TMAX 1型と2型の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

TMAX 1型と2型の歴史

 

TMAXの1型の歴史

2001年8月1日にTMAXを日本で発売。
初代の正式名称は「XP500 TMAX」。欧州など向けの日本国外仕様は2000年秋頃より2001年式として順次販売され、日本仕様は2001年8月1日より発売された。これがTMAXとして最初に登場した車種で2003年まで販売された。型式は、BC-SJ02J

 

2002年4月12日にカラーリングを変更し、2002年モデルとして発売。
新色のディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)とブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)の2色の設定。

 

2003年5月20日にストリートカスタム感が楽しめるブラックエディションを追加設定して発売。
ブラックエディションは、標準モデルをベースにブラックとマッドブラックを基調とした専用カラー、マフラー&エンジンプロテクター類のカラー変更、パンチングシート表皮、ショートスクリーン、基調をブラックとした専用デザインメーターパネル、バックレストへの「TMAX」ロゴ追加などを行ったモデル。

 

TMAXの2型の歴史

2004年9月1日にTMAXの2型を日本で発売。
TMAXの2型は、1型からスポーティな装備充実を図り商品性を向上させました。2003年に発表され、国内仕様は2004年9月1日から2007年まで販売。外観は先代とあまり変わっていません。型式は、SJ04J

 

2005年9月に上級モデル「TMAX SPECIAL」を発売。
標準モデルをベースにフロントフェンダーサイド、レッグサイド、フレーム風のサイドカバーにそれぞれシルバーの特別塗装を施し、さらにレッド/ブラックのツートンカラー専用シート、レッドの前後ブレーキキャリパー、レッドの専用メーター文字盤、サテンメッキ処理のグリップエンド、専用レッドエンブレムなどを追加装備した2006年モデル。

 

2006年2月16日にカラーリング変更し、2006年モデルを発売。型式は、BC-SJ04J
カラーリングは、新色の「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)を追加。人気の「ディープレッドメタリックK」(レッド)と「ブラックメタリックX」(ブラック)は継続。

 

2007年2月15日にカラーリング変更をした2007年モデルを発売。
カラーリングは、新色の「ビビッドレッドカクテル1」(レッド)と「ダークパープリッシュブルーメタリックL」(ブルー)の2色に継続色の「ブラックメタリックX」(ブラック)を加えた全3色。

 

 

ここでは、
2002年4月12日発売の1型TMAX(BC-SJ02J)と
2004年9月1日発売の2型TMAX(SJ04J)
の違いを比較しました。

 

 

TMAX 1型(2002年モデル)とTMAX 2型(2005年モデル)のスペックの比較

数字が大きい方をこの色にしています。

車種

TMAX(1型)

TMAX(2型)

発売日

2002年4月12日

2004年9月1日

型式/エンジン型式

BC-SJ02J/J402E

 SJ04J/J404E

全長×全幅×全高

2,235mm×775mm×1,410mm

2,235 mm×775 mm×1,235mm

シート高

795mm

795mm

軸間距離

1,575mm

1,575mm

最低地上高

130mm

130mm

乾燥重量/装備重量

198kg/218kg

205kg/225kg

舗装平坦路燃費

30km/L(60km/h)

27km/L(60km/h)

原動機種類

水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ

水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ

気筒数配列

並列2気筒

並列2気筒

総排気量

499cm3

499 cm3

内径×行程

66.0mm×73.0mm

66.0 mm×73.0mm

圧縮比

10.1:1

11.0:1

最高出力

28kW(38PS)/7,000rpm

28kW(38PS)/7,500 rpm

最大トルク

44N・m(4.5kgf・m)/5,500 rpm

45N・m(4.6kgf・m)/4,500 rpm

始動方式

セル式

セル式

潤滑方式

強制圧送ドライサンプ

強制圧送ドライサンプ

エンジンオイル容量

3.6L

3.6L

燃料タンク容量

14L

14L

 燃料供給

キャブレター型式

燃料噴射式

点火方式

T.C.I.式

T.C.I.式

バッテリー容量/種類

12V 8AH(10H)/GT9B-4

12V 8Ah(10H)/GT9B-4

1次減速比/2次減速比

2.659/2.262

2.659/2.262

クラッチ形式

自動遠心湿式多板

自動遠心湿式多板

変速機形式

Vベルト式無段変速

Vベルト式無段変速

変速比

2.322〜0.800

2.025〜0.728

フレーム形式

鋼管ダイヤモンド

鋼管ダイヤモンド

キャスター/トレール

28°00′/95mm

28°00′/95mm

タイヤサイズ (前/後)

120/70-14M/C 55S/150/70-14M/C 66S

120/70R14M/C 55H/160/60R15M/C 67H

ブレーキ形式 (前/後)

油圧シングルディスク/油圧シングルディスク

油圧ダブルディスク/油圧シングルディスク

懸架方式 (前/後)

テレスコピック/スイングアーム

テレスコピック式/スイングアーム式

ヘッドライト

ハロゲンバルブ/12V 60W/55W+55W

ハロゲンバルブ/12V、60W/55W+55W

メーカー希望小売価格

740,000円(税別)

809,000円(税別)

 

TMAX 1型と2型の違いを比較

 

 

TMAX 1型から2型への変更点

 

今回のモデルチェンジでは、エンジン・車体関連の装備充実を図り、基本性能にさらに磨きをかけ、爽快感を楽しめるショートスクリーンを標準装備しました。

 

 

フュエルインジェクション採用などによる性能向上

新たに高微粒子型インジェクターを装備するフュエルインジェクションを採用。このFIは、@リターンレス配管、Aアイドリング状態まで希薄燃焼させるアイドルストイキ制御(AIシステム廃止)、Bカム軸センサーレス、C大気圧センサーレス、D26ピン小型ECU採用などが特徴でこれらが優れたレスポンスを引き出す。またFI採用との最適化のためにピストン/コンロッドのスペックを変更し、圧縮比を10.1:1から11.0:1に変更。Vベルト仕様及び変速特性を変更。これらにより全域でのトルク特性、及び最大トルク値アップ(44N・m→45N・m)、低中速の出力特性を向上、スポーツ性あふれる走りの特徴を一層引出した。

 

ラムダセンサー付き三元触媒採用による優れた環境性能

ラムダセンサー付き三元触媒をマフラー内に装着。排出ガスは、プラチナ・パラジウムなどをコーティングしたマフラー内の触媒部分を通過して浄化され、この触媒を効果的に働かせるために排ガスに含まれる残留酸素を検出するラムダセンサーを設けた。燃焼状況をECUに常にフィードバックして最適な燃料供給を行ない優れたドライバビリティと環境性能を両立。

 

41mm径フロントフォークの採用

エンジン性能向上に呼応しフロントフォークはインナーチューブ径を従来の38mmから41mmへ変更。モーターサイクル型のテレスコピック式フォークの特徴を更に引き出し、優れた操縦安定性に寄与。

 

前輪ダブルディスクブレーキ及びパーキングブレーキ機能付きリアブレーキ

フロントブレーキは、新たに267mm径ダブルディスクを採用し、良好なストッピングパワーを確保。リアには、手元で操作出来るブレーキキャリパー一体式のパーキングブレーキを採用。

 

前後ラジアルタイヤおよび国内仕様専用デザインの軽量ホイール採用

前後タイヤに軽量で剛性バランスに優れて、ころがり抵抗の少ないラジアルタイヤを採用。フロントは従来型と同サイズの120/70R-14、リアは、従来の150/70-14から160/60R-15へサイズアップを図り優れた操縦安定性を実現。前後ホイールは、国内仕様専用デザインの新5本スポーク軽量ホイールを採用。リム部を切削加工した後にクリア塗装を施し高い質感を実現。

 

その他の変更点
  • 盗難抑止機構イモビライザー採用。
  • タコメーター標準装備の新作メーターパネルの採用。

 

TMAX 1型と2型の比較の口コミ

 

 

1型から2型以降は大差ある。
2型から4型は大差ない。

 

1型(2001〜2003):キャブ、フロントシングル、前後14インチ。
2型(2004〜2007):EFI、フロントダブル、前14×後15インチ、前後ラヂアル。
2型にはタコメータとパーキングブレーキも追加された。

 

TMAX530の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら