NC750L教習車仕様とNC750Sの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NC750L教習車仕様とNC750Sの違いを比較

 

ホンダ NC750Sの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC70
「NC750S」、「NC750S<ABS>」、「NC750S DTC<ABS>」を発売。車体色は、全タイプに2色(マットパープルグレアホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750SのE Packageは、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器とスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、2色(マットパールグレアホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年2月24日に「NC750S・特別カラー」を限定発売。
パールグレアホワイトを採用した特別カラーを200台限定で発売。
2016年2月19日にフルモデルチェンジして発売。型式は、2BL-RC88
フロントサスに「デュアルベンディングバルブ」を採用し、乗り心地の向上と制動時のノーズダイブを軽減したり、リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用するなどした。NC750Sは、全タイプにETCとグリップヒーターを標準装備した。車体色は、全タイプに3色(パールグレアホワイト、グラファイトブラック(ツートーン)、マットガンパウダーブラックメタリック(ツートーン))の設定。
2018年4月20日に「NC750S」のカラーリング変更と全タイプにABSを標準装備。
車体色は、2色(グラファイトブラック(ツートーン)、キャンディークロモスフィアレッド)の設定。グラファイトブラックは、サイドカバーとラゲッジリッドをブルーに塗装、フロントフェンダーの中央部にブルーのストライプを、メインシート側面とピリオンシートにはブルーのシート表皮を採用したツートーンカラー。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750S」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、2色(グラファイトブラック(ツートーン)、キャンディークロモスフィアレッド)の設定。

 

 

ホンダ NC750L教習車仕様

2013年3月に「NC750L(教習車仕様)」が新登場。型式は、EBL-RC67
NC750L(教習車仕様)は、NC700Sの通常仕様をベースに設計を変更し、二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデル。教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性と低・中速域での扱いやすさを追求した、力強いトルク特性の直列2気筒745ccRC67E型エンジンを搭載。マニュアルトランスミッションのみの設定とし教習状況にあわせて6速→5速に変更。ABSは、未装備。フレームは黒の艶消し塗装とし剛性バランスを見直した専用品に変更。車体サイズはNC700Sと比較して全長が5mm短く、全高が10mm低く、全幅20mm大きい。サスペンションをローダウン化。教習装備として大型エンジンガード・マフラーガード・専用センタースタンド・ラゲッジスペース横側のパッドなどを追加。走行状況表示ランプを装着するため電気系統にはACGフライホイールを搭載。車両重量は215kgで教習専用装備を追加した状態で227kg。車体色はパールサンビームホワイト1色のみの設定。エンブレム類はラゲッジスペース部分に貼り付けられるウイングマーク入りHONDAデカールのみ。一般公道での走行は、灯火類などで保安基準に適合しない部品があるので当該部品の撤去など改造を施工した上での登録が必要になる。
2016年10月11日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-RC67
扱いやすさのさらなる向上を図るため、クラッチレバーの形状を変更し、クラッチ断続操作時における操作フィーリングを高め、操作レシオを変更して操作荷重を低減。フレーム側のバンパー取り付け部の形状を変更し、保守整備時における整備性をより高めた。新たにイグニッションキーに剛性の高いウェーブキーを採用するなど、教習生と教習指導員双方の立場から求められる使い勝手や耐久性、整備性に配慮。車体色は、夜間の教習時にも車両の挙動を確認しやすいパールサンビームホワイト1色の設定。
2022年7月21日に「NC750L(MT教習車仕様)」と「NC750L(AT教習車仕様)」を自動車教習所向けに発売。型式は、8BL-RH14
「NC750X」をベースに、教習車としての特性を考慮した各部の変更を行い、教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性や低中速域での扱いやすさと、取り回しやすさに配慮。車体への転倒ダメージを軽減させるバンパー類、教習生の運転状況を教習指導員へ視覚的に伝える表示ランプを装備。カラーリングは夜間の教習時にも車両の挙動を確認しやすい、「パールグレアホワイト」1色のみ。大型二輪免許教習およびAT限定大型二輪免許教習に応じた2タイプを設定。

 

 

ここでは、
2016年2月19日発売のホンダ NC750S(型式 2BL-RC88)と
2016年10月発売のホンダ NC750L 教習車仕様(型式 2BL-RC67)
の違いを比較しました。

 

 

NC750L教習車仕様とNC750Sのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

NC750S

NC750L 教習車仕様

型式

2BL-RC88

2BL-RC67

発売日

2016年2月19日

2016年10月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2215

2190

全幅 (mm)

775

775

全高 (mm)

1130

1120

ホイールベース (mm)

1520

1520

最低地上高(mm)

140

130

シート高 (mm)

790

770

車両重量 (kg)

216

228

最小回転半径(m)

3

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

42.5

37

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

28.3

27.6

原動機型式

RC88E

RC67E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

745

745

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

40

27

最高出力(PS)

54

37

最高出力回転数(rpm)

6250

5250

最大トルク(N・m)

68

54

最大トルク(kgf・m)

6.9

5.5

最大トルク回転数(rpm)

4750

4000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

14

14

満タン時航続距離(概算・参考値)

595

518

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

-

点火プラグ必要本数・合計

2

-

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

-

バッテリー容量

12V-11Ah10HR

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.1

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

1.731

1.731

2次減速比

2.529

2.933

変速比

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 3.065/2速 2.176/3速 1.453/4速 1.067/5速 0.833

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

43

-

チェーンサイズ

520

-

標準チェーンリンク数

114

-

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

110

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

60W/55W

テールライトタイプ

LED

H4

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

 

NC750L教習車仕様とNC750Sの違いを比較

 

NC750LとNC750Sの違いを比較

 

 

NC750L教習車仕様は、大型二輪免許取得のための教習車として、自動車学校向けに販売されたモデル。

 

 

以前は、ホンダの大型二輪免許教習仕様車としてCB750が長く使われてきたが、CB750が生産終了した後は、、NC750Lが教習車として使われるようになった。NC750・シリーズの発売前には、NC700系が存在していたが、NC700系の教習車仕様は存在しない。これは、道路交通法施行規則に、「技能試験において使用する自動車」として「総排気量0.700リットル以上の大型自動二輪車」という定めがあり(第24条6)、「NC700S/X」は669ccだったのでNGだった。「NC750L」は、排気量を745ccに拡大することで教習車になれた。「NC750L教習車仕様」の初登場は2013年3月(発表)で、一般モデルの「NC750S/X(745cc)」が発売された2014年1月より前のことだった。「NC750L教習車仕様」の見た目は「NC700S/NC750S」に近いネイキッドスタイルで、大型バンパーや表示ランプが取り付けられ、シート高が「NC700S/NC750S」より20mm低く、ミッションが5段変速だった。

 

 

NC750L教習車仕様の2013年モデルは、NC700S通常仕様をベースに設計が変更がされたもの。
NC750L教習車仕様の2022年モデルは、NC750Xの2021年モデルがベースに設計が変更がされたもの。

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら