セロー250とXR250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とXR250の違いを比較

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。
2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。

前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J
平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。

2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ホンダ XR250の歴史

1995年2月に「XR250」が新登場。型式は、MD30
1996年3月にマイナーチェンジ。
1997年3月にマイナーチェンジ。
二次減速比を13/39から13/40に変更し加速重視のセッティングに。スイングアームを526mm→538mmに延長し、安定性が向上。
1998年3月にカラーチェンジ。
2000年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-MD30
排出ガス浄化システムとしてエキゾースト・エアインジェクションシステムを採用し、国内の排出ガス規制(平成11年)に適合。
2003年2月にフルモデルチェンジ。
新設計タンクとタンクシュラウドを採用するなどし、デザインをモトクロッサーイメージに一新。フロントサスに新たに43mm倒立フォークが採用された。剛性の向上によって優れた操縦安定性を実現。
2003年10月にカラーチェンジ。
2004年12月にカラーチェンジ。
2006年3月にマイナーチェンジ。
カラーリングの変更と細部を熟成した。フロントバイザーは、従来の四角いヘッドライトから将棋の駒を逆さにしたようなデザインに変更。更にマルチリフレクターヘッドライトを新たに採用し、視認性をより高めてた。
2007年1月にカラーチェンジ。
2007年モデルがXR250の最終モデル。
2007年9月に生産終了。
継続生産モデルに対する排出ガス規制(平成18年規制)が適用され生産終了となった。

 

 

ここでは、
2005年4月発売のヤマハ セロー250(BA-DG11J)と
2007年1月発売のホンダ XR250(BA-MD30)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

セロー250

XR250

発売年月

2005年4月

2007年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2175

全幅 (mm)

805

805

全高 (mm)

1160

1190

軸間距離 (mm)

1360

1425

最低地上高 (mm)

285

285

シート高 (mm)

830

875

乾燥重量 (kg)

115

119

車両重量 (kg)

126

133

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

-

内径(シリンダーボア)(mm)

74

73

行程(ピストンストローク)(mm)

58

59.5

圧縮比(:1)

9.5

9.3

最高出力(kW)

16

21

最高出力(PS)

21

28

最高出力回転数(rpm)

7500

8000

最大トルク(N・m)

21

25

最大トルク(kgf・m)

2.14

2.6

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

9.8

9.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX5L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.7

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

3.1

2次減速比

3.2

3.076

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 2.7690/2速 1.8820/3速 1.3800/4速 1.0830/5速 0.9230/6速 0.8140

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

-

40

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°20

26°30

トレール量 (mm)

100

105

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

45

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーカー小売価格

462000円

546,000円

 

セロー250とXR250の違いを比較

 

セロー250とXR250の比較の口コミ

 

 

シャシーダイナモで実測したらキャブのセロー250が16PSぐらい、XR250が20PSぐらいだし、乗り比べてもセロー250が特に非力とは感じないよ。セロー250は、低速トルクがあって乗りやすい。でも高回転域になるとXRの方が確かにパワ
フル。

 

 

さすがにセローよりは、XR250の方がレースで速いと思うよ。XR250の一体感や共走感は半端じゃない。

 

 

XR250の方が車両重量でセロー250より7kgも重いのが微妙。

 

 

バイク屋でセロー250の新車を見てきたけど、XR250より質感が全然良かった。

 

 

170cmあればXR250でも問題無いよ。座る位置によっては、つま先立ちになるかもしれないけど、前の方に座れば余裕だし、走り出せば気にならない。XRは、モタードにすれば足つきが更に良くなるし。でもセロー250のが足つきが良くて軽い。パワーは、XR250のが上。

 

 

XR250のスペックを見ると最高出力や最大トルクがセロー250に勝ってるね。

 

 

セロー250とXR250のパワーの比較だと、セロー250は常用域で無理しないでトルクを稼ぐ特性で軽さも考慮したら高速道路以外ではセロー250の方が上かも。

 

 

セロー250とXR250に跨ってみたけど、セロー250のが足つきは数段良い。

 

 

どっちも試乗してみたけど、セロー250よりXR250のが断然よく走る。一つ格が上って印象だった。

 

 

俺の試乗した印象では、パワーの差が断然というほどの差はない。高速を走る速度域だとXR250の方が若干上って感じ。

 

 

セロー250のが燃費がいいし、安い。でも俺は、180cmあるからシート高が45mm高いXR250の方が体格にあってそう。それに前乗ってたSLと同じで6段変速だから違和感なく乗れると思う。でもXR250の方が本体価格が8万ぐらい高いのが痛いな。

 

 

変速は、5速も6速も実際はたいした問題にならないし、5速の方が交差点を曲がる途中でシフトアップしなくていいからむしろ楽かも。

 

 

両方試乗したけど、俺は、絶対XR250の方が良かった。車格もパワーも全てXR250のが一つ上だと感じた。長く乗るなら差額分の価値はあると思う。

 

 

どちらも試乗してみて、走行中の下半身のポジションと乗車時のステップの位置は、確認したほうがいいよ。

 

 

ポジションで楽なのは、XR250。

 

 

足付き:セロー250 > XR250
加速: XR250 > セロー250
高速: XR250 > セロー250
金額差が気にならなくて身長170cm以上ならXR250でいいと思う。高速で100km/hぐらいで走るならセロー250でも問題ない。ただし、高速の追い越しでは、XR250の方が有利。あとXR250は、若干シートの幅があるから楽。

 

 

街乗りでの扱いやすさは、重心の低さもあってセロー250の方が上。加速の差は、大して差じゃないし、100km/h以上になるとどっちの車種でも風圧との戦いになるから俺は、セロー250がいいと思う。

 

 

回さなくても実用域でのトルク重視のセロー250と回した時に力が出るXR250。

 

 

使うステージで変わってくる。林道走る人は、XR250,更に山奥を走る人は、セロー250。

 

 

俺は、林道飽きたからセロー250にして満足だけど、普通にただ林道を走る人は、XR250がいい。あとは価格との相談。

 

 

セロー250のシートは、シート高を考えたらとても良くできてる。ちなみにXR250のシートは、硬質だよ。

 

セロー250とXR250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら