バンディット400とバンディット400リミテッドの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バンディット400とバンディット400リミテッドの違いを比較

 

スズキ バンディット400の歴史

1989年6月に「バンディット400」が新登場。型式は、GK75A
フロントフォークアウターが濃い茶色。ブラックとレッドのみホイールが白。燃料コックは、「ON」,「RES」,「PRI」の3ポジション。燃料計は、装備されてないセパレートハンドル仕様車。車体色は、3色(ブラック、マーブルピュアーレッド、プロシアブルーメタリック×トラディショナルシルバーメタリック)。
1990年6月に「バンディット400」をマイナーチェンジ。
パイプハンドル仕様車(アップポジションのバーハンドル)が追加された。車体色は、1色(ブラック)。ホイールが金色。フロントフォークアウターが銀色。
1991年6月に「バンディット400V」をタイプ追加。
可変バルブタイミング機構を備えたVCエンジン搭載モデルが加わった。セパレートハンドル仕様車。エンジンヘッドカバー、前後ブレーキディスク内側が赤色。ホイール・フロントフォークアウターが黒。車体色は、2色(パールノベルティブラック、キャンディアンタレスレッド×ブラウン)。
バンディット400とバンディット400Vの違いの比較は、こちら。
1992年10月に「バンディット400V」にマイナーチェンジ。
可変バルブタイミング機構を備えたVCエンジン搭載モデルの最高出力は、この年からメーカ自主規制値変更に伴い59psから53psへダウン。(まずVCのみ・Limitedは除く)。コンチネンタルハンドル仕様は、パイプハンドル仕様(GSF400NK)よりハンドルの高さが低くなった。ホイールが銀色。ヘッドライト常時点灯化によりOFFスイッチがなくなった。ヘッドライト内部のポジションバルブがなくなった。車体色は、3色(ブラック、パールノベルティブラック×ブライトシルバーメタリック、キャンディアンタレスレッド×ブラウン)。全車ともホイールは黒色。
1992年11月に「バンディット400」をマイナーチェンジ。
400ccクラスにおけるエンジン出力の自主規制値が、これまでの59psから53psにおさえられたことにより、バンディット400も53sとなった。(Limitedを除く非VCモデル)。コンチネンタルハンドル仕様は、パイプハン仕様(GSF400NK)よりハンドルの高さが低くなった。ホイールが銀色。ヘッドライト常時点灯化によりOFFスイッチがなくなった。ヘッドライト内部のポジションバルブがなくなった。車体色は、セパレートハンドル仕様車は、3色(ブラック、ルージュレッド、トライアルグリーンメタリック)。コンチネンタルハンドル仕様は、2色(ブラック、キャンディスターリットブルーメタリック)。
1993年11月に「バンディット400V」をマイナーチェンジ。
メーターパネルが黒地。セパレートハンドル仕様車。車体色は、2色(パールノベルティブラック×ブラック、キャンディアンタレスレッド×ブラック)。フレームはボディと別色塗装(黒はボディとフレームの色味が異なっている)。全車ともホイールは黒色。
1995年2月に「バンディット400」と「バンディット400V」をフルモデルチェンジ。型式は、GK7AA
初のフルモデルチェンジ。「バンディット400」と「バンディット400V」の共通の変更点は、ラジアルタイヤを採用。スイングアームはアルミ製の新作。全車セパレートハンドルになった。燃料コックは「ON」と「RES」の2ポジションになった。アナログ式燃料計が装備された。タンクにステッカーで「SUZUKI」。「バンディット400V」の外見上の特徴は、エンジンヘッドカバー、前後ブレーキディスク内側が赤色。車体色は、バンディット400が4色(パールノベルティブラック、マーブルイタリアンレッド、ディープパープルメタリック、キャンディーアカデミーマルーン)。バンディット400Vが3色(パールノベルティブラック、マーブルイタリアンレッド、ディープパープルメタリック)。
バンディット400の「GK75A」と「GK7AA」の違いの比較は、こちら。

1996年2月に「バンディット400V」をカラーチェンジ。
ハンドルはセパレートタイプ。車体色は、3色(パールノベルティブラック、キャンディアンタレスレッド、マーブルイタリアンレッド)。VC無しの「バンディット400」がラインナップから消えた。
1997年2月に「バンディット400V」をマイナーチェンジ。また「バンディット400VZ」をタイプ追加。
マイナーチェンジでは、タンクに「Bandit」の樹脂製エンブレム。サイドカバーの銀色部分がメッキに。ハンドルスイッチ部のデザインが丸みをおびてたものに。クラッチを握らないとスターターが作動しなくなった。ハンドルはセパレートタイプ。車体色は、3色(パールノベルティブラック、フラッシュシルバーメタリック、マーブルイタリアンレッド)。
「バンディット400VZ」は、専用のビキニカウル(メーターバイザー)を装備したバリエーションを追加。可変バルブタイミング機構付きのVCエンジンを搭載。ゴールドチェーンを装備。ハンドルはセパレートタイプ。車体色は、4色(パールノベルティブラック、フラッシュシルバーメタリック、マーブルイタリアンレッド、マーブルアステカオレンジ×パールノベルティブラック)。
バンディット400Vとバンディット400VZの違いの比較は、こちら。
2000年に生産終了。

 

 

スズキ バンディット400リミテッドの歴史

1990年11月に「バンディット400リミテッド」が新登場。型式は、GK75A
スズキ創立70周年記念仕様車として発売された。ハーフタイプのロケットカウルを装備。フレームマウントメーター。アナログ式水温計を装備。フロントフォーク・プリロード調整/リアサス・減衰力調整機構つき。タンクに「SEVENTIETH ANNIVERSARY」の記念ステッカー(初期ロットのみ?)。ハンドルはセパレートタイプ。トリムラインによるツートンカラー。車体色は、2色(ブラック×マルーン×ブライトシルバーメタリック、トラディショナルシルバーメタリック×ブルーメタリック×キャンディースターリットブルーメタリック)。ホイールは黒色。フロントフォークアウターが銀色。
1991年8月に「バンディット400リミテッド」をカラーチェンジ。
ハンドルはセパレートタイプ。車体色は、1色(ブラック×マルーン×ブライトシルバーメタリック)。ベースカラーとトリムカラーのツートーン。ホイールは黒色。
1993年3月に「バンディット400リミテッド V」をマイナーチェンジ。
400ccクラスののエンジン出力に関するメーカー自主規制値が、59psから53psに引き下げられた(92年)のを受けて、バンディット400リミテッドにVCエンジン搭載モデルをラインナップ。可変バルブ機構によるメリットで、最高出力の抑制を感じさせないエンジンフィールを求めた。また、ギア比も変更されていた。ホイールが黒色。ヘッドライト常時点灯化によりOFFスイッチがなくなった。ヘッドライト内部のポジションバルブがなくなった。ハンドルはセパレートタイプ。車体色は、1色(ブラック×マルーン×ブライトシルバーメタリック)。ベースカラーとトリムカラーのツートーン。

 

 

ここでは、
1989年6月発売のスズキ バンディット400(型式 GK75A)と
1990年11月発売のスズキ バンディット400リミテッド(型式 GK75A)
の違いを比較しました。

 

 

バンディット400とバンディット400リミテッドのスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

バンディット400

バンディット400リミテッド

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

GK75A

GK75A

発売日

1989年6月

1990年11月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2055

全幅 (mm)

705

750

全高 (mm)

1060

1140

ホイールベース (mm)

1430

1430

最低地上高(mm)

155

155

車両重量 (kg)

188

188

乗車定員(名)

2

2

原動機型式

K707

K707

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

398

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

56

56

行程(ピストンストローク)(mm)

40.4

40.4

圧縮比(:1)

11.8

11.8

最高出力(PS)

59

59

最高出力回転数(rpm)

12000

12000

最大トルク(kgf・m)

3.9

3.9

最大トルク回転数(rpm)

10500

10000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CR7EK

点火プラグ必要本数・合計

4

4

バッテリー容量

12V-8Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

3.2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.954

1.954

2次減速比

3.357

3.357

変速比

1速 3.362/2速 2.306/3速 1.750/4速 1.437/5速 1.250/6速 1.149

1速 3.362/2速 2.306/3速 1.750/4速 1.437/5速 1.250/6速 1.149

動力伝達方式

チェーン

チェーン

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

25°30

トレール量 (mm)

100

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-17

150/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライト定格(Hi)

100W/90W

100W/90W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

エンジン回転計 有

エンジン回転計 有

 

バンディット400とバンディット400リミテッドの違いを比較

 

バンディット400とバンディット400リミテッドの違いと比較の口コミ

 

 

1989年6月に「バンディット400」が新発売された。特徴的なパイプフレームに、GSX-R400系の水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブユニットエンジンを搭載したスポーツネイキッドでセパレートハンドル仕様車だった。

 

1990年7月に「バンディット400」のパイプハンドル仕様車が追加された。これは、アップポジションのバーハンドル仕様。

 

1990年11月には、「バンディット400リミテッド」が発売された。「バンディット400リミテッド」は、1989年6月に新発売された「バンディット400」をベースとした派生モデルで、基本構成は「バンディット400」と同じだが「バンディット400リミテッド」の特徴として1960年代レーサー風のロケットカウルが標準装備された。ハンドルはセパレートタイプだった。

 

1991年6月には、可変バルブタイミング機構をっ備えたVCエンジン搭載の「バンディット400V」が発売された。セパレートハンドル仕様車。

 

1992年10月には、当時のメーカー自主規制値が変更されたことによって最高出力が59ps→53psに下がった。出力は、抑えられたが、中低速重視のセッティングや6速ミッションのギア比変更で対応。セパレートハンドル仕様車。

 

1993年3月には、「バンディット400リミテッド」にもVCエンジン搭載の「バンディット400リミテッド V」が発売された。

 

1995年2月には、「バンディット400」と「バンディット400V」がフルモデルチェンジされ、第2世代モデルGK7AA系となった。先代のGK75Aからほぼ全ての外装が変更され、スイングアームなどがアルミ製にとなり10kg程軽量化された。またシート下のスペースが設けられた。VCエンジン搭載モデルは、可変バルブタイミング機構の仕様が変更された。ハンドルはセパレートタイプ。なお第2世代モデルGK7AA系では、ハーフカウル仕様のリミテッドは発売されなかった。

 

バンディット400シリーズ末期の1997年2月には、ビキニカウル(メーターバイザー)を装備した「バンディット400VZ」(VCエンジン搭載モデルのみ)も発売された。ハンドルはセパレートタイプ。

 

新しい排出ガス規制が始まることになっていたので1997年モデルで生産終了となった。

 

 

バンテッド400LTDの実物見てきたけど、
ロケットカウルは、めっちゃかっこいいね。

 

 

バンディット400リミテッドを買うけど、普通のバンディットと違って砲弾メーターじゃないんだね。カウル付だからしょうがないけど。

 

 

初期型バンディット400LTDは、鍵もオリジナルである事が重要なポイント。俺は、FRPカウルにスズキ70周年アニバーサリーステッカーと鍵が欲しくて無印バンテッド400からバンテッド400LTDに乗り換えた。

 

 

バンテッド400LTDが欲しい。昔は、特になんとも思わなかったけど、今見るとレトロでめっちゃカッコいい。

 

 

2017年4月にたまたま見かけたバンテッド400LTDに一目惚れして、バイク屋に探してもらって半年経過したけど物が出ないらしい。Gooバイクを見ても同じ物が掲載され続けてるだけ。

 

バンディット400とバンディット400リミテッドの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら