MT-07とCB650Fの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07とCB650Fの違いを比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ホンダ CB650Fの歴史

2014年4月21日に「CB650F」が新登場。型式は、EBL-RC83
新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒650ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CB650F」を発売。ABSは、標準装備。車体色は、2色(アトモスフィアブルーメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック)の設定。
2017年4月21日に「CB650F」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RC83
平成28年排出ガス規制に対応。スタイリングを刷新。LEDヘッドライトを採用し、タンクシュラウドのデザインを変更。バーハンドルの高さを従来モデルより低めに変更。6速ミッションのうち、2速から5速までのギア比をローレシオ化した。車体色は、2色(ヴィクトリーレッド、ソードシルバーメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2018年4月10日発売のヤマハ MT-07(2BL-RM19J)と
2017年4月21日発売のホンダ CB650F(2BL-RC83)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

MT-07 ABS

CB650F

発売年月

2018年4月

2017年4月

全長 (mm)

2085

2110

全幅 (mm)

745

780

全高 (mm)

1090

1075

軸間距離 (mm)

1400

1450

最低地上高 (mm)

140

150

シート高 (mm)

805

810

車両重量 (kg)

183

208

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

688

648

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

80

67

行程(ピストンストローク)(mm)

68.5

46

圧縮比(:1)

11.5

11.4

最高出力(kW)

54

66

最高出力(PS)

73

90

最高出力回転数(rpm)

9000

11000

最大トルク(N・m)

68

64

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

8000

燃料タンク容量 (L)

13

17

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

CR9EH-9

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3.5

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.925

1.69

2次減速比

2.687

2.8

変速比

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

1速 3.0710/2速 2.3520/3速 1.8880/4速 1.5600/5速 1.3700/6速 1.2140

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

15

スプロケット歯数・後

43

42

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

108

118

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°50

25°30

トレール量 (mm)

90

101

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38.4

31.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

23.9

21.4

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格(税込み)

777,600円(税抜き 720,000円)

923,400円(税抜き 855,000円)

 

MT-07とCB650Fの違いを比較

 

左がMT-07   右がCB650F
MT-07とCB650Fの装備の違いを比較

 

MT-07とCB650Fの比較の口コミ

 

 

MT-07は、2気筒。
CBR650Fは、4気筒。

 

 

出だしのトルク感は、2気筒のがあるよ。高回転までの伸びの滑らかさは、4気筒。ストップ&ゴーが多い街乗りメインなら2気筒のMT-07のがいいかも。

 

 

CBR650Fの方がパワーあるけど、MT-07より25kgも重いからな。余力を持て余すとストレス溜まるし、そこそこのパワーで車重が軽いMT-07の方がいい。

 

 

CBR650Fは、音が好き。でもメーターがダサいね。MT-07のメーターは、カッコイイ。

 

 

 

旅仕様にするならCBR650Fのがいい。でも15万円ぐらい価格差があるから、MT-07買ってその差額でいろいろ買えるからな。

 

 

俺は、MT-07のメーターよりCBR650Fのメーターのが全然良いと思った。MT-07の横長の平らなメーターは、安っぽく見える。MT-07のハンドル周りも貧相で250ccストリートバイクみたい。CBR650Fは、ハンドル周りの質感がフォルムにあってて好き。

 

 

伸びでは、MT-07は、CBR650Fに余裕で負ける。

 

 

値段と軽さに惹かれてMT-07にしようと思ってたけど、やっぱりCBR650Fの方が自分の好みのデザインだった。

 

 

俺は、4発が好きだからCB650Fにしたぜ。

 

 

俺も最初CBR650FとMT-07で迷ってた。でもCBR650Fの実車を見に行ってあの値段が評価を下げた。80万円で発売してたら人気出たと思う。レプリカでギアポジションも装備されてないのにあの値段だもんな。だから俺は、MT-07にした。

 

 

1速のギア比 x 1次減速比 x 2次減速比
MT-07 : 14.72
CBR650F : 14.53

 

 

MT-07のが安いって理由でMT-07にする人がいるけど、値段で決めない方がいい。せっかく大型バイク買うんだから自分が欲しいものを買えばいい。買ったらずっと乗るんだから15万円ぐらいの差で後悔しないように。

 

 

MT-07は、走りではCB650Fに劣るけど、そこそこの性能と軽量コンパクトな車体が良い。

 

 

●MT-07
馬力 73ps 重量 179kg 燃費 38.4km
価格 \699,840

 

●CB650F(ABS)
馬力 83ps 重量 208kg 燃費 31.5km
価格 \923,400

 

 

俺は、CB650Fが4気筒なのと車格の割に値段が高いからMT-07にした。

 

 

MT-07とCB650Fが並んでて最初は、MT-07しか興味無かったけど、MT-07に目が慣れてきたら統一感がない造形に見えてきて、横にあったCB650Fが気になってきた。値段も重さも結構アップするけど、数年付きあうなら見た目で決めたほうがいいかな。

 

 

CB650Fは、あのエキパイのデザインが好きな人が買うんだろうな。

 

 

CBR650Fは、現行のこのクラスで四発は、貴重な存在だし、低速から粘ってくれる良いエンジンだし、ハンドリングの素性もいい。でも各部の質の悪さは、あの値段からしたら微妙。せめて80万円台なら買ってた。まあ、四気筒・フルカウル・気負わない乗車スタイル・比較的車重が軽いという理由で良いバイクと思う。ただMT-07に乗った後では、霞んでしまう。コスパならMT-07。四発にこだわりがある人は、CBR650Fかな。

 

MT-07とCB650Fの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら