スカイウェイブ400とバーグマン400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ400とバーグマン400の違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ400タイプSの歴史

2003年8月8日に新登場。型式は、BC-CK43A
車体色は、パールネブラーブラック、パールグラスホワイトの2色。
2004年7月にマイナーチェンジ。
車体色は、新色のパールスズキディープブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2005年6月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のキャンディグランブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2006年5月にフルモデルチェンジ。型式は、BC-CK44A
新エンジンの水冷4スト単気筒DOHC4バルブ・399ccを搭載。フレームも新型、リアサスにリンク式を採用し、フロントブレーキはダブルディスク式となる。キーレススタートシステムも搭載。車体色は、新色のパールビガーブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2007年7月にカラーチェンジ。
車体色は、ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2009年4月20日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-CK45A
アンチロックブレーキシステム(ABS)を標準装備して「スカイウェイブ400タイプS ABS」となる。平成19年排出ガス規制に適合。車体色は、アクアブルーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2011年1月18日にマイナーチェンジ。
最高出力、最大トルク等諸元の変更。エンジン回転計(レッドゾーン位置)の変更。エアクリーナー構造の変更。車体色は、新色サンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2012年3月30日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。トランスポンダイモビライザーを変更。車載工具の内容を変更。

車体色は、従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトの2色。
2014年10月29日にマイナーチェンジ。
ヘッドライト左上部の「ABS」デカールを廃止。フロントマスクのSエンブレムを変更。灰色のシートステッチを採用。ホイールピンストライプ色をレッドに変更。テールレンズ色をスモークからクリアに変更。ヘッドライトエクステンション色をスモークからブルーに変更。車体色は、のマットフィブロイングレーメタリックとパールブレーシングホワイトの2色。

 

 

スズキ バーグマン400の歴史

2017年8月4日より新登場。型式は、2BL-DU11A
スカイウェイブ400がフルモデルチェンジして「バーグマン400 ABS」として新登場。車体色は、2色(マットブラックメタリックNo.2、パールグレッシャーホワイト)の設定。
2018年9月21日よりカラーチェンジ。
車体色に新色のマットブルーメタリックが追加。ホワイトに赤いホイールが採用。従来色の2色とあわせて全3色の設定。

 

 

ここでは、
2014年10月29日発売のスズキ スカイウェイブ400タイプS ABS(EBL-CK45A)と
2017年8月4日発売のスズキ バーグマン400 ABS(2BL-DU11A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スカイウェイブ400タイプS ABS

バーグマン400 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2014年10月29日

2017年8月4日

型式

EBL-CK45A

2BL-DU11A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2270

2235

全幅 (mm)

760

765

全高 (mm)

1225

1350

軸間距離 (mm)

1585

1580

最低地上高 (mm)

125

125

シート高 (mm)

710

755

車両重量 (kg)

223

215

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

81

81

行程(ピストンストローク)(mm)

77.6

77.6

圧縮比(:1)

10.5

10.5

最高出力(kW)

23

23

最高出力(PS)

31

31

最高出力回転数(rpm)

7000

6300

最大トルク(N・m)

33

36

最大トルク(kgf・m)

3.4

3.7

最大トルク回転数(rpm)

5000

4800

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTZ9-BS

FTZ9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

パイプアンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°20

25°00

トレール量 (mm)

102

101

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32

26.5

燃料消費率(WMTCモード値)(km/L)

-

25

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/80-14

120/70-15

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

56

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

150/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

65

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

LED

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

799,200円

799,200円

 

スカイウェイブ400とバーグマン400の違いを比較
左がスカイウェイブ400 右がバーグマン400
スカイウェイブ400とバーグマン400の装備の違いを比較

 

スカイウェイブ400とバーグマン400の比較の口コミ

 

 

バーグマンは、スカイウェイブ400よりも出足が良くなってる。

 

 

バーグマン400のシート下トランクの容量は、スカイウェイブ400の63Lから大きくダウンして42Lしかない。

 

 

 

●車両重量と馬力とトルク
スカイウェイブ400タイプS ABS 223kg 31ps 33N・m
バーグマン400 ABS 215kg 31ps 36N・m

 

 

スカイウェブ400乗ってた時は、どっしりしてて全然疲れなかった。バーグマン400は、試乗したけど、良さをあまり感じなかったな。

 

 

●タンク容量
スカイウェイブ400タイプS ABS 13L
バーグマン400 ABS 13L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
スカイウェイブ400タイプS ABS 32km/L
バーグマン400 ABS 26.5km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
スカイウェイブ400タイプS ABS 13L × 32km/L =416km
バーグマン400 ABS 13L × 26.5km/L =344.5km

 

 

フロントボックスは、
スカイウェイブ400は、フロントパネル内に3つ装備。容量約10Lのロック付き大型コンパートメントをひとつ、フタの開閉時、横にスイングする約1Lの小型コンパートメントをハンドル下左右に装備。
バーグマン400は、2つのフロントボックスがあって右側に3.5リットル、左側に2.8リットルを装備。

 

 

スカイウェイブ400は、スマートキー。バーグマン400は、鍵穴にマグネット式のシャッターを設けたシャッター付キーシリンダー。あとバーグマン400には、セキュリティシステムとして、スズキ独自のイモビライザーシステム「S.A.I.S」が標準装備されてる。

 

スカイウェイブ400とバーグマン400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら