MT-25とYZF-R25の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-25とYZF-R25の違いを比較

 

ヤマハ MT-25の歴史

2015年10月10日に新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(マットシルバー1、ブラックメタリックX、レッドメタリック7)の設定。
2016年12月15日にカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、シルバー8、ブラックメタリックX)の設定。
2018年3月5日にカラーチェンジして発売。型式は、2BK-RG43J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットブラック2)の設定。
2019年3月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(マットライトグレーメタリック4、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2)の設定。

 

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」のカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BL-RH13J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2016年12月15日発売のヤマハ MT-25(JBK-RG10J)と
2016年2月1日発売のヤマハ YZF-R25(JBK-RG10J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

MT-25

YZF-R25

発売年月

2016年12月

2016年2月

全長 (mm)

2090

2090

全幅 (mm)

745

720

全高 (mm)

1035

1135

軸間距離 (mm)

1380

1380

最低地上高 (mm)

160

160

シート高 (mm)

780

780

車両重量 (kg)

165

166

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

60

60

行程(ピストンストローク)(mm)

44.1

44.1

圧縮比(:1)

11.6

11.6

最高出力(kW)

27

27

最高出力(PS)

36

36

最高出力回転数(rpm)

12000

12000

最大トルク(N・m)

23

23

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

10000

10000

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.043

3.043

2次減速比

3.071

3.071

変速比

1速 2.6660/2速 1.8820/3速 1.4540/4速 1.2000/5速 1.0370/6速 0.9200

1速 2.6660/2速 1.8820/3速 1.4540/4速 1.2000/5速 1.0370/6速 0.9200

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°

25°

トレール量 (mm)

95

95

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

33.5

33.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.2

26.2

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H7

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格(税込み)

523,800円(本体価格485,000円/消費税38,800円)

556,200円(本体価格515,000円/消費税41,200円)

 

MT-25とYZF-R25の違いを比較

 

左がMT-25   右がYZF-R25
MT-25とYZF-R25の装備の違いを比較

 

MT-25とYZF-R25の比較の口コミ

 

 

MTー25とYZFー25のエンジンは同じ。

 

 

MT-25とYZF-R25の違いは、カウルとセパハンであとは、ほぼ一緒でしょ。

 

 

海外のYZF-R25とMT-25の加速の動画比べて見たらカウルの効果がよくわかる。YZF-R25は、140km/hを超えてもまだ加速していくけど、MT-25はそのぐらいからキツそう。まあ、俺は、MT-25のがカッコいいからMT-25買うけど。

 

 

俺は、通勤用で使うからリアボックスを付けたかった。それでYZF-R25には、リアボックスが似合わないからMT-25にした。

 

 

整備するのにフルカウルは面倒だからMT-25にした。あと倒した時にカウルが傷つきやすいのも嫌だった。

 

 

バイク屋にMT-25を見に行ったら隣にYZF-R25が置いてあって、YZF-R25のがカッコイイと思った。カウルの違いだけと思ってたけど、タンクカバーの形も微妙に違ったし、やっぱりセパハンがいいね。

 

 

大まかなイメージだと
YZF-R25の形状は、SSレプリカのイメージ。
MT-25の形状は、ストリートファイター風レプリカのイメージ。
MT-25とYZF-R25の大きな違いは、カウル有り無しとハンドルの位置。YZF-R25は、ハンドルの位置がMT-25より低いから若干前傾姿勢になる。SS程じゃないけど、姿勢が辛いから長い距離を走るには、向いてない。MT-25は、凄く乗りやすい姿勢で運転できる。

 

 

MT-25のハンドル位置は、YZF-R25と比較して高さが40mm高く、20mm手前に近くなる。MT-25の方がハンドル位置が高くて乗りやすい。乗りやすさの違いを理解した上でデザインが好きな方を買えばいい。

 

 

MT-25とYZF-R25って車重が1kgしか違わないね。カウルあるからもっと差がつくと思ってた。

 

 

MT-25は、他の同クラスのMTと比べると軽く無い。YZF-R25とほとんど同じ重さなのにカウルを取って空力を悪くしてハンドルが高くなってるから微妙。

 

 

YZF-R25乗りだけど、MT-25に試乗してみた。ハンドリングが軽くいい感じだった。なんとなくだけどYZF-R25より低回転時が安定してる気がした。

 

 

MT-25は、YZF-R25よりハンドルが手前にあるからYZF-R25より腕に体重がかからないし、身体の重心が後ろになる。だからそれだけでハンドリングが軽く感じる。

 

 

走ってて風圧が気になったことあるならYZF-R25を買った方がいいよ。スクリーンやカウルの恩恵は、間違いなくある。でも転倒したらフルカウルは、悲惨なことになるけど。

 

 

YZF-R25とMT-25を試乗で乗り比べてみた。
低速では、MT-25の方が安定してる。
高速では、YZF-R25の方が安定してる。

 

 

80km/h以上で走るならカウルの恩恵は大きいよ。あとは、長距離を走るかどうか。

 

 

初バイクでYZF-R25を買いに行ったら納期がかかりそうで店にあったMT-25ならすぐ納車できると言われてMT-25を買った。買ってすぐ転倒したからフルカウルのYZF-R25じゃなくて良かった。

 

MT-25とYZF-R25の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら