ZRX400とZRX1100の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ZRX400とZRX1100の違いを比較

 

カワサキ ZRX400の歴史

1994年2月に「ZRX400」が新発売。型式は、ZR400E
車体色は、3色(メタリックグレーストーン、キャンディカーディナルレッド、キャンディサファイアブルー)。メガホンマフラーは、黒色。
1995年1月に「ZRX400U」の国内仕様が新発売。
「ZRX400」のカウル無しの派生モデルでマルチリフレクター丸型1灯ヘッドライト、砲弾型メーター、砲弾型ウインカーを装備。車体色は、2色(キャンディパーシモンレッド、ブラックパール)。メガホンマフラーの色は黒色。
ZRX400とZRX400IIの違いの比較は、こちら。
1995年3月に「ZRX400」をカラーチェンジ。
ジェネレータカバーとポイントカバーの色をこれまでの銀から黒に変更。車体色は、3色(ファイアクラッカーレッド、ブラックパール、キャンディサファイアブルー)。
1996年2月に「ZRX400U」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ビビッドパープルマイカ、キャンディパーシモンレッド、ブラックパール)。メガホンマフラーの色がこれまでの黒色からメッキに変更。
1996年3月に「ZRX400」をカラーチェンジ。
熱対策でラジエター位置を下げた。車体色は、2色(メタリックセレストシルバー、ブラックパール)。Z1000R風のストライプグラフィックを採用。
1997年2月に「ZRX400U」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(メタリックセレストシルバー、キャンディパーシモンレッド、ブラックパール)。
1998年2月に「ZRX400」と「ZRX400U」をマイナーチェンジ。
マフラーをメガホンタイプからスポーツタイプに変更。タイヤをラジアルに変更。6ポットキャリパー(TOKICO製)を装備。二次減速比が2.866→2.8に変更。車体色は、「ZRX400」が2色(ライムグリーン、メタリックセレストシルバー)。「ZRX400U」が2色(メタリックミッドナイトパープル、キャンディパーシモンレッド)。
1999年1月に「ZRX400」と「ZRX400U」をカラーチェンジ。

ウィンカーインジケーターランプを黄→緑に変更。車体色は、「ZRX400」が2色(ファイアクラッカーレッド、ライムグリーン)。「ZRX400U」が2色(メタリックミッドナイトパープル、キャンディパーシモンレッド)。
2000年1月に「ZRX400」と「ZRX400U」をカラーチェンジ。
車体色は、「ZRX400」が2色(エボニー、ライムグリーン)。「ZRX400U」がメタリックノクターンブルー。Z1000MkII風のライン入りグラフィックを初採用。
2001年1月に「ZRX400」と「ZRX400U」をマイナーチェンジ。型式は、BC-ZR400E
排ガス規制対策で浄化装置のKLEENを搭載。車体色は、「ZRX400」が2色(キャンディライトニングブルー、ライムグリーン)。「ZRX400U」が2色(メタリックセレストシルバー、メタリックノクターンブルー)。
ZRX400の「ZR400E」と「BC-ZR400E」の違いの比較は、こちら。
2002年12月に「ZRX400」と「ZRX400U」をマイナーチェンジ。
平成13年騒音規制対策で4速ギア比を1.380→1.375に変更。車体色は、「ZRX400」が2色(キャンディライムグリーン、パールミスティックブラック)。「ZRX400U」が2色(メタリックノクターンブルー、パールミスティックブラック)。
2004年2月に「ZRX400」と「ZRX400U」をマイナーチェンジ。
サイレンサーが新しい型に変更されたのとイモビライザーが装備された。車体色は、「ZRX400」が2色(パールクリスタルホワイト、キャンディライムグリーン)。「ZRX400U」が2色(メタリックノクターンブルー、エボニー)。
2004年3月に特別・限定仕様の「ZRX400 ARK限定車」を発売。
カワサキ正規取扱い店専用モデルでBEET製のチタンサイレンサーを装備。車体色は、通常と異なるストライプが入ったライムグリーン。100台限定で販売。
2005年2月に「ZRX400」と「ZRX400U」をマイナーチェンジ。
フロントフォークアウターチューブの色を黒→銀に変更。エンジンカバー類の色を黒→ブロンズに変更。ハンドルバーをアルミ製に変更。シート形状を変更し、従来よりシート高が10mm低くなった。「ZRX400」は、ビキニカウルがZRX1200Rと同一の物となり、形状が変更された。「ZRX400U」は、ヘッドライトがマルチリフレクタータイプとなった。車体色は、「ZRX400」が2色(エボニー、ライムグリーン)。車体色は、「ZRX400U」が2色(エボニー、メタリックノクターンブルー)。Z400FX(E4)風のツートーングラフィックを採用。
2005年12月に「ZRX400」と「ZRX400U」をカラーチェンジ。
車体色は、「ZRX400」が2色(キャンディプラズマブルー、ライムグリーン)。「ZRX400U」が2色(メタリックオーシャンブルー、エボニー)。

2006年12月に「ZRX400」と「ZRX400U」をカラーチェンジ。
エンジンカバー類をブロンズ色から黒色に変更。フロントフォークアウターチューブとスイングアームを銀色から黒色に変更。車体色は、「ZRX400」がライムグリーンの1色。「ZRX400U」が2色(キャンディサンダーブルー、キャンディカーディナルレッド)。
2007年3月に「ZRX400」をカラーチェンジ。
車体色に新色のメタリックディアブロブラックを追加。
2007年12月に「ZRX400」と「ZRX400U」をカラーチェンジ。
車体色は、「ZRX400」が2色(メタリックディアブロブラック、ライムグリーン)。「ZRX400U」がエボニー。
2008年3月に「ZRX400」をカラーチェンジ。
車体色は、「ZRX400」がキャンディライムグリーンでフロントフォークアウターチューブとスイングアームを銀色に変更。「ZRX400U」がパールクリスタルホワイトでホイールを金色に変更。これが最終モデル。
2008年9月にメーカーから生産終了を発表。

 

 

カワサキ ZRX1100の歴史

1996年12月に「ZRX1100」が新発売。型式は、ZRT10C
車体色は、2色(ミッドナイトパープル、メタリックセレストシルバー)。
1997年12月に「ZRX1100」をカラーチェンジ。
ドライブチェーンがゴールドとなった。車体色は、3色(ライムグリーン、エボニー、メタリックセレストシルバー)。
1999年1月に「ZRX1100」をカラーチェンジ。
メインスイッチがいたずら防止タイプになった。車体色は、2色(エボニー×パールコスミックグレー、ライムグリーン)。
2000年1月に「ZRX1100」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディライトニングブルー、ライムグリーン)。これが最終モデル。2001年からは、ZRX1200シリーズとなり、ビキニカウル付きモデルの後継は、ZRX1200Rが直系の後継車。

 

 

ここでは、
2000年1月発売のカワサキ ZRX400と
2000年1月発売のカワサキ ZRX1100
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ZRX

ZRX1100

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

カラーチェンジ

型式

ZR400E

ZRT10C

発売日

2000年1月

2000年1月

発売月

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2075

2120

全幅 (mm)

745

780

全高 (mm)

1115

1150

ホイールベース (mm)

1450

1450

最低地上高(mm)

105

135

シート高 (mm)

780

790

乾燥重量 (kg)

185

222

車両重量 (kg)

-

244

最小回転半径(m)

2.6

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

44

26

原動機型式

ZX400KE

ZXT10CE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

1052

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

57.5

76

行程(ピストンストローク)(mm)

38.5

58

圧縮比(:1)

11.2

10.1

最高出力(kW)

-

74

最高出力(PS)

53

100

最高出力回転数(rpm)

11000

8500

最大トルク(N・m)

37

96

最大トルク(kgf・m)

3.8

9.8

最大トルク回転数(rpm)

9000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVK30

CVK36

燃料タンク容量 (L)

16

20

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR9EK

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-12Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

3.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

2.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.2

3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.441

1.637

2次減速比

2.8

2.647

変速比

1速 3.165/2速 2.125/3速 1.666/4速 1.379/5速 1.217/6速 1.082

1速 2.733/2速 1.947/3速 1.478/4速 1.192/5速 1.034

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

42

45

チェーンサイズ

525

530

標準チェーンリンク数

106

110

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

27°00

25°00

トレール量 (mm)

105

104

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

110/70R17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

58

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/60R18

170/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

67

72

タイヤ(後)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W ×2

 

ZRX400とZRX1100の違いを比較

 

ZRX400とZRX1100の比較の口コミ

 

 

ZRX400の短所は、社外パーツが絶版になりつつあるのと、リアタイヤが18インチだからタイヤの選択肢が限られる。ZRX1100は、豊富な社外パーツがある。エンジン関連は、900ニンジャ〜ZZR1200から流用できるものもあるし。

 

 

ZRX400とZRX1100を見比べるとライト周りの堀の深さが違うね。

 

 

俺は、ZRX1100にした。ZRX400は、楽しくて安いけど、パワー不足。

 

 

ZRX1100乗りだけど、ZRX1100は、ZRX400より少し足つきが悪くて重い。自分は、両足爪先立ちでバックは、できない。

 

 

俺は、ZRX400からZRX1100に乗り換えたけど、ZRX1100の乗りやすさに驚いた。大型車は、もっとどっしりしてて曲がりにくいと思ってたから。

 

 

ビキニカウルは、2005年以降のZRX400なら、ZRX1100と同じ。

 

 

ZRX400からZRX1100乗り換えたけど、ZRX400に比べるとハンドルの微振動があって200km以上走ると手が痺れてくる。

 

 

ZRX400からZRX1100に乗り換えたら、コーナーの安定性とパワーに感動した。

 

 

ZRX400からZRX1100に乗り換えたけど、ポジションでは、あまり違和感を感じなかった。でもパワーは桁違い。

 

 

ZRX400からZRX1100に乗り換えたけど、ニュートラルから1速へ入れる時、ZRX400と同じ感覚で軽く蹴り込もうとしたら、ガラガラって音がする。少し強めに蹴り込んだら正常に入る。

 

ZRX400とZRX1100の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら