GSR400の前期と後期の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR400の前期と後期の違いを比較

 

スズキ GSR400の歴史

2006年5月に「GSR400」が新登場。型式は、BC-GK7DA
GSR400は、水冷直列4気筒DOHCエンジンをアルミツインスパーフレームに搭載したスポーツネイキッド。海外向けに発売されたGSR600とは、エンジン排気量が398ccになっていること以外ほぼ同じ車体。車体色は、マットブラックメタリックNo.2。
2006年9月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色にレッドとブルーを追加。
2007年2月に「GSR400」の特別色のグラススプラッシュホワイトを設定。
グラススプラッシュホワイトの車体色にシートには赤と黒のツートーンカラー、ホイールはマットチタニウムシルバーを採用。
2007年4月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色は、ホワイトのみ。
2007年9月26日に「GSR400ABS」が新登場。
ABSを標準装備。シャープなデザインのバックミラーも採用。車体色は、4色(マットブラックメタリックNo.2、ソニックシルバーメタリック、パールスズキディープブルーNo.2、キャンディソノマレッド)の設定。
2009年3月9日に「GSR400」と「GSR400 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、EBL-GK7EA
出力上限のメーカー自主規制が撤廃され、エンジンのカムプロフィールやフューエルインジェクション、ECM(エンジンコントロールモジュール)などを変更し、最高出力が45kW(61ps)にアップ。平成19年排出ガス規制にも適合した。メーターバイザー(ショートスクリーン)を採用し、バックミラーは角型メッキ仕上げに。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)の設定。
2010年3月25日に「GSR400」と「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの3色の設定。
2013年3月21日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、ツートンの3色(マーブルデイトナイエロー/マットシャドウブラックメタリック、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。

2014年4月2日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
Sエンブレムを変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2007年9月26日発売のスズキ GSR400 ABS(型式 BC-GK7DA)と
2009年3月9日発売のスズキ GSR400 ABS(型式 EBL-GK7EA)
の違いを比較しました。

 

 

GSR400 ABSの2009年3月のマイナーチェンジ前後のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GSR400 ABS

GSR400 ABS

モデルチェンジ区分

タイプ追加

マイナーチェンジ

型式

BC-GK7DA

EBL-GK7EA

発売日

2007年9月26日

2009年3月9日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2090

2090

全幅 (mm)

795

795

全高 (mm)

1075

1075

ホイールベース (mm)

1435

1435

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

785

785

車両重量 (kg)

215

215

最小回転半径(m)

2.9

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

35.5

32

原動機型式

K719

K719

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

398

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

54.6

54.6

行程(ピストンストローク)(mm)

42.5

42.5

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(kW)

39

45

最高出力(PS)

53

61

最高出力回転数(rpm)

11000

12000

最大トルク(N・m)

37

39

最大トルク(kgf・m)

3.8

4

最大トルク回転数(rpm)

9000

10000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

568

512

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EK

CR8EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

FTX9-BS

バッテリー容量

12V 28.8kC (8Ah)/10 HR

12V 28.8kC (8Ah)/10 HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.9

3.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.2

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.6

3.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.926

1.926

2次減速比

3.357

3.357

変速比

1速 2.785/2速 2.000/3速 1.600/4速 1.363/5速 1.207/6速 1.085

1速 2.785/2速 2.000/3速 1.600/4速 1.363/5速 1.207/6速 1.085

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

47

47

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°15

25°15

トレール量 (mm)

104

104

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

43

43

フロントサスペンションストローク(mm)

130

130

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

819,000円(消費税込み) 黒「マットブラックメタリックNo.2」、銀「ソニックシルバーメタリック」、青「パールスズキディープブルーNo.2」、赤「キャンディソノマレッド」

861,000円(消費税込み) 白「パールミラージュホワイト」、黒「パールネブラーブラック」、青/銀「トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック」

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ全体2,000台

GSR400が1,000台。GSR400ABSが1,000台。

 

GSR400の2009年3月9日のマイナーチェンジ前後の違いを比較

 

GSR400の2009年3月9日のマイナーチェンジ前後の違いを比較

 

 

GSR400の2009年3月9日のマイナーチェンジの主な変更点

 

  • エンジンのカムプロフィールやフューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)、ECM(エンジンコントロールモジュール)などを変更して、エンジンの効率を高めたことで最高出力が45kW<61PS>/12000rpmに向上。
  •  

  • スズキ二輪車の国内モデルで初の着火性能に優れたイリジウムスパークプラグを採用。
  •  

  • 触媒の大型化やO2フィードバック制御システムなどを採用し、排出ガス中の有害物質を低減させ、平成19年国内排出ガス基準に対応。
  •  

  • ヘッドランプ周りのスポーティーな印象を強めるショートバイザーを装備。
  •  

  • 車体色は、白「パールミラージュホワイト」、黒「パールネブラーブラック」、青/銀「トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック」の3色を設定。

 

 

GSR400 ABSの2009年3月のマイナーチェンジ前後のスペック表の違う部分

 

●発売日
2007年9月26日 → 2009年3月9日

 

●モデルチェンジ区分
タイプ追加 → マイナーチェンジ

 

●型式
BC-GK7DA → EBL-GK7EA

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
35.5 → 32

 

●最高出力(kW)
39 → 45

 

●最高出力(PS)
53 → 61

 

●最高出力回転数(rpm)
11000 → 12000

 

●最大トルク(N・m)
37 → 39

 

●最大トルク(kgf・m)
3.8 → 4

 

●最大トルク回転数(rpm)
9000 → 10000

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
568 → 512

 

●点火プラグ標準搭載・型式
CR8EK → CR8EIA-9

 

●メーカー希望小売価格(消費税込み)
819,000円 → 861,000円

 

●カラーバリエーション
黒、銀、青、赤 → 白、黒、青/銀

 

 

 

新型は、トルクがあまり太くないから従来の400ccレベルとたいして違いは、感じ無いと思うよ。回して行った時に上で炸裂する馬力が大きいだけだから。

 

 

400ccの高回転エンジンだから気軽に高回転域の刺激が楽しめる。リッターマシンだと高回転まで回せないし。サーキットや峠でも十分楽しめるエンジンと車体になってるから楽しいよ。だから高回転域での8ps差は大きいと思う。

 

 

事情があって去年は旧型、今年は新型乗りだけど、座った感じでは、シートに変化はないと思うよ。

 

 

新型は、エキパイのサイズとかなんやら旧型と違うね。

 

 

新型GSR400乗ってるけど、燃費は高速が20km/L、下道が25km/L。慣らしの時は、30km/L以上で走れたのに。

 

 

新型は、ショートバイザー付いたけど、俺は、ないほうがカッコイイなぁ。ヅラみたいに見える。

 

 

新型はアイドリング低下が旧型よりは下がりにくくなってる。
旧型は、固体によってアイドリング低下が酷いから気をつけて。

 

GSR400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら