トリッカーとKLX250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーとKLX250の違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lとなる。
シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

カワサキ KLX250の歴史

1998年2月に「KLX250」が新登場。型式は、LX250E
車体色は、ライムグリーンの1色。
1999年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2001年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
二次エア導入システムなどで構成されるカワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。平成11年排出ガス規制をクリア。一次減速比も変更。車体色は、ライムグリーンの1色。
2002年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2003年2月にカラーチェンジとバッテリーを変更。
カラーチェンジと標準搭載バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更。車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。
2004年4月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。2004年モデルから、生産がカワサキモータースエンタープライズタイランド(タイカワサキ)に移管された。
2004年12月にマイナーチェンジ。
シュラウドやメーターバイザーのデザインを変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2005年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。

2006年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2008年4月にフルモデルチェンジ。型式は、KLX250S8F
平成19年度排ガス規制に対応。フューエルインジェクションを装備し、中回転域のセッティングを変更。車体デザインを大幅に見直し、フロント部にデジタルメーターを搭載。前年モデルまでのオフロードバイクらしいスクエアヘッドライトからV字形状の2灯式に変更し、外観イメージが一新。ここでKLX250のモタードモデル、Dトラッカーは、DトラッカーXに車名を変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2007年モデルKLX250(キャブレーター)と2008年モデルKLX250(インジェクション)の違いを比較
2009年2月にマイナーチェンジ。
一部仕様を変更して、価格変更した。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2009年12月にカラーチェンジ。型式は、JBK-LX250S
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2010年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2011年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ファイアクラッカーレッド)の設定。
2012年11月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年7月1日にカラーチェンジ。

車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2015年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2016年5月15日に 特別・限定仕様「KLX250 Final Edition」。
KLX250シリーズの最後のスペシャルカラーモデル。90年代前半のオフロードバイクっぽいカラーリング、ボディ同色のフレーム、紫のシートなどを採用。車体色は、ライムグリーン。
2016年に発表されたファイナルエディションをもって日本向け仕様は、生産終了。

 

 

ここでは、まず最初に
2004年3月発売のヤマハ トリッカー(BA-DG10J)と
2004年4月発売のカワサキ KLX250(BA-LX250E)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカーXG250

KLX250

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売日

2004年3月

2004年4月

型式

BA-DG10J

BA-LX250E

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2135

全幅 (mm)

800

885

全高 (mm)

1145

1210

軸間距離 (mm)

1330

1435

最低地上高 (mm)

280

295

シート高 (mm)

790

885

乾燥重量 (kg)

111

117

車両重量 (kg)

120

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

72

行程(ピストンストローク)(mm)

58

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

16

21

最高出力(PS)

21

29

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

21

25

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

6

7.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.8

2次減速比

3

3

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

26°50

トレール量 (mm)

92

107

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-19

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

トリッカー(BA-DG10J)とKLX250(BA-LX250E)の比較

 

トリッカー(BA-DG10J)とKLX250(BA-LX250E)の比較の口コミ

 

 

 

2006年3月時点

 

●ヤマハ トリッカー
パワー C 積載性 D タンデム D
足付き A 街乗り A オフ走破性 C
A=超凄い B=凄い C=250単気筒平均 D=苦手 E=超苦手

 

●カワサキ KLX250
パワー A 積載性 B タンデム C
足付き E 街乗り C オフ走破性 A

 

 

KLX250とトリッカーを比べると、走ってる時のパワー感は、トリッカーの方がある。実際は、パワーないけど中低速のトルクがあるし、6000回転ぐらいまで程良い加速感を伴って回る。KLX250のパワー感は、トリッカー程じゃないけど、実際の速度は、KLX250の方が出てる。サスペンションは、KLX250のがアスファルトでも林道でも上。サスの長さや径も違うから仕方ない。

 

 

俺のトリッカーと友達のKLX250でツーリング行ったけど、給油タイミングは、ほとんど同じだったよ。

 

一応全車乗って見た印象。※2006年3月時点
A=超凄い B=凄い C=250単気筒平均 D=苦手 E=超苦手

 

●ヤマハ トリッカー
林道高速走行 E(全体的にセローみたいな感じだった。ホイールが小さいからかな。ガレたコーナーが怖かった。)
オフ含むロングツーリング E(タンク容量と搭載能力が低い)
アタック・トレック D(車体が重く、ホイールの大きさで走破性がいまひとつ。沢とかのガレ・ゲロが特に弱い。)
トライアルごっこ C(ハンドル切角度、車体が重く、リアが重い)
形が個性的でカッコイイ。街乗りでは良いがオフで使うのは、いまひとつ。

 

●カワサキ KLX250
林道高速走行 B(思ったよりサスがついてこない、エンジンパワー不足)
オフ含むロングツーリング C(足つきとかいろいろ疲れる)
アタック・トレック D(足つき+サスがついてこない感じ)
トライアルごっこ E(取り回しが大変)
カッコイイけど、全体的にパワー不足。

 

※アタック・トレックはエンデューロ的な走行でトライアルごっこはそのまま。

 

 

 

 

次に、
2008年1月発売のヤマハ トリッカー(JBK-DG16J)と
2008年4月発売のカワサキ KLX250(KLX250S8F)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカーXG250

KLX250

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2008年1月

2008年4月

型式

JBK-DG16J

KLX250S8F

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2200

全幅 (mm)

800

820

全高 (mm)

1145

1190

軸間距離 (mm)

1330

1430

最低地上高 (mm)

280

285

シート高 (mm)

810

890

乾燥重量 (kg)

117

127

車両重量 (kg)

125

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

72

行程(ピストンストローク)(mm)

58

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

16

18

最高出力(PS)

21

24

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

19

21

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.8

2次減速比

3

3

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

26°30

トレール量 (mm)

92

105

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-19

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

 

トリッカー(JBK-DG16J)とKLX250(KLX250S8F)の比較

 

トリッカー(JBK-DG16J)とKLX250(KLX250S8F)の比較の口コミ

 

 

身長171cm、体重72kgで2008年式のKLX250に跨ってきたけど、バレリーナ状態だった。柔らかいサスと低シート高のトリッカー乗ってる自分には、新鮮だった。

 

 

トリッカーとKLX250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら