VFR800Fとニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

VFR800Fとニンジャ1000の違いを比較

 

ホンダ VFR800Fの歴史

2014年4月18日にスポーツツアラーモデル「VFR800F」が新登場。型式は、EBL-RC79
車体色は、2色(ヴィクトリーレッド、ダークネスブラックメタリック)の設定。
2015年3月13日に新色のパールグレアホワイトを追加。
継続色の2色(赤、黒)と合わせて全3色の設定。
2017年1月16日にマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RC79
平成28年排出ガス規制に適合。マフラーの内部構造を従来の3室から2室に変更した異形テーパータイプを採用し出力を向上、マスの集中化による操縦性の向上を図った。左カウル部分に定格36W(12V3A)までのアクセサリーソケットを標準装備。車体色に新色のデジタルシルバーメタリックを追加。継続色の3色(白、赤、黒)と合わせて全4色の設定。
※2014年モデルと2017年モデルの違いは、「VFR800F 2014年モデルと2017年モデルの違い」でまとめています。
2018年12月14日にマイナーチェンジして発売。
従来から標準装備されているETC車載器をETC2.0車載器にバージョンアップ。車体色に新色のパールグレアホワイト(ストライプ)を追加。継続色の1色(赤)と合わせて全2色の設定。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2015年2月発売のホンダ VFR800Fと
2013年発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

VFR800Fとニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ VFR800F

カワサキ ニンジャ1000

発売

2015年2月

2013年

型式

EBL-RC79

 

全長

2140mm

2105mm

全幅

750mm

790mm

全高

1210mm

1170mm

ホイールベース

1460mm

1445mm

シート高

789mm

820mm

最低地上高

135mm

135mm

総重量

242kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°30´

24.5°

トレール(mm)

95

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブV型4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

781cc

1043cc

圧縮比

11.8

11.8

ボア

72mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

78(105PS)/10250

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

75(7.6kgf・m)/8500

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

ウエットサンプ

燃料タンク容量

21.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

28.7(60km/h)・18.9(WMTCモード)

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,350,000 パールグレアホワイト ¥1,350,000 ヴィクトリーレッド ¥1,350,000 ダークネスブラックメタリック

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

VFR800Fとニンジャ1000の動画

 

VFR800F

 

Honda VFR800F 試乗インプレ/レビュー

 

ホンダ・VFR800F (2014) ショートレビュー・ホンダ合同試乗会レポート

 

Honda VFR800 GPS Top Speed

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

 

VFR800Fとニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

ニンジャ1000乗ってるけどこの前、ツーリング帰りの夜の高速で燃料計が点滅し出した。同じタイミングで給油した後輩のVFR800Fは、まだまだ余裕があったみたい。インカムで「VFR800Fは2メモリ残ってますけどニンジャ給油のためにSA寄りますか」と言われた。

 

 

今は、Ninja1000みたいな鋭い眼光のマスクが主流なのにVFR800Fは、優しいフロントマスクだからね。そこが気にならないならVFR800はいいバイクだよ。

 

 

最近、ニンジャ1000のハンドル位置が少し高いと思い始めた。 次のモデルはVFR800位のポジションにしてほしいな。

 

 

ニンジャ1000とVFR800Fで迷ったがニンジャ1000にした。VFR800Fのオプションのクイックシフターとやる気の出るポジションは、魅力的だけど重いんだよね。あと顔もダメ。

 

 

俺もニンジャ1000とVFR800Fは少し迷った。VFR800Fは、装備が充実してるけど800にしては、重いのと
顔が今一好みじゃないんだよね。

 

 

自分がVFR800F買う前に迷ってたのがNinja1000。装備品、価格帯、装備品、オプションが一番近かったと思う。

 

 

高速での防風だけどVFR800Fは、ニンジャ1000より伏せるポジションだから120km/hまでならそれほど差を感じなかった。

 

 

VFR800Fに試乗したけどハンドルが低すぎたからニンジャ1000にした。

 

 

リッターバイクの所有経験が無ければ一回、ニンジャ1000に試乗してリッターのパワーを味わっておいた方が良い。リッターとそれ以外では、かなり差があるから。

 

 

VFR800Fの方が好きだけどニンジャ1000より車重が14kgも重たいのには驚いた。

 

 

VFR800Fの同じ価格帯のライバルにNINJA1000とかFZ-1Fazerなどのスペックで優れたバイクがあるのに800cc、242kgの車重、扱いやすいとは言えないV4エンジンでで135万円のVFR800Fを敢えて選ぶ人は、VFRだからほしいという理由以外考えられないわ。

 

 

VFR800Fの他とは違う味わいのV型エンジンに乗りたい人もそれなりにいるはず。MT-09が注目を集めてるのも3気筒への期待だと思うし。 大型や同クラスの4気筒と比較したがる人は、VFR800Fを買わない方がいいと思う。

 

 

Ninja1000からVFR800Fに乗り換えたけど馬力の差はそんなに感じなかった。でもトルク感は全然違う。Ninja1000の方が圧倒的。ローギアードなこともあって6速オートマ状態。でもツーリング性能は、VFR800Fの方が全然優れている。高速ではローギアードが仇になるし、シートがあれだからケツが痛くなる。

 

VFR800Fとニンジャ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら