NINJA1000とNINJA1000SXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA1000とNINJA1000SXの違いを比較

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に「NINJA1000」が新登場。
Z1000(3代目)がベースだがフルフェアリングを持ちSSとツアラーの機能を持たせたオートバイ。 エンジン、フレーム、足回りはZ1000と共通、フェアリングには角度調整式のウインドウスクリーンを採用。ABS搭載モデルも発売。海外市場専用モデルだが日本国内でも「逆輸入」で販売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月にフルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月にマイナーチェンジ。
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

カワサキ NINJA1000SXの歴史

2020年4月4日に「NINJA1000SX」が新登場。型式は、2BL-ZXT02K
NINJA1000SXは、NINJA1000をよりツアラーとしての機能を追求するかたちでモデルチェンジ。エンジンは、前のモデルから受け継ぎつつも、欧州のユーロ5へ適合。デザインは、一新された。マフラーは、コンベンショナルな右側1本スタイルに変更。シートの形状がよりツアラー向きに変更。工具なしで高さ調整可能なウインドスクリーン、グリップヒーター、クルーズコントロール、クイックシフター、DC電源ソケット、ヘルメットロック、ETC2.0車載器など装備。灯火類は全てLED化。メーターは、4.3インチTFTカラー液晶。タイヤは、ブリヂストンのバトラックス・ハイパースポーツS22を採用。車体色は、3色(メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック、エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー、パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー)。
2020年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック、メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック)。

 

 

ここでは、
2018年8月1日発売のカワサキ Ninja1000(型式 2BL-ZXT00W)と
2020年4月4日発売のカワサキ Ninja1000SX(型式 2BL-ZXT02K)
の違いを比較しました。

 

 

NINJA1000とNINJA1000SXのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 1000

Ninja 1000 SX

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BL-ZXT00W

2BL-ZXT02K

発売日

2018年8月1日

2020年4月4日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2100

全幅 (mm)

790

830

全高 (mm)

1185

1190

ホイールベース (mm)

1440

1440

最低地上高(mm)

130

135

シート高 (mm)

815

820

車両重量 (kg)

235

236

最小回転半径(m)

3.1

3.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

23

23

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

17.5

17.5

原動機型式

ZRT00DE

ZXT02KE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1043

1043

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

56

56

圧縮比(:1)

11.8

11.8

最高出力(kW)

104

104

最高出力(PS)

141

141

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

111

111

最大トルク(kgf・m)

11.3

11.3

最大トルク回転数(rpm)

7300

8000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

19

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

437

437

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.2

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.8

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.627

1.627

2次減速比

2.733

2.733

変速比

1速 2.599/2速 1.950/3速 1.600/4速 1.388/5速 1.238/6速 1.106

1速 2.599/2速 1.950/3速 1.600/4速 1.388/5速 1.238/6速 1.106

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24.5°

24°

トレール量 (mm)

102

98

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

-

41

フロントホイールトラベル(mm)

-

120

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

-

144

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
グリップヒーター 有
ETC 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,274,400円(本体価格1,180,000円、消費税94,400円)
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、
メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー

1,485,000円(本体価格1,350,000円、消費税135,000円)
メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック、
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー、
パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー

 

NINJA1000とNINJA1000SXの違いを比較
NINJA1000とNINJA1000SXの外観のサイドの違いを比較

 

左がNINJA1000  右がNINJA1000SX
NINJA1000とNINJA1000SXの装備の違いを比較

NINJA1000とNINJA1000SXの違いを比較

 

 

スポーツツアラーモデルとして人気の「Ninja 1000」の後継機で、そのスポーツツアラーとしての性能を進化させたのが後継の「Ninja 1000SX」。

 

 

NINJA1000SXになっての主な変更点

 

  • 全灯LEDを採用したよりスポーティ、よりダイナミックなスタイリングとなった。
  •  

  • NINJA1000から引き続き、1043ccの水冷DOHC4バルブ並列4気筒だったが、NINJA1000SXでは、1番と4番の吸気ファンネル(4気筒のうちの両端2気筒)が、2番と3番よりも45mm短くなるなどの変更をして欧州のユーロ5へ適合。レッドゾーンまでの全回転域で強力なパワー、スロットルレスポンスを発揮する優れたパフォーマンスを維持しながらも、クリーンな排出ガスを実現。
  •  

  • マフラーは、コンベンショナルな右側1本スタイルに変更された。NINJA1000の時は、左右出しだった。
  •  

  • シールドの形状変更によってウインドプロテクション性能がさらに高められた。整流効果やライダーの好みに合わせて4段階の角度調整を可能(従来は、3段階)。調整には工具不要でインストゥルメントパネル下部にあるリリースボタンを押して手動で調整できる。
  •  

  • フロントシートには、反発性と形状保持性が高い高密度のウレタンクッション素材を採用し快適性を高めた。シート高は820mm(従来モデルは810mm)で、足つき性も考慮した形状。
  •  

  • OEMタイヤは、軽快で高いグリップ性能を発揮するブリジストン社製BATTLAX HYPERSPORT S22タイヤを採用(従来モデルは、BATTLAX HYPERSPORT S20)
  •  

  • さまざまな車両情報を表示する4.3インチフルデジタルTFT カラー液晶スクリーンを搭載したインストゥルメントパネルを採用。
  •  

  • KTRC(カワサキトラクションコントロール)、パワーモード、それらを一元的に管理するインテグレーテッドライディングモードを採用。
  •  

  • クラッチ操作なしでシフトチェンジを可能にするKQS(カワサキクイックシフター)を標準装備。
  •  

  • 設定したスピードでの巡航を可能にするエレクトロニッククルーズコントロールを標準装備。
  •  

  • Bluetoothでつながるスマートフォン接続機能を追加。専用のスマートフォンアプリ「RIDEOLOGY THE APP」を使用することで、スマートフォンとの相互通信が可能。各システムのモード設定、ライディングログの記録などの多くのインタラクティブな機能を実現。
  •  

  • ETC2.0車載器キットを標準装備(従来モデルは、ETC1.0車載器キット)。
  •  

  • グリップヒーターを標準装備(従来モデルはオプションで、グリップヒーターキットのメーカー希望小売価格 31,130円、取付時間 1.1H)。
  •  

  • DC電源ソケットを標準装備(従来モデルはオプションで、DC電源ソケットのメーカー希望小売価格 8,019円、取付時間 0.3H)。
  •  

  • ヘルメットロックを標準装備。

 

 

「NINJA1000」のメーター

  • デジタルスピードメーター
  • ギヤポジションインジケーター
  • シフトアップインジケーター
  • オドメーター
  • デュアルトリップメーター
  • 航続可能距離
  • 瞬間/平均燃費
  • 外気温度
  • 水温
  • 時計
  • エコノミカルライディングインジケーター
  • IMUインジケーター
  • KIBSインジケーター

など

 

 

「NINJA1000SX」のメーター

  • デジタルスピードメーター
  • デジタルバースタイルタコメーター
  • ギヤポジションインジケーター
  • シフトアップインジケーターランプ
  • 燃料計
  • オドメーター
  • デュアルトリップメーター
  • 瞬間/平均燃費
  • 航続可能距離
  • 平均速度
  • アワーメーター
  • 水温
  • 時計
  • 電圧計
  • カワサキサービスリマインダー
  • オイル交換リマインダー
  • Bluetooth インジケーター
  • スマートフォン電話着信/メール着信
  • エコノミカルライディングインジケーター

など

 

 

NINJA1000とNINJA1000SXの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら