VN250A
これまで並列2気筒エンジンのエリミネーター250シリーズだったが、新設計の249ccV型2気筒エンジン「VN250AE」を搭載した「エリミネーター250V」が新発売。従来のドラッグレーサー(ドラッガー)コンセプトからクルーザースタイルに転換。車体色は、3色(メタリックブルーバイオレット、エボニー×ギャラクシーシルバー、メタリックシャンパンゴールド)。
1999年7月に1999年モデルを発売。
車体色は、2色(キャンディパーシモンレッド×エボニーorエボニー×パールコスミックグレー、メタリックシャンパンゴールド)。
2000年4月に2000年モデルを発売。
2001年1月に2001年モデルを発売。
車体色は、2色(エボニー×キャンディサンゴッドオレンジ、キャンディライトニングブルー×ギャラクシーシルバー)。
2002年2月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールミスティックブラック、ポーラホワイト)。
2003年12月にカラーチェンジ。
車体色にエボニーを採用。エンジン色とマフラーの色を一新。
2004年12月に2005年モデルを発売。
2004年モデルから変更無し。車体色は、エボニー。
2005年12月に2006年モデルを発売。
2005年モデルから変更無し。車体色は、エボニー。
2006年12月にカラーチェンジ。

車体色は、2色(エボニー、パッションレッド)。これが最終モデル。平成18年排出ガス規制が継続生産車に適用される2007年モデルをもって、インジェクション化されずにキャブ仕様のまま生産終了。

 

 

ヤマハ ドラッグスター250の歴史

2000年6月8日に「ドラッグスター250」が新登場。型式は、BA-VG02J
2000年6月にXV250ビラーゴの後継機種としてドラッグスター250が新発売。ニュークォーターアメリカンをテーマに製品化を図ったモデルで、大柄で機能美あふれる空冷エンジン、簡素で綺麗なフレーム、流麗なボリューム感ある外観などが特徴。1996年以降小型二輪(251cc以上)クラスで4年連続ベストセラーの400ccモデル「ドラッグスター400」の外観や技術的特徴を経済的な250ccに再現したモデル。車体色は、2色(ライトイエローイッシュグレーメタリック9、ブラック2)。
ビラーゴ250とドラッグスター250の違いの比較は、こちら。
ドラッグスター250とドラッグスター400の違いの比較は、こちら。
2001年4月9日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(シルキーホワイト、ブラック2)。
2002年3月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ブラック2)。
2004年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2005年2月25日にマイナーチェンジ。
新たにクリアレンズ仕様のフラッシャー(ウインカー)を採用。車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2006年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)。
2006年7月29日に特別仕様の「ドラッグスター250 10th Anniversary Special Edition」を発売。
ドラッグスター誕生10周年記念の受注期間限定モデル。「ブラック/ホワイト」の塗分けタンク、「ブラック/ブラウン」のツートンカラーシート、ゴールド仕上げエンブレム、真鍮製の10th Anniversaryエンブレム、ボディカラーとコーディネートした「ホワイト/ブラウン」のメーター文字盤、ブラックヘッドライトボディなど。

2007年2月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ダークバイオレットメタリックA、ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1)。
2008年5月30日にマイナーチェンジ。型式は、JBK-VG05J
エンジンのセッティングを大幅に見直し、酸化還元触媒付きのマフラーを装備させ、平成18年国内排出ガス規制に適合。幅広いライダーの体型に対応するハンドル&左右レバー形状を見直し。ホワイト&ブラウンカラーのメーターを採用。新型2-1タイプマフラーを採用。ブラックとブラウンのツートンシートを採用(ブラックを除く)などの仕様変更。車体色は、3色(ベリーダークオレンジメタリック1、ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
ドラッグスター250の「BA-VG02J」と「JBK-VG05J」の違いを比較は、こちら。
2010年12月17日にカラーチェンジ。
ブラックメタリックXのエンジン色をシルバーからブラックに変更。各色のピンストライプを変更。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
2012年3月14日に「ドラッグスター250 CLASSIC EDITION」を発売。
ツートンカラーの燃料タンク、前後フェンダー、サイドカバー、ホワイトの塗装を施したエアクリーナボックス、ブラウン色のシートにエンボス加工の「Drag Star」ロゴを採用。車体色は、1色(ニューホワイト)。
ドラッグスター250とクラシックの違いの比較は、こちら。
2013年2月14日にカラーチェンジ。
共通イメージの躍動感あるフレアパターングラフィックを織り込んだ。車体色は、2色(ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX)。
2015年1月20日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。
2016年3月1日にカラーチェンジ。
新色は「ブルーイッシュホワイトパール1」で、ドラッグスター誕生20年を記念したラインナップ。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトパール1、マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。

2017年にメーカーより生産終了が公表。

 

 

ここでは、
2000年4月発売のカワサキ エリミネーター250V (型式 BA-VN250A)と
2000年6月8日発売のヤマハ ドラッグスター250(型式 BA-VG02J)
の違いを比較しました。

 

 

エリミネーター250Vとドラッグスター250のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

エリミネーター250V

ドラッグスター250

モデルチェンジ区分

-

新登場

型式

BA-VN250A

BA-VG02J

発売日

2000年4月

2000年6月8日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2355

2320

全幅 (mm)

775

915

全高 (mm)

1075

1075

ホイールベース (mm)

1620

1530

最低地上高(mm)

150

150

シート高 (mm)

690

670

乾燥重量 (kg)

171

147

車両重量 (kg)

186

159

最小回転半径(m)

3

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

33

51

原動機型式

VN250AE

G604E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

-

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

249

248

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

62

49

行程(ピストンストローク)(mm)

41.4

66

圧縮比(:1)

12

10

最高出力(kW)

26

17

最高出力(PS)

35

23

最高出力回転数(rpm)

12500

8000

最大トルク(N・m)

24

22

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.2

最大トルク回転数(rpm)

9500

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

KEIHIN CVKR32×2

BDS26

燃料タンク容量 (L)

13

11

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.2

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

429

561

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

GT6B-3

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.1

1.75

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.5

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

1.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.44

3.13

2次減速比

2.933

2.8

変速比

1速 2.857/2速 1.842/3速 1.409/4速 1.159/5速 1.037/6速 0.927

1速 2.641/2速 1.684/3速 1.259/4速 1.000/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

20

スプロケット歯数・後

44

56

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

116

146

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

35°00

35°00

トレール量 (mm)

134

135

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

120/80-17

80/100-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

61

47

タイヤ(前)速度記号

S

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

160/80-15

130/90-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

74

66

タイヤ(後)速度記号

S

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

1.6

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W ×1

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

549,000円

499,000円(消費税抜き本体価格)
ライトイエローイッシュグレーメタリック9(ブラウン)、
ブラック2(ブラック)

販売計画台数(国内・年間)

-

3,000台

 

エリミネーター250Vとドラッグスター250の違いを比較

 

エリミネーター250Vとドラッグスター250の違いを比較

 

 

俺は、エリミネーター250Vに乗ってるけど、アメリカンに乗りたくてこれ買ったわけじゃない。ただエリミネーター250Vに惹かれたから。アメリカンっぽいって理由で買うならドラッグスター250とかスティードとか他にもいっぱいアメリカンっぽいやつあるし。

 

 

ボリュームならドラッグスター250。
走りならエリミネーター250V。

 

 

ドラッグスター250は、1〜2年で物足りなくなって400に乗り換える人も結構いるっ店の人が言ってた。エリミネーター250Vは、250の中ではパワーあるからそう思わせない。

 

 

俺は、エリミネーター250V乗りだけど、友達のドラッグスター250を借りて一回だけ乗ったことあるけど、エリミネーター250Vの方が全然速くて、一回り大きい。でもドラッグスター250と比べたら車高高い上に音がアメリカンじゃないので、初めての人は、戸惑うかも。燃費も悪いし、パーツも泣けるくらい少ない。

 

 

俺は、アメリカンっぽいドラッグスター250の方が好き。エリミネーター250Vは、ステップの位置やマフラー音や燃費の悪さや水冷だったりと引っかかるとこが多すぎ。

 

 

スペックでは、大きさはたいして変わらないけど、エリミネーター250Vの見た目は、かなりデカいね。

 

 

ドラッグスター250乗りだけど、前輪の細さが気になって、そんな時に初めてエリミネーター250Vを見てこれ欲しいって思った。エンジンかけるとドラッグスター250の方がアメリカンっぽい雰囲気。でもノーマルだとドコドコ感は3速発進、即5速巡航でもしない限り味わえない。それならデカく見えてカッコ良くて速く走れるエリミネーター250Vの方がいい気がしてきた。ちなみにドラッグスター250で高速走るとスピードは頑張って120km/hくらいだし、前輪が跳ねまくる。

 

 

俺もエリミネーター250Vに乗ってるけど、初めは外見からアメリカンと思ってたけど外見に慣れるとアメリカンを意識したこと無い。エンジン音もヒュイーンだし、回せば回すほどトルクが上がってくるからついスピードを出してしまう。でもそこがエリミネーター250Vならではの気に入ってるところ。ちなみにエリミネーター250Vをアメリカンって思うことは、カーブでステップを擦った時や狭い路地で取り回しで苦労した時とか、ネガティブな部分だけ。

 

 

俺がエリミネーター250V乗ってて、知り合いがドラッグスター250に乗ってて、交換してみたけど、ドラッグスター250の方がエンジンが断然かかりやすかった。俺のエリミネーター250Vは、最近一発じゃかからない。あとドラッグスター250は、アメリカンって感じをいろんな部分で感じる。マフラーの音もエリミネーター250Vよりアメリカンっぽいね。パワーでは、エリミネーター250Vの方がアクセルを回したとき引っ張られる感じがある。何よりフィーリングがバイクって感じで好き。

 

エリミネーター250Vとドラッグスター250の買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら