フェイズタイプSとスカイウェイブタイプMの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズタイプSとスカイウェイブタイプMの違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ250タイプMの歴史

2007年3月15日に新登場。型式は、JBK-CJ45A
車体色は、4色(パールネブラーブラック、マーブルデイトナイエロー、パールビガーブルー、パールグラスホワイト)の設定。
2007年10月に特別・限定仕様発売。
車体色は、マーブルエラキスレッド。
2008年3月にマイナーチェンジ。
電子制御式CVTによる5つの走行モードを設定。ブレーキとスロットル操作によりシフトダウンが可能な「スロットルシフト」を採用。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック、マーブルデイトナイエロー、パールミラージュホワイト)の設定。
2009年5月にカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールセルリアンブルー、キャンディマックスオレンジ、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)の設定。
2011年1月18日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のグラススパークルブラックとアルバブルーメタリックと既存色のパールミラージュホワイトの3色の設定。
2012年1月31日にマイナーチェンジ。
ブレキーレバー部のゴムカバーを廃止。車載工具の内容変更。スタートスイッチリングの照明色をオレンジに変更。車体色は、3色(グラススパークルブラック、アルバブルーメタリック、パールミラージュホワイト)の設定を継続。
2013年4月30日にマイナーチェンジ。
マフラーリヤカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、新色の「パールブレーシングホワイト/マットフィブロイングレーメタリック」と「パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2」、既存色の「グラススパークルブラック」の3色の設定。
2014年4月18日にマイナーチェンジ。
シートに赤のステッチを施し、「S」エンブレムを変更。車体色は、新色の「グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2」、「パールブレーシングホワイト/マットブラックメタリックNo.2」と既存色の「パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。

 

 

ホンダ フェイズタイプSの歴史

2009年11月26日より新発売。型式は、JBK-MF11
車体色は、コルチナホワイトの1色の設定。
2011年2月24日よりマイナーチェンジして発売。
「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。「フェイズ TYPE-S」は、ヴィクトリーレッドとグラファイトブラックの2色を新たに設定。
2012年2月3日よりカラーリングを変更して発売。
フェイズ TYPE-Sの車体色は、「パールサンビームホワイト(新色)」「グラファイトブラック」。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

ここでは、
2014年4月発売のスカイウェイブ250タイプM(JBK-CJ45A)と
2012年2月発売のフェイズタイプS(JBK-MF11)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ スカイウェイブ250タイプM

ホンダ フェイズタイプS

発売

2014年4月

2012年2月

型式

JBK-CJ45A

JBK-MF11

全長

2270mm

2180mm

全幅

760mm

750mm

全高

1225mm

1150mm

ホイールベース

1585mm

1540mm

シート高

710mm

755mm

最低地上高

125mm

130mm

総重量

221kg

185kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°20′

26°30′

トレール(mm)

102

89

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/80-14 M/C 58S

110/90-13 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

150/70-13 M/C 64S

140/70-13 M/C 61P

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量

249cc

248cc

圧縮比

11.3

10.2

ボア

69mm

68mm

最高出力(kW/rpm)

19(26PS)/7500

17(23PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

25(2.5kgf・m)/6000

23(2.3kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

39(60km/h)

43(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥734,400 グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2 ¥734,400 パールブレーシングホワイト/マットブラックメタリックNo.2 ¥734,400 パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2

¥635,250 パールサンビームホワイト

 



 

 

フェイズタイプSとスカイウェイブタイプMの比較の口コミ

 

 

フェイズの シート下のトランクは、スカイウェイブのようなフラットな形状ではないから前半分にカッパと工具と小物が積める程度。後ろ半分にフルフェイスのメットを横にすれば閉まる。

 

フェイズとスカイウェイブは、どちらも250のビッグスクーターですが全く違うバイクです。フェイズは、フォルツァをスポーティにしたバイクなのでビッグスクーターの中でも小柄で軽く取り回しも楽です。ポジションもスポーティなのでシート高もスカイウェイブが710mmに対してフェイズが755mmとなっており足つきも悪いです。そしてシート下の収納スペースもスカイウェイブが63Lに対してフェイズは、50Lしかありません。

 

 

私は、スカイウェイブに乗っています。ツーリングの時に友達のフェイズと燃費を比べたらフェイズの燃費は一般道で33km/L位。高速道路で37km/L位。スカイウェイブは、一般道で26km/L位。高速道路で33km/L位でした。

 

 

他の人とカブりたくないならフェイズがおすすめです。2015年に生産終了となりましたし、中古でもスカイウェイブより少ないです。

 

 

タンデムするなら絶対スカイウェイブです。メットが2個入るし、タンデムの時の安定性やタンデマーの快適性も全然違います。

 

 

車体のサイズも全然違いますし、フェイズの方が36kgも軽いです。街乗りで使うならフェイズの方が圧倒的に乗りやすい。

 

俺ならスカイウェイブを選ぶ。メットインが大きくて形がスクエアだから荷物が一杯入るし出し入れもしやすくて使い勝手がいい。普段の買い物やツーリングに行くときに便利。スカイウェイブのマニュアルモードもいいね。長い下りでエンブレ使えるしタンデムの時とかスクーターが苦手な場面で快適にすることができる。フェイズもタイプSでSマチックが使えるけどフェイズは、どちらかと言えば走りを楽しむバイクだね。

 

 

スカイウェイブは、でかすぎて出かけた時、停める場所に気を使います。

 

 

フェイズは、ハザードランプおよびパッシングスイッチがありません。傾斜がある信号待ちではブレーキを握りっぱしだし、パッシングがないので代わりにハイとロービームをカチカチしています。スカイウェイブタイプMは、どちらもついてます。

 

 

マニュアルモードはスカイウェイブであればタイプMのみについてます。フェイズは、ノーマルは、ついてませんがタイプSには、ついてます。

 

 

フェイズタイプSとスカイウェイブタイプMの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら