バリオスとジェイドの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バリオスとジェイドの違いを比較

 

カワサキ バリオスの歴史

1991年4月にバリオスが新登場。型式は、ZR250A
カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。
1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。
1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。
エンジンの出力が43psから40psに変更。
1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
ハザードランプが追加されるなどした。
1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
メーターに燃料計が追加された。
1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。
赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。
1997年2月にバリオス2が新登場。型式は、ZR250B
バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。この変更で外観のトラッドさがより強調。新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。
バリオスとバリオス2の違いの比較は、こちら。
1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。
2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。型式は、BA-ZR250B

平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。
バリオス2の「ZR250B」と「BA-ZR250B」の違いの比較は、こちら。
2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。
イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。
2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。
マルチリフレクターヘッドランプを採用。
2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。
自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。

 

 

ホンダ ジェイドの歴史

1991年3月15日に「ジェイド」が新登場。型式は、MC23
ホンダ独自のカムギア・トレーン(カムシャフトを歯車で駆動する方式)機構を採用した水冷4ストローク直列4気筒エンジンを搭載した250ccスポーツとして登場。JADEは、英語で翡翠(ヒスイ)の意味。車体色は、3色(タスマニアグリーンメタリック、グラニットブルーメタリック、キャンディブルゴーニュレッド)。
1991年7月に「ジェイド」をカラーチェンジ。
1992年4月7日に「ジェイド/S」をタイプ追加。
「ジェイド/S」は、前後ホイールリムをブラック仕上げ、「ブラック/ミースブルーメタリック」と「キャンディブルゴーニュレッド/ブラックのツートーン」のツートンのカラーリング、クロームメッキ処理されたメーターケース、新しいシートパターンを採用した上質感あふれるバリエーションモデル。
1993年6月10日に「ジェイド」をマイナーチェンジ。
タコメーターをスピードメーターと同径に大型化。エンジン全体をグレーメタリック塗装とし、シリンダーヘッドカバーと左側クランクケースカバーに高級感のあるバフ仕上げを施し、右側クランクケースカバー(ACジェネレーター部)をスピンバフ風に仕上げた。新しいパターンのシート表皮に変更。車体色は、3色(ヴォーテクスパープルメタリック、タスマニアグリーンメタリック、ブラック)。
1996年に後継となるホーネット発売に伴い生産終了。

 

 

ここでは、
1991年4月発売のカワサキ バリオス(ZR250A)と
1991年3月15日発売のホンダ ジェイド(MC23)
の違いを比較しました。

 

 

バリオスとジェイドのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

バリオス

ジェイド

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

ZR250A

MC23

発売日

1991年4月

1991年3月15日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2005

2060

全幅 (mm)

730

710

全高 (mm)

1055

1095

ホイールベース (mm)

1380

1420

最低地上高(mm)

150

155

シート高 (mm)

745

780

乾燥重量 (kg)

141

146

車両重量 (kg)

163

161

最小回転半径(m)

-

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(km/L)

51.560km/h走行時)

38(50km/h走行時)

原動機型式

ZX250CE

MC14E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

49

48.5

行程(ピストンストローク)(mm)

33.1

33.8

圧縮比(:1)

12.2

11.5

最高出力(PS)

45

40

最高出力回転数(rpm)

15000

14000

最大トルク(kgf・m)

2.6

2.4

最大トルク回転数(rpm)

11500

11000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVKD30

VP21

燃料タンク容量 (L)

15

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

772.5

532

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

2.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.55

2.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.291

2.966

2次減速比

3.428

3

変速比

1速 2.599/2速 1.789/3速 1.409/4速 1.159/5速 1.000/6速 0.892

1速 2.733/2速 2.000/3速 1.590/4速 1.332/5速 1.152/6速 1.034

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

48

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

110

112

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

25°00

26°10

トレール量 (mm)

93

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70-17

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

52

タイヤ(前)速度記号

H

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

エンジン回転計 有

エンジン回転計 有

 

バリオスとジェイドの違いの比較

 

バリオスとジェイドの比較の口コミ

 

 

バリオスとジェイドって似てるよね。

 

 

ジェイドのエンジンは、CBR250RR(MC22)のエンジンがベース。
バリオスのエンジンは、ZXR250のエンジンがベース。

 

 

バリオスもジェイドも高回転エンジン。

 

 

最高速ならバリオスもジェイドも差はない。どっちもエンジン性能なら180km/hは出る。でも実際は、風圧に負けるから140km/hぐらいまでしか出さないけど。峠でもたいした差は、ないと思う。だからデザインが好きな方を買えばいい。

 

 

性能の限界は、同じぐらいだから速さは、乗り手次第。バリオスもジェイドもレプリカ系のエンジンを使ってるけど、一般道を走行することが前提で乗りやすさを重視したセッティングになってる。それに両車のエンジンのベースになってるZXR250とCBR250RRを比べても、たいした差はない。

 

 

カムを回す方法が
バリオスは、チェーン駆動。
ジェイドは、ギア駆動。

 

ジェイドは、CBR系のエンジンでギアトレインだから高音がたまらない。

 

 

バリウスは、当時から人気があった。ジェイドは、当時おっさん臭くて人気がなかったけど最近は若者に人気あるね。どちらもまともな状態の車両は、少なくなってきてるけど、現時点の部品供給率からすればバリウスの方がいいかも。

 

 

俺は、見た目で決めたけど、ジェイドはなかった。バリオスがなんかセクシーでカッコよかった。ジェイドは、外見の特徴がほとんど無いと思った。まあ、それが特徴なのかもしれないけど。

 

 

俺もバリオスのデザインの方がジェイドより味があって好き。大きなラジエターガードがそそる。

 

 

ジェイドは、良いバイクと思うけど、人気が無いのは、デザインが地味すぎたからだと思う。

 

 

俺は、ジェイドのデザインがバランス取れてて良いと思う。

 

 

バリオスは、発売当時センタースタンドが無くて不便だった。その当時のライバルだったジェイドは、センタースタンドが標準装備だった。

 

 

バリオスかジェイドで悩んでる。デザイン的にはバリオスの方がいいけど、2011年7月時点で同程度の中古車を比較するとバリオスの方が少し値段が高いね。

 

 

ジェイドの音は、ホーネットみたいなカムギアの独特な音がする。

 

 

俺は、バリオスにした。理由は、ジェイドは、タンクキャップがかっこ悪い。バーエンドが無い。メーターがメッキで無いのが多い。シート高がバリオスより少し高い。アフターパーツもバリオスより少ない。

 

バリオスとジェイドの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら