セロー250とXT250Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とXT250Xの違いを比較

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
セロー250のキャブとFIの違いを比較
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。

2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J

平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。
セロー250の旧型(JBK-DG17J)と新型(2BK-DG31J)の違い
2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ヤマハ XT250Xの歴史

2006年3月に「XT250X」の日本仕様が新登場。型式は、BA-DG10J
デュアルパーパスのセロー250をベースとしたモタードルックのXT250X。セローとの違いは、前後輪の17インチホイール換装、フロントフォークやブレーキの変更、独自外装の採用など。車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。
2008年5月にマイナーチェンジして発売。型式は、BA-DG11J
フューエルインジェクションを採用。平成18年排出ガス規制に対応。車体色は、1色(パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。これが最終仕様。
2017年6月に生産終了。
平成28年度の排ガス規制等によって2017年6月にヤマハから生産終了が発表。

 

 

ここでは、まず最初に
2006年3月30日発売のヤマハ セロー250(BA-DG11J)と
2006年3月発売のヤマハ XT250X(BA-DG11J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

XT250X

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BA-DG11J

BA-DG11J

発売日

2006年3月30日

2006年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2040

全幅 (mm)

805

805

全高 (mm)

1160

1110

ホイールベース (mm)

1360

1365

最低地上高(mm)

285

250

シート高 (mm)

830

790

乾燥重量 (kg)

115

118

車両重量 (kg)

126

129

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

45

45

原動機型式

G340E

G340E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

16

16

最高出力(PS)

21

21

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.14

2.14

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

MV33

MV33×1

燃料タンク容量 (L)

9.8

9.8

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1.9

1.9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.083

2次減速比

3.2

3.066

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

-

46

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

128

128

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°20

24°55

トレール量 (mm)

100

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

2.75-21

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーカー小売価格

462,000円

483,000円

 

セロー250(BA-DG11J)とXT250X(BA-DG11J)の比較

 

セロー250(BA-DG11J)とXT250X(BA-DG11J)の比較の口コミ

 

 

XT250Xは、セロー250のモタード。

 

 

セロー250とXT250Xの違いは、タイヤ(形状、サイズ)とヘッドライト形状とキャスター/トレールとサスセッティングぐらい。

 

 

XT250Xは、良いバイクだし、純正キャリアがあって楽にリアボックスも付けられる。でもXT250Xが良いのは、基本、街乗りでの話。林道行くならセローの方がいいし、ツーリング行くならVTRの方がいい。XT250Xのノーマルシートで長距離走るとお尻が痛いし、高速道路は、パワーとポジションの面でしんどいし、林道は論外。

 

 

XT250Xを買う気でいたけど、ホイールサイズ以外でセロー250とスペック上の差が無いね。それならリヤだけでもチューブレスのセロー250のがいい気がしてきた。それにXT250Xは、値段が少し高いね。

 

 

XT250Xの車体構成は、セロー250がベースで、セローとの違いは、前後輪の17インチホイールなのと、フロントフォークやブレーキが変更されたのと、独自外装の採用など。

 

 

セロー250のフロントフォークは、径36mmだったけど、XT250Xは、細くなってるね。

 

 

俺は、丸目が好きじゃないから見た目は、XT250Xのがいいけど、オフもそのうち走ってみたいから悩むな。

 

 

セロー250は、前がチューブタイヤで後ろがチューブレスタイヤ。XT250Xは、前後チューブタイヤだからパンクに関してはセローの方が少し安心。

 

 

XT250Xも検討したけど、リアの太いチューブタイアの修理が嫌だから結局セロー250を買った。メインスタンド無しで後輪を外してビード落とすのも大変そう。XT250Xは、舗装路メインのモタードなら、せめて後輪は、チューブレスにしてほしかった。

 

 

XT250Xは、舗装路メインだからこそ後輪チューブタイヤでOK。でもセロー250の後輪チューブレスタイヤは、羨ましいけど。

 

 

フロントフォークがセローは隠れてるけど、XT250Xはむき出しになってるから何となく不安だね。

 

 

セロー250にオンロードタイヤ履かせても、サスのセッティングがそのままだとXT250Xとは違うバイクになる。

 

 

XT250Xとセローは、乗った感じが結構違うよ。XT250Xのがカチっとしてた。

 

 

テールランプは、XT250Xの方が進化してる。

 

 

XT250XのLEDテールいいね。

 

 

質感は、どっちも値段なりだね。

 

 

XT250Xの実物見てきたけど、カッコ良かった。でもライトが角目だったから、セローみたいに丸い方が良かった。

 

 

XT250Xは、セローより車高が少し低いから砂利道程度の林道セロ走るとセローよりエンジン周りに石が飛んでくるかも。

 

 

トリッカー、セロー、XT250Xの中から、ウイリー&ストッピー練習で選ぶならXT250Xがいい。ウイリーは、トリッカーは減速する角度でガソリンが回らなくなる。だから長い距離でウイリーを維持するのは重心を後ろにして角度を低めに保たなきゃいけない。あとトリッカーは、極低速時に右に曲がる傾向がある。セローは舗装路でウイリーするにはオフタイヤなのが原因で3車の中で最も上げにくい。あと俺が乗ったセローは、一部減速時にガソリンが回らなかった車両もあった。低速時のコントロールは、3車の中で最も重さを感じた。XT250Xは、上げやすいし、シフトチェンジもやりやすい。あと角度が高い状態でもガソリンが息切れしない。ウイリーしてる時の左右のふらつきもトリッカーより癖がない。XT250Xは、リアブレーキの効きも良いから一気にフェンダー当てにいっても安心して戻れる。ジャックナイフは、この3車は、問題ないけど、ストッピーは、結構個性の差がある。トリッカーは、体重移動に慣れてるトライアルやモトクロス出身者にとってそんなに難しくないけど、Dトラッカーとかでストッピーを練習した人にはかなり難しい。左右に振るのは簡単。セローだとさらに難しい。きちんと体重移動できなきゃフロントが滑る。XT250Xは、Dトラッカーと同じぐらい簡単。座ったままフロントの沈みに合わせて体を前よりにしたらリアタイヤが上がっていく。アクセルターンのやりやすさは、「セロー > トリッカー > XT250X」。でも3車ともやりやすいと思う。俺の印象では、ある程度の技の型があってエクストリームを希望の人は、XT250X。もっとむちゃしたくて腕に自信のある人は、トリッカー。オフも視野にある人は、セロー。二人乗りに関しては、トリッカーとXT250Xは、快適だった。セローだけ少し微妙。

 

 

XT250Xのノーマルタイヤでもツーリングとかでたまに未舗装路を通過するぐらいなら問題無い。でも林道を走りに行ったら加速はするけど曲がれない、止まらないで危ないし、楽しくない。セローの標準タイヤは、舗装路でも見ため以上にグリップするし、タイトな下りでは腕次第でオンロード車をカモれるぐらい。だから俺は、セローの方がオススメ。

 

 

都内8、林道2でXT250Xを検討してる人にセロー勧めといた。少しでも林道を走るならセローにしといた方がいい。それに俺は、セローで街乗りで困ったことないから。

 

 

XT250Xにモトクロスのタイヤ履かせてセローに早変わりさせればいいとおもってたけど、2007年1月時点でXT250Xのオフ寄りのタイヤがないんだよな。セローは、オン寄りのタイヤあるけど。

 

 

●セロー250
フレームコンプリート(3C5-21110-01)
ダウンチユーブコンプリート(3C5-21140-00)

 

●XT250X
フレームコンプリート(5C1-21110-00)
ダウンチユーブコンプリート(3C5-21140-00)

 

●XT250X
フレームコンプリート(5XT-21110-20)
ダウンチユーブコンプリート(5XT-21140-00)

 

 

2007年5月時点でXT250Xの販売価格は、結構値崩れしてるけど、セロー250はそんなに値崩れしてないね。都内では、たまにセロー250を見かけるけど、XT250Xはまだ見たことない。足つきと値段を考えたら俺は、XT250Xかセロー250のどちらかにするつもり。

 

 

俺は、XTZ125乗りだけど、2007年5月にセロー250とXT250Xをそれぞれ1kmぐらい試乗してきた。ちなみにXT250Xは、店に来たばかりの車両でセロー250は、それなりに走行距離いってる。どちらも足つきは良いけど、XT250Xのが両足べッタリついて楽。走ってみるとセロー250のがサスとか適度で良かった。XT250Xは、新しいせいもあってフワフワ過ぎる感じがした。ブレーキは、フワフワサスのせいでXT250Xよりセロー250のが良かった。

 

 

2007年6月時点でXT250Xは、かなり値引きされてる。俺が調べた安売り店で定価約48万円のXT250Xの乗り出し価格が約38万円。その店で定価約46万円のセロー250の乗り出し価格が約41万だった。

 

 

 

次に
2008年1月30日発売のヤマハ ヤマハ セロー(JBK-DG17J)と
2008年5月発売のヤマハ XT250X(JBK-DG17J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

XT250X

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBK-DG17J

JBK-DG17J

発売日

2008年1月30日

2008年5月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2040

全幅 (mm)

805

805

全高 (mm)

1160

1110

ホイールベース (mm)

1360

1365

最低地上高(mm)

285

250

シート高 (mm)

830

790

乾燥重量 (kg)

119

-

車両重量 (kg)

130

133

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

39

原動機型式

G370E

G370E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

14

14

最高出力(PS)

18

18

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

19

19

最大トルク(kgf・m)

1.9

1.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

9.6

9.6

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1.9

1.9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.083

2次減速比

3.2

3.066

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.817/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

-

46

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

128

128

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

24°55

トレール量 (mm)

105

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

2.75-21

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーカー小売価格

514,500円

514,500円

 

セロー250(JBK-DG17J)とXT250X(JBK-DG17J)の比較

 

セロー250(JBK-DG17J)とXT250X(JBK-DG17J)の比較の口コミ

 

 

俺は、最初XT250X買って、ノーマルホイールでオフタイヤ履かせようと思ったけど、2009年6月時点で17インチのオフタイヤは、無かった気がする。でもセロー250のタイヤは、ノーマルのサイズでオンロードタイヤがある。

 

 

俺は、XT250X乗りだけど、ノーマルタイヤでオン・オフ関係なく走り回ってる。XT250Xでも本人のやる気次第で急坂やドロドロとか、余程酷いコンディションじゃなければダートも走れるよ。

 

 

セロー250とトリッカーは、2018年に平成28年排ガス規制に対応して復活したけど、XT250Xは復活しなかった。オンロードオンリーのモデルは、もう必要ないという結論なんだろうね。

 

セロー250とXT250Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら