GSR250とGSX250Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR250とGSX250Rの違いを比較

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日にGSR250が新登場。型式は、JBK-GJ55D
車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日にGSR250のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日にGSR250のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日にGSR250をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日にGSR250Sをタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2014年7月31日にGSR250をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日にGSR250Fをタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日にGSR250Sをカラーチェンジ。
サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。

2017年3月30日にGSR250をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 

スズキ GSX250Rの歴史

2017年4月17日に「GSX250R」が新登場。型式は、2BK-DN11A
車体色は、「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」、「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」、「パールネブラーブラック」の3色。
2018年10月にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の1色(トリトンブルーメタリックNo.2)と従来色3色を合わせた全4色。

 

 

ここでは、
2014年9月18日発売のスズキ GSR250F(JBK-GJ55D)と
2017年3月30日発売のスズキ GSR250(JBK-GJ55D)と
2017年4月17日発売のスズキ GSX250R(2BK-DN11A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

GSR250F

GSR250

GSX250R

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

新登場

発売日

2014年9月18日

2017年3月30日

2017年4月17日

型式

JBK-GJ55D

JBK-GJ55D

2BK-DN11A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2145

2145

2085

全幅 (mm)

790

760

740

全高 (mm)

1255

1075

1110

軸間距離 (mm)

1430

1430

1430

最低地上高 (mm)

165

165

160

シート高 (mm)

780

780

790

車両重量 (kg)

189

183

178

乗車定員(名)

2

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

248

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53.5

53.5

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

55.2

55.2

圧縮比(:1)

11.5

11.5

11.5

最高出力(kW)

18

18

18

最高出力(PS)

24

24

24

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

8000

最大トルク(N・m)

22

22

22

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

6500

燃料タンク容量 (L)

13

13

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7E

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

2.1

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.4

2.4

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.238

3.238

3.238

2次減速比

3.285

3.285

3.285

変速比

1速 2.4160/2速 1.5290/3速 1.1810/4速 1.0430/5速 0.9090/6速 0.8070

1速 2.4160/2速 1.5290/3速 1.1810/4速 1.0430/5速 0.9090/6速 0.8070

1速 2.4160/2速 1.5290/3速 1.1810/4速 1.0430/5速 0.9090/6速 0.8070

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

14

スプロケット歯数・後

46

46

46

チェーンサイズ

520

520

520

標準チェーンリンク数

116

116

116

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°00

26°00

25°35

トレール量 (mm)

105

105

104

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

41

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

29.2

29.2

32.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/80-17

110/80-17

110/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

57

57

タイヤ(前)速度記号

H

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

H4

テールライトタイプ

-

-

LED

メーカー小売価格

514,080円

456,840円

527,040円

 

GSR250(JBK-GJ55D)とGSX250R(2BK-DN11A)の比較

 

左がGSR250(JBK-GJ55D) 右がGSX250R(2BK-DN11A)
GSR250(JBK-GJ55D)とGSX250R(2BK-DN11A)の装備の比較

 

GSR250(JBK-GJ55D)とGSX250R(2BK-DN11A)の比較の口コミ

 

 

GSR250とGSX250Rの中身は、ほとんど同じだよ。

 

 

下道だとGSR250やGSX-250Rも変わらないと思う。
長時間高速走るならGSX250Rだけど。

 

 

GSX250RもフルカウルのGSR250から馬力は据え置きながら10kgぐらい軽くなってる。

 

 

見た目は、GSX250Rの方が断然カッコいい。
GSX250Rは、ポジションとテールがLEDになってる。

 

 

フルカウルで楽なポジションならGSR250F買うかな。
GSX250Rの方がカッコいいけど。

 

 

両方、跨ってみたけど、かなりポジションが違った。
GSX250Rは、GSR250より結構前傾気味で自分には、無理と思った。
長距離走るならGSRの方がかなり楽。
あと足つきもGSRの方がいい。

 

 

快適性や長距離のツアラー性能は、GSR250Fの方が上だけど、それ以外は、GSX250Rの方が上。

 

 

GSR250乗りだけど、ネイキッドだから高速走ると風圧がキツくて結局スクリーンつけた。そしたら高速でも疲れにくくなった。GSX250Rを試乗した感じだとそこまで前傾姿勢じゃないし、カウルあるから疲れにくそうな感じだった。

 

 

●車両重量と馬力
GSR250F 189kg 24ps
GSX250R 178kg 24ps

 

 

GSX250Rは、フルカウルだから高速巡航してるとその恩恵を受けるけど、強い横風を受けたら結構煽られるよ。

 

 

●タンク容量
GSR250F 13L
GSX250R 15L

 

●燃費WMTCモード値
GSR250F 29.2km/L
GSX250R 32.5km/L

 

●航続距離
GSR250F 13L × 29.2km/L = 379.6km
GSX250R 15L × 32.5km/L = 487.5km

 

 

GSRは、ネイキッドの250、ハーフカウルの250S、フルカウルの250Fの3タイプあって、それぞれハンドルの高さが違うから乗車姿勢が異なる。3タイプでハンドル位置が一番低いネイキッドタイプのGSR250と比べてもGSX250Rの方がハンドル位置が低い。

 

 

GSX250RとGSR250は、ポジションが全然違うし、エンジンもいくらか手を加えられてる。俺は、GSR250の方が加速がフラットでレブリミッターがないので気持ちいい。加速感は、たいして変わらない感じ。

 

GSR250とGSX250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら