「ホンダ CB400SF」と 「ホンダ VTR250」を比較してみた

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

「ホンダ CB400SF」と 「ホンダ VTR250」を比較してみた

 

ホンダ CB400SF(EBL-NC42)の歴史

2007年12月にマイナーチェンジして型式がBC-NC39からEBL-NC42に変更。新たにABS仕様もタイプ設定した。
新しく電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。「HYPER VTEC」機構は、さらなる進化を遂げ、「HYPER VTEC Revo(レボ)」として新たに搭載。
2008年12月にカラー追加。
2010年2月にカラーチェンジ。
2010年3月に特別・限定仕様を発売。
2011年2月にカラーチェンジ。
2012年1月にカラーチェンジ。
2012年11月に特別・限定仕様を発売。
2014年3月にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化。一人でも二人でももっと遠くへ快適に」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。車体は、シートレールを変更、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2015年02月にABS仕様の特別・限定仕様を発売。
2016年3月にカラー追加。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月に新登場。型式は、MC33
2000年2月にマイナーチェンジ。
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。型式は、BA-MC33
2002年12月にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。
2007年1月にカラーチェンジ。
2009年3月にフルモデルチェンジ。
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。型式は、JBK-MC33
2010年7月16日にカラーチェンジ。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。
電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施される。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。

 

 

ここでは、
2014年3月発売のホンダ CB400SF(EBL-NC42)と
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの比較

車種

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ VTR

発売

2014年3月

2014年7月

型式

EBL-NC42

JBK-MC33

全長

2080mm

2080mm

全幅

725mm

725mm

全高

1080mm

1055mm

ホイールベース

1410mm

1405mm

シート高

755mm

755mm

最低地上高

130mm

155mm

乾燥重量

- kg

- kg

総重量

197kg

160kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°5′

25°30´

トレール(mm)

90

96

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/60ZR17 M/C 55W

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

140/60R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

399cc

249cc

圧縮比

11.3

11.0

ボア

55mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

39(53PS)/10500

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

38(3.9kgf・m)/9500

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

18.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

31(60km/h)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

\740,250
キャンディープロミネンスレッド

\740,250
アトモスフィアブルーメタリック

\740,250
グラファイトブラック

\771,750
パールサンビームホワイト

\598,320
グラファイトブラック

\598,320
デジタルシルバーメタリック

\598,320
パールサンビームホワイト

 

画像

 

CB400SF

VTR

 

 

口コミの比較

 

「ホンダ CB400SF」と 「ホンダ VTR250」の比較の口コミ
  • CB400SFの方が断然速いがその速さを検査を受けてまで必要かどうかは、その人次第。
  • 2気筒の楽しさを味わいたいならVTR。スムースな4気筒が好きならCB。
  • タンデムは、大きさや安定があるCB400SFの方が断然いい。
  • 大体のことは、VTRで事足りますが乗っていると更にパワーが欲しくなります。
  • CB400SFに乗り換えても最初は、満たされますがだんだん物足りなくなります。
  • 大きいバイクに乗るほど、腕は上がらなくなります。腕を磨いて400の4気筒車を追い回せるようになれば楽しい。
  • 車検のないVTRは用途次第では魅力あります
  • たぶん、VTRは物足りなくなると思います。
  • VTRとCB400SFでは、加速が全然違うし最高速度も違う。
  • 最高速では、SFが190km/h超、VTRが150km/hぐらい。
  • 高速道路で120〜130km/hくらいならVTRでも問題ないがVTRは、少し振動がある。
  • 60km/h以上の速度域での、発進加速や追い越し加速ならSFが圧倒的に速く、快適。
  • CB400SFだと加速も最高速もぐんと上がるがカウルがないと風圧がきつい。
  • 高速乗ったり、タンデムするならCB400SFのほうが楽。
  • 一人で街乗りしたりタイトなコーナーの峠を攻めるには、軽量と幅の狭さからVTR250の運動性の方が高い。
  • ポジションは、ほぼ同じだが股下は、SFの方が少し幅がある。
  • 足つきは、VTR250の方が良い。
  • CB400SFはシート下に大きめの小物入れがあるが、VTRにはない。
  • エンジンは、排気量から来るパワー、トルクの違いは、かなりある。
  • ブレーキは、軽量なVTR250の方が制動距離は短いです。
  • CB400SFの方が部品の数も多いし部品の価格も高いのでメンテナンスや修理でお金がかかる。

 

 

「ホンダ VTR250」の口コミ
  • ツーリング、高速、街乗り、何でもこなすバイク。
  • 曲がりやすいし、軽いし、町乗りには最高。
  • 軽く、バランスが良くいのでヒラヒラと走れる。
  • 初心者や女性に向いている。
  • 扱いやすいエンジンで乗ってると腕が上がったような気がするくらい素直。
  • やや軽めの音で高回転までよく回る。
  • 価格は、250ccの中では、高めだがそれだけの価値があるバイク。
  • 他のバイクから乗り換えるとバイクの良さがよくわかる。
  • シートはちょうどいい硬さ。
  • 積載性は、ほとんどありません。
  • 高速走行は、向いていない。100km/hくらいで風をモロに受ける。
  • 高速道路では、パワー不足は、問題ないが風がきつい。
  • 速度80km/hくらいが快適に走れる。燃費もその辺りを超えると悪くなる。
  • フラットなので乗りやすいが慣れると退屈。
  • 別のバイクから乗り換えて初めてわかる良さがある。
  • シートを絞っているので足つきが良い。身長180cmで両足がべったりつく。
  • ポジションは、身長が高い人は、窮屈に感じるかも。
  • 乗り心地は、バイクとの一体感が感じられる。
  • 車体がスリムなため街中のすり抜けができる。
  • 車体がスリムなので、すり抜けも楽。
  • 車体が軽く足つきが良いので倒れそうになったときは踏ん張れる。
  • 維持費全体ではVTRが圧倒的に安い。

 

 

「ホンダ CB400SF」の燃費の口コミ
  • 燃費はツーリングメインで、今のところ平均25km/Lです。
  • 市街地 20km/L,高速25km/L。満タンで300kmは走りますので満足です。
  • 市街地主体で22km/L,高速主体で28km/L。
  • 2012年式。一般道で20.0km/L。高速道で22.0km/L。
  • 2011年式。一般道で18.0km/L。高速道で22.0km/L。
  • 2011年式。一般道で23.0km/L。高速道で23.0km/L。
  • 2011年式。一般道で13.0km/L。高速道で20.0km/L。
  • 2009年式。一般道で19.0km/L。高速道で24.0km/L。

 

「ホンダ VTR250」の燃費の口コミ
  • 乗り方次第で上下は、あるが大体30km/lくらい。
  • 空ぶかしや荒い運転してると20km/l。普通に乗ってると27km/l。高速だと30km/lを越えます。
  • 通勤でアップダウンの激しい道を走るが25km/lくらい。
  • 峠中心で25km/l。高速で100km走行で27km/l、一般道中心で30km/l。
  • 年式2013年。一般道:25.0km/L 高速道:25.0km/L
  • 年式2013年。一般道:30.0km/L 高速道:32.0km/L
  • 年式2010年。一般道:30.0km/L 高速道:30.0km/L

 

 

CB400SFとVTR250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら