CB250RとNINJA250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB250RとNINJA250の違いを比較

 

ホンダ CB250Rの歴史

2018年5月22日に「CB250R」と「CB250R ABS」が新登場。型式は、2BK-MC52
CB300Rをベースに排気量を249ccに落とした国内向け軽二輪モデルでMC43型CB250Fの実質的なフルモデルチェンジ車。車体色は、3色(ブラック、キャンディークロモスフィアレッド、マットクリプトンシルバーメタリック)の設定。
2019年4月19日に「CB250R」をマイナーチェンジして発売。
足つき性を向上させるため、メインステップバーの形状と前後サスを変更。また前モデルで新採用された急制動時の後輪の浮き上がりを抑制する「IMU」(車体姿勢推定システム)付ABSを全車に標準装備。車体色は、新色のマットパールアジャイルブルーを追加。従来色の3色とあわせて全4色の設定。全色ともフロントフォークのアウターをブロンズ色とした。また、マットパールアジャイルブルーとキャンディークロモスフィアレッドは、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラックとし、前後ホイールはブラウンを採用。
CB250Rの2019年4月19日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

カワサキ Ninja250の歴史

2013年2月1日に「Ninja250」が新登場。型式は、JBK-EX250L
2008年から発売のNinja250Rをフルモデルチェンジして発売。デザインがよりシャープとなり、車名を「Ninja250」に変更。スタンダードモデル、グラフィックモデルのスペシャルエディション、ABSを搭載したABSスペシャルエディションの3タイプの設定。「Ninja250 Special Edition」は、2013年モデルのスペシャルカラーバージョン。スタンダードが単色なのに対し、グラフィックを設定。「Ninja250 ABS Special Edition」は、ABSを搭載し、ABS無しのスペシャルエディションと異なるカラー&グラフィックを設定。タイで日本向けに生産。
Ninja250とNinja250Rの違いを比較は、こちら。
2013年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
この年から燃費にWMTCモード値が併記された。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、エボニー)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディバーントオレンジ×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(ライムグリーン×エボニー、パールスターダストホワイト×エボニー)。このモデルより日本及び北米・ブラジル仕様車の生産を順次日本へ移管。
2014年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をマイナーチェンジして発売。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、パールスターダストホワイト)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(メタリックムーンダストグレー×エボニー、ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。
2015年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
カラーリングの変更とメーターパネルのデザインを変更。車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックカーボングレー、キャンディバーントオレンジ)。「Ninja250 Special Edition」が1色(ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレー)。
2015年11月15日に特別限定仕様のNinja 250 ABS KRT Editionを発売。
2015年のワールドスーパーバイク選手権シリーズで、KRT所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンになったのを記念し設定。カラーリングのモチーフは、スーパーバイク選手権の2016年シーズン用マシンのニンジャZX-10R。ABS搭載モデル。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2016年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 ABS Special Edition」と「Ninja250 ABS KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、キャンディプラズマブルー)。「Ninja250 ABS KRT Edition」が1色(ライムグリーン×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック)。
2016年11月1日に「Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition」をカラーチェンジして発売。
従来のNinja250のバイアスタイヤから前後共にラジアルタイヤに変更。フロントホイールリムを2.75インチから3インチに拡大。リアタイヤを140mmから150mmまで拡大。スモークタイプとなったスクリーンも、スタンダードタイプよりも高くなった。ABS搭載モデルで限定600台で販売。車体色は、1色(フラットエボニー)。
2018年2月1日に「Ninja250」がフルモデルチェンジして発売。「Ninja250 KRT Edition」も発売。型式は、2BK-EX250P

ボディデザインは、同時代のニンジャZX-10Rと同様のテイストで、トレリスフレームなどはニンジャH2をイメージさせる。エンジンは、248cc水冷並列2気筒でレイアウトが同じだが出力が31psから37psに。ABSは標準装備となり、車名から「ABS」の表記がなくなる。アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなども装備。車体色は、2色(キャンディプラズマブルー、パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック)。「Ninja250 KRT Edition」は、2018年モデルで一新されたNinja250をベースにしたKRTカラーバージョン。車体色は、ライムグリーン×エボニー。
NINJA250のJBK-EX250Lと2BK-EX250Pの違いを比較はこちら。
2019年1月15日に「Ninja250」をカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、メタリックファントムシルバー×メタリックスパークブラック)。ABSは標準装備。
2019年9月1日「Ninja250」と「Ninja250 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレーとパールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック)。「Ninja250 KRT Edition」は、ライムグリーン×エボニーの1色。
2020年12月1日「Ninja250」と「Ninja250 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja250」がメタリックカーボングレーの1色。「Ninja250 KRT Edition」がライムグリーン×エボニーの1色。
2021年9月24日に「Ninja250」をカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(キャンディパーシモンレッド×メタリックグラファイトグレー、メタリックカーボングレー×メタリックフラットスパークブラック)。

 

 

ここでは、
2018年5月22日発売のホンダ CB250R(型式 2BK-MC52)と
2018年2月1日発売のカワサキ Ninja250(型式 2BK-EX250P)
の違いを比較しました。

 

 

CB250R(型式 2BK-MC52)とNinja250(型式 2BK-EX250P)のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CB250R ABS

Ninja250

モデルチェンジ区分

新登場

フルモデルチェンジ

型式

2BK-MC52

2BK-EX250P

発売日

2018年5月22日

2018年2月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2020

1990

全幅 (mm)

805

710

全高 (mm)

1050

1125

ホイールベース (mm)

1355

1370

最低地上高(mm)

151

145

シート高 (mm)

800

795

車両重量 (kg)

144

166

最小回転半径(m)

2.3

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

44.5

37

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

33.7

26.2

原動機型式

MC52E

EX250PE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

248

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

76

62

行程(ピストンストローク)(mm)

55

41.2

圧縮比(:1)

10.7

11.6

最高出力(kW)

20

27

最高出力(PS)

27

37

最高出力回転数(rpm)

9000

12500

最大トルク(N・m)

23

23

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

8000

10000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

10

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

445

518

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SIMR8A9

SILMAR9B9

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTZ8V

FTX9-BS

バッテリー容量

12V-7Ah(10HR)

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.8

2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.4

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.5

1.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.807

3.068

2次減速比

2.571

2.857

変速比

1速 3.415/2速 2.250/3速 1.649/4速 1.350/5速 1.166/6速 1.037

1速 2.769/2速 1.894/3速 1.500/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.959

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

36

40

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

ダイヤモンド

トレリス

キャスター角

24°44

24.3°

トレール量 (mm)

93

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

41

フロントホイールトラベル(mm)

-

120

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

-

130

タイヤ(前)

110/70R17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/60R17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

554,040円(消費税抜き本体価格 513,000円)
ブラック、
キャンディークロモスフィアレッド、
マットクリプトンシルバーメタリック

629,640円(本体価格583,000円、消費税46,640円)キャンディプラズマブルー(BU1)
640,440円(本体価格593,000円、消費税47,440円)パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック(RD2)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計4,600台(「CB250R」と「CB250R ABS」の合計)
ホンダ CB250Rの年間販売計画台数の推移は、こちら。

カワサキ Ninja250の年間販売台数の推移は、こちら。

生産国

タイ

タイ

 

CB250RとNINJA250の違いを比較

 

CB250RとNINJA250の違いを比較

 

 

CB250Rは、低回転からトルクあって凄く乗りやすくていいバイク。でもおもしろくない。知り合いのNinja250に乗らせてもらったら、高回転の伸びと盛り上がりが凄く気持ち良かった。

 

 

Ninja250は、速さや伸び感を楽しむバイク。
CB250Rは、街中での瞬発感とか軽快感を楽しむバイク。

 

 

外観だけならNinja250よりCB250Rの方が上だな。

 

 

Ninja250からCB250Rに乗り換えたが、ライトの光軸が低い。ハイビームにしてやっとNinja250のローくらいだから対向車が来てローにしてる時は、10メートルくらいしか照らせず怖い。

 

 

各車ウェイトレシオ
CB250R 5.33(300R 4.61)
Ninja250 4.49

 

 

CB250R 144kg 27ps 23N・m(2.3kgf・m)
Ninja250 166kg 37ps 23N・m(2.3kgf・m)

 

 

女性ライダーには、CBR250RやNinja250が人気みたいだね。ツーリング先でよく見かける。

 

CB250RとNINJA250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら