CBR650FとNINJA650の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR650FとNINJA650の違いを比較

 

ホンダ CBR650Fの歴史

2014年4月21日に「CBR650F」が新登場。型式は、EBL-RC83
新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒650ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR650F」を発売。ABSは、標準装備。車体色は、3色(パールグレアホワイト、ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。
2015年1月16日に「CBR650F」に「トリコロール」イメージのカラーを施した特別カラー仕様を100台限定で発売。
2017年4月14日に「CBR650F」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RC83
変更点は、平成28年排出ガス規制に対応、LEDヘッドライトを採用、よりスポーティなデザインに一新。6速ミッションのうち、2速から5速までのギア比をローレシオ化した。車体色は、3色(ヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内で発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。
この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2017年4月14日発売のホンダ CBR650F(2BL-RC83)と
2017年5月15日発売のカワサキ NINJA650(2BL-ER650H)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

CBR650F

Ninja 650 ABS

発売年月

2017年4月

2017年5月

全長 (mm)

2110

2055

全幅 (mm)

755

740

全高 (mm)

1145

1135

軸間距離 (mm)

1450

1410

最低地上高 (mm)

130

130

シート高 (mm)

810

790

車両重量 (kg)

213

193

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

648

649

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

83

行程(ピストンストローク)(mm)

46

60

圧縮比(:1)

11.4

10.8

最高出力(kW)

66

50

最高出力(PS)

90

68

最高出力回転数(rpm)

11000

8000

最大トルク(N・m)

64

65

最大トルク(kgf・m)

6.5

6.6

最大トルク回転数(rpm)

8000

6500

燃料タンク容量 (L)

17

15

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EH-9

CR9EIA-9

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

2.3

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.69

2.095

2次減速比

2.8

3.066

変速比

1速 3.0710/2速 2.3520/3速 1.8880/4速 1.5600/5速 1.3700/6速 1.2140

1速 2.4370/2速 1.7140/3速 1.3330/4速 1.1110/5速 0.9650/6速 0.8510

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

42

46

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

118

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

24°00

トレール量 (mm)

101

100

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

31.5

32.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

21.4

24

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

H7

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
バックトルクリミッター機構 有
ETC 有

メーカー希望小売価格(税込み)

CBR650F パールグレアホワイト、マットガンパウダーメタリック 999,000円(税抜き 925,000円)

CBR650F ヴィクトリーレッド 1,031,400円(税抜き 955,000円)

807,840円(税抜き 748,000円)

 

CBR650FとNINJA650の違いを比較

 

左がCBR650F   右がNINJA650
CBR650FとNINJA650の装備の違いを比較

 

CBR650FとNINJA650の比較の口コミ

 

 

 

フルカウルだけに着目したらCBR650FのライバルとしてNinja650もあるけど、Ninja650は、パラレルツインだから別物。

 

 

CB650F 90ps / 11,000rpm
Ninja650 68ps / 8,000rpm

 

 

NINJA650は、カッコいいけど、やっぱり四気筒がいい。

 

 

CBR650Fは、四気筒だけどそれが理由でNinja650より約20万円も余分に払う人は、少ない。

 

 

4気筒は、低速トルクが薄いけど、トルクの出方が下から上まで滑らかで振動も少ない。モーターみたいな感じで音も良い。自分は、4気筒のフィーリングが好き。CBR650Fは、慣れるまで発進に気を使う。その点では、Ninja650のが楽だけど、4気筒が好きなんだ。

 

 

NINJA650は、タイ産の二気筒で80万円ちょい。
CBR650Fは。国産の四気筒で100万円弱。
この2つを比べたらCBR650Fが特段高いとは思わないけど、105万円だせば、GSX-S1000Fの乗り出し価格になるからな。

 

 

CBR650Fの方が値段が20万円弱高いね。

 

 

Ninja650とCBR650Fは、どっちも排気量650弱のフルカウルで用途的にたいして差は無い。見た目で選べばいい。

 

 

NINJA650は、エンジンがパラレルツインだから燃費いいと思ってたがCBR650FとWMTCモード値で2.6km/Lしか変わらないね。CBR650Fのエンジンは、新設計で良いからかもしれないけど。

 

 

NINJA650のエンジンは、四気筒とそんなに大差は無いよ。まあ、CBR650Fのエンジンは、評判良いけど。

 

 

俺の中では、こんな感じかな?
見た目 NINJA650 = CBR650F
馬力・トルク CBR650F >> NINJA650
燃費の良さ NINJA650 >> CBR650F
都市部での下道 NINJA650 > CBR650F
ロングツーリング CBR650F >>> NINJA650
サーキット >>CBR650F > NINJA650
足つき・ポジションの良さ NINJA650 >>> CBR650F
価格の安さ NINJA650 >>> CBR650F

 

 

俺は、4気筒に飽きたから2気筒でダカダカ走った方が楽しい。

 

 

Ninja650は、SS風ツアラーって感じ。
CBR650Fは、万能バイクだけど器用貧乏って感じがする。

 

 

CBR650Fに試乗してみた。Ninja650乗った時は、両足の踵が付いたけど、CBR650Fは、足の指の根本までで踵は少し浮いてた。足つきは、Ninja650のが良かったけど、Ninja650のシートは、自転車のサドルのように左右がえぐれた形状だから、ロンツーするならCBR650Fのが楽かもしれない。

 

 

Ninja650とCBR650Fで悩んだけど、Ninja650は、発表された時から「買いたい!」って思ってたから、今変えたら後で後悔しそうだったからNinja650にした。

 

 

Ninja650とCBR650Fは、低回転でのエンジン特性に違いがある。Ninja650は、アイドリング付近での粘りが強いからCBR650Fよりも雑なアクセルとクラッチの操作が許される。でも決してCBR650Fが難しいってことはない。

 

 

1速のギア比 x 1次減速比 x 2次減速比
CBR650F : 14.53
Ninja650 : 15.65

 

 

Ninja650とCBR650Fで迷っていろんな動画みてるけど動画だとNinja650はヒラヒラして吹けも良さそうで見てるだけで楽しくなった。一方CBR650Fは。4気筒だが回転が重いかんじで教習車みたいな動きでつまらなそうな印象をうけた。メーターは、Ninja650の方が圧倒的にカッコイイ。CBR650Fのメーターは、ダサすぎる。

 

 

CBR650Fは、4気筒サウンドも楽しめるし、Ninja650よりパワーも上。でも20kg重くて値段も100万円。

 

 

俺は、カッコ良さでNinja650を選んだ。CBR650Fは、全体的にデザインがもっさりしてる。キリっとした二眼なら良かったのに。でも音は、かなり良かった。

 

 

四気筒は、二気筒より滑らか。この程度の認識でいいと思うよ。

 

 

四気筒を選ぶ人は、音やフィーリングが好みなんだろうね。

 

 

見た目は、Ninja650。中身は、CBR650F。

 

 

実際は、レーシーな見た目のNinja650がツアラー寄りで、 おとなしい感じの見た目のCBR650Fは、スポーツ指向が強い。

 

 

CBR650F 車両重量213s
Ninja650 車両重量193kg

 

 

NInja650が四気筒ならすぐ買ってた。でもCBR650Fがパラツインなら全く興味をもたなかったと思う。

 

 

見た目と価格でNINJA650を選んだ。CBR650Fは価格がネック。もうちょっと足せばGSX-S1000Fが買えるし、そういってたらキリがない。

 

 

最初からミドル4気筒フルカウルが欲しい人は、NINJA650は、候補にすら入らなかっただろうな。四気筒と二気筒では根本的に違う。

 

 

軽くて安いバイクがいいなら二気筒のNINJA650を買えばいい。

 

CBR650FとNINJA650の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら