ゼファー1100のファイナルエディションの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ゼファー1100のファイナルエディションの違いを比較

 

カワサキ ゼファー1100の歴史

1992年3月に「ゼファー1100」の国内仕様が新発売。型式は、ZRT10A
機種コードは、ZR1100-A1。車体色は、2色(パールグリーニッシュブラック、ルミナスビンテージレッド)。
1993年2月にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A2。車体色は、2色(パールパープリッシュブラックマイカ、ルミナスビンテージレッド)。
1994年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A3。ミッションが強化された。車体色は、2色(ルミナスビンテージレッド、パールパープリッシュブラックマイカ)。
1995年にマイナーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A4。バッテリーで小さな変更があった。車体色は、3色(パールパープリッシュブラックマイカ、ルミナスビンテージレッド、ギャラクシーシルバー)。
1996年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A4。
1997年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A4。
1998年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A4。
1999年2月にマイナーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A5。車体色は、2色(ルミナスポラリスブルー×エボニー、パールパープリッシュブラックマイカ)。初めてタイガーパターンを設定した。

2000年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A5。車体色は、2色(ルミナスポラリスブルー×エボニー、パールパープリッシュブラックマイカ)。
2001年にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A5。国内向けには、ZR1100-A5を継続販売。海外向けは、ZR1100-A6となった。車体色は、2色(パールパープリッシュブラックマイカとルミナスポラリスブルー×エボニー)。
2001年12月にマイナーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A7。平成11年排出ガス規制に対応するためにCVK34キャブにスロットル変位検知点火のK-TRICを追加し、触媒コンバーターKLEENと二次エア導入機構KCAを採用。最高出力が2ps減り、フロントフォークガードが付いた。車体色は、3色(パールミスティックブラック、メタリックチェスナットブラウン、ルミナスチェスナットブラウン×ルミナスタンジェリンオレンジ)。
2003年3月にマイナーチェンジ。型式は、BC-ZRT10A
機種コードは、ZR1100-A8。
平成13年騒音規制に対応するためにエアクリーナー上にカバーを装備した。最高出力は、5ps減った。燃料タンクも1リットル減った。車体色は、2色(メタリックチェスナットブラウン、パールミスティックブラック)。パールミスティックブラックにゴールドホイールを初採用。
ゼファー1100の「ZRT10A」と「BC-ZRT10A」の違いの比較は、こちら。
2003年12月にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A9。エンジンの塗装色を銀から黒に変更。エンブレムがタンク側「ZEPHYR」とサイドカバー側「1100」から、タンク側「Kawasaki」サイドカバー側「ZEPHYR1100」に変更された。車体色は、2色(メタリックスパークブラック、メタリックマジェスティックレッド)。2004年12月にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A10。フレームの塗装が高質仕上げとなる。車体色は、2色(エボニー、メタリックマジェスティックレッド)。
2005年12月にカラーチェンジ。
機種コードは、ZR1100-A6FとZR1100-A6FA。車体色は、2色(メタリックオーシャンブルー(ZR1100-A6F)。パールソーラーイエロー×エボニー(ZR1100-A6FA))。
2007年1月19日にゼファー1100ファイナルエディションを発売。

機種コードは、ZR1100-A6SとZR1100-A6SA。ファイヤーボールパターンのグラフィックやリム切削仕上げのホイールを採用。他にも素材が改良されたシート、艶有り黒塗装で仕上げのフレーム、サイドカバーの「1100 DOUBLE OVER HEAD CAMSHAFT」エンブレムなどの特別仕様。またカワサキ販売店向けの特別カラー(グリーンメタリック)も販売。車体色は、2色(キャンディダイヤモンドブラウン×キャンディダイヤモンドオレンジ(ZR1100-A6SA)とメタリックダークグリーン(ZR1100-A6S))。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2005年12月発売のカワサキ ゼファー1100(BC-ZRT10A)と
2007年1月発売のカワサキ ゼファー1100ファイナルエディション(BC-ZRT10A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ゼファー1100

ゼファー1100ファイナルエディション

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

特別・限定仕様

型式

BC-ZRT10A

BC-ZRT10A

発売日

2005年12月

2007年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2165

2165

全幅 (mm)

780

780

全高 (mm)

1115

1115

ホイールベース (mm)

1495

1495

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

795

795

乾燥重量 (kg)

245

245

車両重量 (kg)

265

265

最小回転半径(m)

2.7

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

24

24

原動機型式

ZRT10AE

ZRT10AE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

1062

1062

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

73.5

73.5

行程(ピストンストローク)(mm)

62.6

62.6

圧縮比(:1)

8.7

8.7

最高出力(kW)

63

63

最高出力(PS)

86

86

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

83

83

最大トルク(kgf・m)

8.5

8.5

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVK34×4

CVK34×4

燃料タンク容量 (L)

18

18

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

4.8

4.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

8

8

搭載バッテリー・型式

FTH16-12B

FTH16-12B

バッテリー容量

12V-14Ah

12V-14Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

5

5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.1

4.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.706

1.706

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.500/2速 1.666/3速 1.291/4速 1.034/5速 0.930

1速 2.500/2速 1.666/3速 1.291/4速 1.034/5速 0.930

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

530

530

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

27°

27°

トレール量 (mm)

110

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントホイールトラベル(mm)

130

130

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

リアホイールトラベル(mm)

110

110

タイヤ(前)

120/70-18

120/70-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

59

59

タイヤ(前)速度記号

V

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/70-17

160/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

V

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

21/5W ×2

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有

車両装備

ハザードランプ 有
バックトルクリミッター機構 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
バックトルクリミッター機構 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

901,950円

923,000円

 

ゼファー1100のファイナルエディションの違いを比較

 

 

ゼファー1100のファイナルエディションの違いを比較

 

 

ゼファー1100のファイナルエディションは、スペシャルカラーのモデルで往年のZ1のような火の玉カラーを採用。ちなみにファイヤーボールパターンのグラフィックは、2002年のA7型以来で、A7とは微妙に違う色構成となってる。他にも公式リリースはないが、カワサキ販売店向けのグリーンメタリックも存在した。

 

 

ゼファー1100のファイナルエディションは、2007年1月19日の発売だけど、ただしくは、2006年モデルらしい。

 

 

ファイナルエディションは、タンクなどに上質の塗装を施されたり、素材を改良した高級感のあるシート表皮を採用したり、2004年のA9型以降では途絶えていたリム切削仕上げのホイールを採用してる。あとサイドカバーの「1100 DOUBLE OVER HEAD CAMSHAFT」エンブレムなどが特別仕様になってる。

 

 

ファイナルエディションは、中古車調べてても特に値段が高いね。

 

 

ファイナルエディションの違いは、タンクの塗装が凝ってたり、シートがレザーだとかそんな感じ。状態が良いファイナルエディションならZ1より全然高いからね。

 

 

俺は、ファイナル乗りだけど、状態の良さ以外には特にメリットないと思う。規制対応でパワーダウンしてるし、車検対応のマフラーとか選ばなきゃいけないし。

 

 

やっぱり、ファイナルの火の玉がカッコイイわ。でも高い。。。

 

ゼファー1100の買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら