レブル250の「MC13」と「MC49」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

レブル250の「MC13」と「MC49」の違いを比較

 

ホンダ レブルの歴史

1985年4月30日に「レブル」と「レブル スペシャル」の日本国内仕様が新登場。型式は、MC13
扱いやすいアメリカンクルーザーで車名の「レブル」は「反逆」を意味し、自由に行動することをテーマにして開発。車名は、日本国内仕様が英文字表記の「REBEL」、北米向け輸出仕様が当初はCMX250、後にCMX250Cとされたモデル。250Tシリーズと共用する排気量233tのMC06E型空冷4ストロークSOHC2気筒のエンジンを専用品のセミダブルグレードルに搭載。5速マニュアルトランスミッションも共用部品。「レブル スペシャル」は、特別カラーリングモデル。
1986年1月に「レブル スペシャル」を発売。
唐草模様(アラベスク)や火の鳥パターンをデザインしたスペシャルカラーモデルを4,000台限定で発売。
1986年11月5日に「レブル」をマイナーチェンジ。
キャブレターをVE08型1基からVE26型2基に変更し最高出力を21ps→22psへ向上。1次・2次減速比を見直し50km/h定地走行燃費が55→55.2q/Lへ向上。
1986年11月10日に「レブル スペシャル」をマイナーチェンジ。
上のレブルと同じ。
1988年6月1日に「レブル スペシャル」を追加。
従来のプルバックハンドル仕様に加えスペシャルにスポーティなフラットバーハンドル装着車を追加。
1990年2月10日に「レブル」をマイナーチェンジ。
プルバックスタイルとフラットバーの2種類のハンドル形状を設定。シリンダーヘッドカバーの形状を変更。車重増加で50km/h定地走行燃費が47.1q/Lへダウン。エンジンオイル容量が1.8→1.9Lへ増加。スペシャルを廃止。
1992年3月に「レブル」をカラーチェンジ。
レブル初の淡いカラーリング(リバーミストブルー×トワイライトグレー)を採用。
1994年2月14日に「レブル」をマイナーチェンジ。
フラットバーハンドル装着車を廃止しプルバックハンドルの形状をワイドに変更。マフラーを左右1本出しから右側2本出しに変更。イグニションスイッチを燃料タンク左下に移設。エンジン特性を変更し最高出力が21psへダウン。燃費を60km/h定地走行テスト値に変更したので43q/Lへダウン。

1996年2月に「レブル」をマイナーチェンジ。
ミラーステー形状を変更などをした。これがレブル(MC13型)の最終仕様。
1998年に生産終了。
日本国内仕様は、平成10年自動車排出ガス規制により生産終了。1999年で販売も終了。北米向け輸出仕様は2000年以降も生産が継続され、2016年11月のREBEL300へのモデルチェンジで生産終了となった。

 

 

ホンダ レブル250の歴史

2017年4月17日に「レブル250」が新登場。型式は、2BK-MC49
レブル300の車体に排気量249tのMC41型CBR250R用MC41E型水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンをチューニングしたMC49E型を搭載。50,760円高いABS搭載モデルも同時に発売。車体色は、3色(マットアーマードシルバーメタリック、レモンアイスイエロー、グラファイトブラック)の設定。
2019年1月25日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パールカデットグレー、マットフレスコブラウン)と継続色2色(グラファイトブラック、マットアーマードシルバーメタリック)を合わせた全4色の設定。更にフレーム色をマットブラックに変更した。
2020年3月19日に「レブル250」をマイナーチェンジ。さらに「レブル250 S Edition」を追加し発売。
「レブル250」は、全ての灯火類をLED化。メーターにギアポジションインジケーターを追加。駆動系にアシストスリッパークラッチを採用。車体色は、新色1色(マットジーンズブルーメタリック)と継続色2色(マットフレスコブラウン、マットアーマードシルバーメタリック)を合わせた全3色。「レブル250 S Edition」は、個性を演出する純正アクセサリーのヘッドライトカウル、フォークブーツとフォークカバー、ブラウンのカラーシートを標準装備したモデル。車体色は、マットアクシスグレーメタリックの設定。
レブル250の2020年3月19日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。

 

 

ここでは、
1996年2月発売のホンダ レブル(MC13)と
2017年4月17日発売のホンダ レブル250(2BK-MC49)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

レブル

レブル250

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

MC13

2BK-MC49

発売日

1996年2月

2017年4月17日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2125

2190

全幅 (mm)

860

820

全高 (mm)

1080

1090

ホイールベース (mm)

1460

1490

最低地上高(mm)

140

150

シート高 (mm)

660

690

乾燥重量 (kg)

143

-

車両重量 (kg)

154

168

最小回転半径(m)

2.6

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

46.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

34.1

原動機型式

MC06E

MC49E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

233

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

-

4

内径(シリンダーボア)(mm)

53

76

行程(ピストンストローク)(mm)

53

55

圧縮比(:1)

9.2

10.7

最高出力(kW)

-

19

最高出力(PS)

21

26

最高出力回転数(rpm)

8000

9500

最大トルク(N・m)

-

22

最大トルク(kgf・m)

2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

7000

7750

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VE26

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

10

11

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

YTZ8V

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.9

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.631

2.807

2次減速比

2.285

2.571

変速比

1速 2.845/2速 1.776/3速 1.332/4速 1.082/5速 0.912

1速 3.415/2速 2.250/3速 1.649/4速 1.350/5速 1.166/6速 1.037

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

33

36

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

110

フレーム型式

セミダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

32°00

28°00

トレール量 (mm)

120

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

3.00-18

130/90-16

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

67

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(後)

130/90-15

150/80-16

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

71

タイヤ(後)速度記号

P

H

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーカー希望小売価格

418,000円

498,000円

 

レブル250の「MC13」と「MC49」の違いを比較

 

レブル250の「MC13」と「MC49」の違いを比較

 

 

「REBEL(MC13)」は、1985年4月30日に発売された。エンジンは、250Tシリーズと共用する排気量233tのMC06E型空冷4ストロークSOHC2気筒をセミダブルグレードルに搭載。日本国内仕様は1998年で生産終了となったが北米向け輸出仕様は2000年以降も生産が継続され、2016年11月17日発売の「REBEL 300」へのモデルチェンジで生産終了となった。「REBEL 300」からフレームがダイヤモンド型に変更。エンジンは、CBR300R用の286cc水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンをチューニングしたものを搭載。2017年4月17日に「レブル250(2BK-MC49)」が日本で発売。「レブル250(2BK-MC49)」は、「REBEL 300」の車体に249tのMC41型CBR250R用MC41E型水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンをチューニングしたMC49E型を搭載。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
レブル(MC13) 154kg | 21ps/8000rpm | 2kgf・m/7000rpm
レブル250(2BK-MC49) 168kg | 26ps/9500rpm | 2.2kgf・m/7750rpm

 

 

●タンク容量
レブル(MC13) 10L
レブル250(2BK-MC49) 11L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
レブル(MC13) 43km/L
レブル250(2BK-MC49) 46.5km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
レブル(MC13) 10L × 43km/L =430km
レブル250(2BK-MC49) 11L × 46.5km/L =511.5km

 

 

レブル250(2BK-MC49)は流すような乗り方ならいいけど、前のレブル(MC13) と比べると単気筒になってもたつき感が出てしまう。

 

レブル250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら