NINJA400とCBR250RRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400とCBR250RRの違いを比較

 

カワサキ Ninja400の歴史

2013年12月1日にNinja400が新登場。型式は、EBL-EX400E
旧モデルのNinja400Rをフルモデルチェンジし、「Ninja400」の車名に変更された。車体は2011年モデルのNinja650と共通化し、よりシャープなスタイルに。カウルのデザインやマフラーエンドの跳ね上がりなど印象が大きく変わった。399ccの水冷4スト並列2気筒エンジンは、Ninja400R(ER-4n)をベースにレスポンスアップ。ウインドスクリーンは、上下3段階で高さを変更可能。新作のアナログ+液晶タイプの多機能メーターを採用。
2013年12月1日に「Ninja400 Special Edition」と「Ninja400 ABS Special Edition」を発売。
ライムグリーンのグラフィックを採用したスペシャルエディション。ABS搭載モデルと非搭載を設定。
2014年4月15日にNinja400 ABS Special Editionをカラーチェンジ。
2015年2月1日に「Ninja400」と「Ninja400 Special Edition」と「 Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2015年6月1日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
アッパーカウル、アンダーカウル、タンクカバー、シートカウルに水転写によるカーボングラフィックを施した。サイドカウルとタンクカバーにKawasakiとNinjaの立体エンブレムが貼付。
2015年12月1日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2016年10月15日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2017年4月15日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
2018年2月1日にNinja400をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-EX400G
Ninja250と同時にフルモデルチェンジ。Ninja400RもNinja400もERシリーズ(海外向け)がベースでNinja250とは姉妹的な関係はなかったが2018年モデルからベースが同じの排気量違いのモデルとなった。ボディデザインは、同時代のNinja ZX-10Rと同様のテイスト。トレリスフレームなどはNinjaH2をイメージさせる。398ccの水冷並列2気筒のエンジンを搭載。2017年モデルと別物で、10000rpm時に48psを発生。LEDヘッドライトやアシスト&スリッパークラッチを装備。メーターにギアポジションが付いた。ABSは標準装備となり車名からABSがなくなる。
2018年2月1日にNinja400 KRT Edition発売。
Ninja400の2018年モデルがベースの特別外装モデル。KRTカラーバージョンとしてスーパーバイク世界選手権に参戦するNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングが設定。
2018年10月1日にカワサキ「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。

 

 

ホンダ CBR250RRの歴史


1990年3月19日CBR250RRが新登場。型式は、MC22
1989年発売のCBR250R(MC19型)からのフルモデルチェンジ車。車体色は、ホワイト/レッド、ブラック/シルバーの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーの1色。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック/シルバーの1色。
1992年5月28日にカラーチェンジ。
車体色は、トリコロール、ブラックの2色。
1994年6月24日にマイナーチェンジ。
バルブタイミングや排気管の構造を変更し、中低速域での出力向上。最高出力が45ps/15,000rpmから40ps/14,500rpmに。最大トルクが2.5kg-m/12,000rpmから2.4kg-m/11,500rpmに変更。車体色は、トリコロールとメタリックレッドの2色。
2000年に生産終了。
2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。
2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。
2018年11月22日にカラーチェンジして発売。

車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。

 

 

ここでは、
2018年2月1日発売のカワサキ NINJA400(2BL-EX400G)と
2017年5月12日発売のホンダ CBR250RR ABS(2BK-MC51)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

NINJA400

CBR250RR ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

発売年月

2018年2月1日

2017年5月12日

型式

2BL-EX400G

2BK-MC51

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1990

2065

全幅 (mm)

710

725

全高 (mm)

1120

1095

軸間距離 (mm)

1370

1390

最低地上高 (mm)

140

145

シート高 (mm)

785

790

車両重量 (kg)

167

167

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

70

62

行程(ピストンストローク)(mm)

51.8

41.3

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

35

28

最高出力(PS)

48

38

最高出力回転数(rpm)

10000

12500

最大トルク(N・m)

38

23

最大トルク(kgf・m)

3.9

2.3

最大トルク回転数(rpm)

8000

11000

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.218

2.781

2次減速比

2.928

2.928

変速比

1速 2.9280/2速 2.0550/3速 1.6190/4速 1.3330/5速 1.1530/6速 1.0370

1速 3.2720/2速 2.1870/3速 1.7270/4速 1.4210/5速 1.2220/6速 1.0680

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

112

フレーム型式

トレリス

ダイヤモンド

キャスター角

24°70

24°30

トレール量 (mm)

92

92

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32

40.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24.8

26.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70R17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/60R17

140/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有

メーカー小売価格

669,840円

806,760円(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
828,360円(ヴィクトリーレッド)

 

NINJA400とCBR250RRの違いを比較

 

左がNINJA400 右がCBR250RR
NINJA400とCBR250RRの装備違いを比較

 

NINJA400とCBR250RRの比較の口コミ

 

 

馬力に拘るなら新型Ninja400にすればいい。車体がNinja250と共有でCBR250RR ABSと同じ車重167kgの軽量なボディに400ccの馬力だし。

 

 

俺は、新型Ninja400が出る前にCBR250RR買ってしまって、少し後悔してるけど、まあ、車検が無いからCBR250RRでいいかな。

 

 

CBR250RRの80万円は、高すぎるわ。それより安くワンクラス上のNinja400が買えるならNinja400の方がいいわ。

 

 

CBR250RRは、倒立サスなのがデカい。まあ、それだけ値段の差があるけど。

 

 

両方試乗したけど、Ninja400の方が乗り心地は、良かったな。

 

 

サーキット走るならいいけど、公道だけなら倒立とかいらないでしょ。

 

 

CBR250RRと比べるとNinja400は、スポーツバイクとしては、一段劣る感じだね。もちろん旧型と比べればスポーツ向きだけど本気スポーツバイクじゃないと思う。

 

 

2018年2月のヤングマシンで新旧250と400を交えたバトルをしてたけど、0-1000mの直線比較で1位が新型Ninja400の26秒で2位が1秒遅れでCBR400R。3位が0.7秒遅れでCBR250RR。
新NINJA400 > CBR400R > CBR250RR > YZF-R3 > 新NINJA250 > YZF-R25

 

新Ninja400 26秒161
CBR400R 27秒259
CBR250RR 27秒937
YZF-R3 28秒155
新Ninja250 28秒324
旧Ninja400 28秒533
旧Ninja250 29秒733
YZF-R25 29秒918

 

 

 

NINJA400とCBR250RRの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら