グランドマジェスティ250とマジェスティ250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

グランドマジェスティ250とマジェスティ250の違いを比較

 

ヤマハ グランドマジェスティ250の歴史

2004年3月3日にグランドマジェスティ250が新発売。型式は、BA-SG15J
「大人のスポーツセダン」として登場したグランドマジェスティ250。250ccスクーター初のアルミフレームに、グランドマジェスティ専用の新設計DOHC・4バルブ・オールアルミシリンダーエンジンを搭載。大きく剛性がアップし、高速走行性能が向上。この年に、欧州市場で400ccモデルも発売され、そのモデルは、2005年からグランドマジェスティ400として日本でも販売。車体色は、4色(ブラックメタリックX、ペールパープリッシュブルーメタリック3、シルバー3、グリニッシュホワイトカクテル1)。
2004年12月1日にカラーチェンジ。
ホイールカラーを変更。メッキグリップエンドを追加。車体色は、4色(ブラックメタリックX、ディープパープリッシュブルーメタリックC、ディープレッドメタリックK、グリニッシュホワイトカクテル1)。
2006年3月3日にカラーチェンジ。
新色としてビビッドレッドメタリック1を採用。従来より鮮やかなレッドに変更。車体色は、4色(ビビッドレッドカクテル1、ブラックメタリックX、ディープパープリッシュブルーメタリックC、グリニッシュホワイトカクテル1)。
2007年に250ccモデルは生産終了となった。

 

 

ヤマハ マジェスティの歴史

1995年7月に「マジェスティ」が新登場。型式は、4HC
これまでのスクーターと異なり、大柄の車体に大容量29リットルのメットインスペースを確保。今のビッグスクーターの原型とも言えるフロントカウルとウインドウシールドが一体となったスタイル。大型シートには可変バックレストを装備。当時のクラス最強の21psのエンジンを搭載。ビッグスクーターブームの火付け役となった。車体色は、3色(コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブラック2)。
1996年7月に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
タンデムステップ形状変更。車体色は、4色(ニューシルバーダスト、コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブラック2)。
1997年4月に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
トランクに照明が追加。シート形状の変更。駆動系の変更。車体下まわりのモール部までボディ同色塗装した。車体色は、4色(コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブルーイッシュブラックカクテル1、ダークバイオレットカクテル1)。
1998年1月に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
ウインドウシールドとウインカーをスモーク化し、ポジションライトを追加。車体色は、3色(ニューシルバーダスト、ベリーダークブルーカクテル4、ブルーイッシュブラックカクテル1)。
1998年6月1日に「マジェスティ ABS」をタイプ追加して発売。型式は、SG01J
「マジェスティSV」の装備に、前後連動ブレーキ機構、アンチブレーキシステム(ABS)、デジタルトリップメーターを追加したモデル。車体色に白×銀のツートンカラーのABSモデル専用色を追加。車体色は、3色(ニューパールホワイト/マーブルシルバー、ニュ−シルバーダスト)の設定。
マジェスティの「4HC」と「SG01J」の違いの比較は、こちら。
1998年12月8日に「マジェスティ ABS」をカラーチェンジして発売。
スクリーン前部へのヤマハ音叉マーク採用。車体色は、3色(ブラック2、ニューシルバーダスト、ニューパールホワイト/マーブルシルバー)。
1999年1月12日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
スクリーン前部へのヤマハ音叉マーク採用。車体色は、3色(ニューシルバーダスト、ベリーダークブルーカクテル4)。
1999年10月15日に「マジェスティ」をフルモデルチェンジして発売。型式は、BA-SG03J

全て新設計。エンジン性能の向上、新設計フレーム採用による剛性感及び走行性能向上、居住性を大幅に向上、2眼マルチリフレクターヘッドライトでスポーティで高級感溢れる外観デザイン、シート下スペースは、容量29リットルから54リットルへアップし、フルフェイス2個収納可能などの実用機能を施した。排出ガス浄化システムとして、A.I.S.及びマフラー内にヘアピン形状の触媒を採用し、新排ガス規制に対応。車体色は、4色(シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークブルーカクテル4、マーブルシルバー)の設定。
マジェスティと「SG01J」と「BA-SG03J」の違いの比較は、こちら。
2001年3月1日に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
フィット感が心地よいワディング加工シートを採用。フロントグリルのカラーを黒からボディ同色に変更。車体色は、4色(シルバー1、シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークグリーンME1)の設定。
2001年8月7日に「マジェスティ」のカラーを追加して発売。
新色のブラック2を追加。これで2001年モデルのカラーは全5色となった。
2002年3月18日にマイナーチェンジして発売。
変更は多岐にわたり、質感と使い勝手が大きく向上。主な変更点は、アンサーバック機能付き・リモコン開閉式キーシャッターの採用、前後サスペンション性能の向上、新作5連メーターやシルバー塗装のヘッドライトエクステンション採用などによる外観の向上、シート形状やリアフートレスト形状変更などによる乗車時のフィット感向上など。車体色は、3色(シルキーホワイト、シルバー3、ダークバイオレットメタリックA)の設定。
マジェスティの2002年3月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2002年5月10日に「マジェスティ ABS」を発売。
信頼性を高めたアンチロックブレーキシステムを装備。ABS専用エンブレムを採用。車体色は、2色(シルキーホワイト、シルバー3)の設定。価格は、ABS無しのモデルより4万円アップ。
2003年3月3日に「マジェスティ」と「マジェスティ ABS」にカラーを追加して発売。
マジェスティの車体色は、3色(ダークパープリッシュブルーメタリックL、シルキーホワイト、シルバー3)の設定。マジェスティABSの車体色は、1色(ダークグレーメタリックA)の設定。
2004年2月にカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(シルキーホワイト、シルバー3、ダークバーブリッシュブルーメタリックL)。ABSモデルがラインナップから消えた。
2007年5月31日に「マジェスティ」をフルモデルチェンジして発売。 型式は、JBK-SG20J

排出ガス規制に対応。フューエルインジェクションのSOHC水冷エンジンを低回転域のトルクを重視したセッティングにして搭載。オートマチックの変速特性を3パターンから選べる電子制御式変速装置「YCC-AT」を装備。ヘッドライトを縦目二対に変更。新フレーム、デュアルオープンのシート下収納スペース、スマートキーシステム、ボディパーツが滑らかに繋がるシームレス&ローシェイプデザインなどを採用。車体色は、5色(グリニッシュホワイトカクテル1、ダークパープリッシュブルーメタリックL、ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX、ダークブルーイッシュグレーメタリック8)の設定。
マジェスティのギャブとFIの違いの比較は、こちら。
2008年3月20日に「マジェスティ」のカラーを追加して発売。
車体色に新色のシルバー3を追加。従来色の5色をあわせた全6色の設定。
2009年1月30日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
車体色に新色のレディッシュブラックメタリック2を追加。従来色の3色(シルバー3、グリニッシュホワイトカクテル、ブラックメタリックX)とあわせて全4色の設定。
2012年2月28日に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
変更点は、重厚感漂う精悍な新デザインのフロントカウル、スーパースポーツ「YZF-R1」と同構造のプロジェクターヘッドライト(ポジションライト追加)、調整可能な5段階のアジャスト機能付き左右ブレーキレバー、新デザインメーターパネルなどを採用。車体色は、新色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ダークグレイッシュブルーメタリックE)と従来色のブラックメタリックXをあわせた3色の設定。
マジェスティの2012年2月28日のマイナーチェンジの変更点は、こちら。
2014年1月21日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のベリーダークオレンジメタリック1と従来色の2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)をあわせた3色の設定。
2017年に生産終了が公表された。

 

 

ここでは、
2004年3月3日発売のヤマハ グランドマジェスティ250(BA-SG15J)と
2003年3月3日発売のヤマハ マジェスティ(BA-SG03J)
の違いを比較しました。

 

 

グランドマジェスティ250とマジェスティ250のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GRAND MAJESTY 250

MAJESTY

モデルチェンジ区分

新登場

カラーバリエーションの追加

型式

BA-SG15J

BA-SG03J

発売日

2004年3月3日

2003年3月3日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2230

2140

全幅 (mm)

780

780

全高 (mm)

1380

1350

ホイールベース (mm)

1565

1535

最低地上高(mm)

120

120

シート高 (mm)

750

700

乾燥重量 (kg)

194

-

車両重量 (kg)

210

168

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

41

原動機型式

G338E

G312E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

66

69

行程(ピストンストローク)(mm)

73

66.8

圧縮比(:1)

10.8

10

最高出力(kW)

18

16

最高出力(PS)

24

22

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

25

23

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.3

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

14

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

546

492

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

DR8EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GT9B-4

GT7B-4

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.5

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.7

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.571

2.666

2次減速比

3.571

2.533

フレーム型式

バックボーン

パイプバックボーン

キャスター角

27°00′

28°00′

トレール量 (mm)

100

130

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

フロントフォーク径(φ)

41

-

フロントサスペンションストローク(mm)

120

-

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

1

-

リアホイールトラベル(mm)

104

-

タイヤ(前)

120/80-14

110/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

64

タイヤ(前)速度記号

S

L

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

130/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

62

タイヤ(後)速度記号

S

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

35W/35W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

589,000円 ブラックメタリックX、ペールパープリッシュブルーメタリック3、グリニッシュホワイトカクテル1、シルバー3

559,000円 ダークパープリッシュブルーメタリックL、シルキーホワイト、シルバー3

販売計画(年間、国内)

10,000台

16,000台(シリーズ合計)

 

グランドマジェスティ250とマジェスティ250の違いを比較
グランドマジェスティ250とマジェスティ250の装備の違いを比較

 

グランドマジェスティ250とマジェスティ250の違いを比較

 

 

 

「マジェスティ」は、主に通勤用途で支持される一方、週末のツーリングがメインの人たちには、さらなる高速性能や快適性・利便性・ワインディングでの走行性を求める声があった。そこで「グランドマジェスティ」は、「大人のスポーツセダンの進化」を開発コンセプトに「マジェスティ」の扱い易さをそのままに、一層の郊外ツーリングでの快適性、高速道路での余裕の走行性、タンデムでの快適性などの要素を向上させ、ワンクラス上の操縦安定性と快適性を具現化させた。

 

 

グランドマジェスティ250は、2004年3月3日に日本で発売された。元は、欧州仕様車のマジェスティ400だが、日本では250ccクラスの方が人気だったのでマジェスティ250よりパワーを上げた250ccのDOHC水冷エンジンを搭載し、全体的に性能や機能などを向上させて発売した。

 

 

グランドマジェスティは、ヤマハ独自のアルミ鋳造技術によるDiASil(ダイアジル)シリンダーを初採用した専用設計の250cc水冷4サイクルDOHC単気筒4バルブCVTエンジンを採用。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
グランドマジェスティ250 210kg | 18kW/7500rpm | 25N・m/6500rpm
マジェスティ250 168kg | 16kW/7500rpm | 23N・m/6000rpm

 

 

●シート高
グランドマジェスティ250 750mm
マジェスティ250 700mm

 

 

●タンク容量
グランドマジェスティ250 14L
マジェスティ250 12L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
グランドマジェスティ250 39km/L
マジェスティ250 41km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
グランドマジェスティ250 14L × 39km/L =546km
マジェスティ250 12L × 41km/L =492km

 

 

グランドマジェスティ250の名前に「グランド」を付けたのは、ツーリングでの快適性や高速道路での安定性などを求めたから。グランドマジェスティ250は、マジェスティ250をカスタムしたモデルというよりは、マジェスティ250そのままのスタイルで楽しむ一つ上のクラスのツーリングモデルとしての位置付け。その性格がでてるのがホイールサイズで、前14/後13インチで同年代のマジェスティ250より大きなホイールが採用されてる。

 

グランドマジェスティ250は、2004年3月3日に発売されて以来、外装の変更だけモデルチェンジされることなかった。そして、2007年にマジェスティ250がフルモデルチェンジされて、上質なスクーターに進化したので、グランドマジェスティ250の役目は、終わり、マジェスティ250に統合されて、生産終了となった。

 

 

グランドマジェスティは、ワンクラス上の操縦安定性を実現するためにマジェスティからタイヤが変更された。

 

●マジェスティ
前輪 110/90-12 M/C
後輪 130/70-12 M/C

 

●グランドマジェスティ
前輪 120/80-14 M/C
後輪 150/70-13 M/C

 

さらにグランドマジェスティは、リム部裏側に抜き加工を施し軽量化と最適な強度バランスを達成した新設計キャストホイールを採用。

 

 

グランドマジェスティ250は、250ccスクーター初のアルミ製フレームが採用された。このフレームは、マジェスティ250に比べてねじり剛性が86%アップ、縦剛性54%アップしている。

 

 

グランドマジェスティのボディには、流体解析と風洞実験による最新のエアマネジメント技術が投入され、高いプロテクション効果による快適な走行性能が実現された。

 

 

ヘッドライトもグランドマジェスティの方が明るい。グランドマジェスティには、夜間走行や薄暮時での安心感と被視認性が大幅に向上された2灯同時点灯(ロー&ハイビームとも)H4バルブ採用ヘッドライト(60W/55W)を採用。

 

●グランドマジェスティ
ハロゲンバルブ/12V、60W/55W×2

 

●マジェスティ
ハロゲンバルブ/12V、2×35W/35W

 

 

グランドマジェスティは、フロントフォークは41・径インナーチューブを採用し、ステアリング部は35・径を採用。クッションストロークは現行マジェスティと比べて2割アップの120・を確保。またアンダーブラケット軸受けは、テーパーローラーベアリングを採用し、摺動抵抗低減による滑らかなハンドリングを実現。リアサスペンションはロッド径12.5・の大型サイズを採用し、ホイールトラベル現行マジェスティと比べて20%アップとなる104mmを確保し快適な乗り心地を実現。

 

 

俺は、グランドマジェスティにした。エンジンがDOHCだし、フレームがしっかりしてるし、ホイールもマジェスティより大きいから高速での安定性や走りが違う。他にもインジェクションなど全てが新しくなってる。でも街乗りだけなら大した差は感じないかも。

 

 

俺もフレームがしっかりしてるからグランドマジェスティにした。でもシート形状やボディがマジェスティよりでかいから短足な自分は、爪先立ち状態だけど。

 

 

使い方次第だね。グランドマジェスティは、週末に高速使って遠出する人には最高なんだよ。街乗りだけならマジェスティで良いと思う。

 

グランドマジェスティ250とマジェスティ250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら