ジクサー150とジクサー250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ジクサー150とジクサー250の違いを比較

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月に「ジクサー」をインドを中心としたアジア、中南米で先行販売した。
2015年に「ジクサー」にフルカウルを装着した SFが発表。
2017年1月27日に「ジクサー」の日本向けの仕様が正規輸入により発売。型式は、2BK-NG4BG
車体色は、ブルー、パークルブラック、ブラック×レッドの3色。
2018年6月11日に「ジクサー」をカラーチェンジ。
車体色は、ブラック×ブルー、レッド×シルバー、ブラックの3色。
2020年3月4日に「ジクサー」をフルモデルチェンジ。型式は、2BK-ED13N
LEDヘッドライトを採用。シートが前後一体式から分割式に変更。スイングアームマウントのリアフェンダーを装備。フロントブレーキにABSを装備。車体色は、ブラック×ブルー、ブラック、シルバー×ブラックの3色。

 

 

スズキ ジクサー250の歴史

2020年4月24日に「ジクサーSF250」が新登場。型式は、2BK-ED22B
フルカウルスポーツの「ジクサーSF250」を発売。エンジンは、新開発の油冷249cm3単気筒4バルブSOHCを搭載。従来の燃焼室の上からオイル噴射で冷却していたものと違い、燃焼室の外周にオイルの通路を設置し冷却するSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を採用。他にもフルデジタル表示の液晶多機能メーター、前後二分割シート、スイングアームマウントリアフェンダー、前110後150サイズのラジアルタイヤ、ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステム、ABSなどを標準装備。車体色は、3色(マットプラチナシルバーメタリックNo.2、トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)。
2020年6月17日に「ジクサー250」が新登場。型式は、2BK-ED22B
「ジクサー250」は、「ジクサーSF250」のネイキッドモデル。車体色は、3色(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2、マットブラックメタリックNo.2)。
2021年4月20日に「ジクサーSF250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2)。
2021年5月25日に「ジクサー250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2)。

 

 

ここでは、
2020年3月4日発売のスズキ ジクサー(型式 2BK-ED13N)と
2020年6月17日発売のスズキ ジクサー250(型式 2BK-ED22B)
の違いを比較しました。

 

 

ジクサー150とジクサー250のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ジクサー

ジクサー 250

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

型式

2BK-ED13N

2BK-ED22B

発売日

2020年3月4日

2020年6月17日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2020

2010

全幅 (mm)

800

805

全高 (mm)

1035

1035

ホイールベース (mm)

1335

1345

最低地上高(mm)

160

165

シート高 (mm)

795

800

車両重量 (kg)

139

154

最小回転半径(m)

2.6

2.6

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

55.3

45

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51

37.7

原動機型式

BGA1

EJA1

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

油冷

排気量 (cc)

154

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

56

76

行程(ピストンストローク)(mm)

62.9

54.9

圧縮比(:1)

9.8

10.7

最高出力(kW)

10

19

最高出力(PS)

14

26

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

14

22

最大トルク(kgf・m)

1.4

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6000

7300

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

663.6

540

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

MR8E-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V 21.6kC(6Ah)/10HR

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.85

1.18

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

0.95

1.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.181

3.086

2次減速比

3

3.076

変速比

1速 2.750/2速 1.750/3速 1.299/4速 1.044/5速 0.875

1速 2.500/2速 1.687/3速 1.315/4速 1.110/5速 0.953/6速 0.825

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーンサイズ

428

-

標準チェーンリンク数

132

-

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°45

24°20

トレール量 (mm)

100

96

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

41

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

100/80-17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

52

54

タイヤ(前)速度記号

S

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/60R17

150/60R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

63

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

352,000円(消費税抜き本体価格 293,000円)
グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、
グラススパークルブラック、
ソニックシルバーメタリック×グラススパークルブラック

448,800円(消費税込本体価格)
マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2、
マットブラックメタリックNo.2

販売計画台数(国内・年間)

1,000台

1,800台

生産国

インド

インド

 

ジクサー150とジクサー250の違いを比較

 

ジクサー150とジクサー250の外観のサイドの違いを比較

 

ジクサー150とジクサー250の違いを比較

 

 

ジクサー150とジクサー250で悩んでるなら250にした方がいいよ。特に最初の1台目の人とかジクサー買ってずっと乗り続けたい人は。ジクサー150のパワー感を理解した上で買うならいいけど、そうでないならジクサー250にした方が後悔しない。

 

 

2020年11月時点での現行のジクサー150と250のフレームは一緒だよ。ジクサー250は一部強化してるだけ。

 

 

なんでジクサー150には、センタースタンドが付いてるのに、ジクサー250には、ないんだろうね?

 

 

旧型のジクサー150とジクサー250の両方も持ってるけど、燃費はジクサー150のが圧勝。ジクサー250は、35〜40km/Lくらいだけど、ジクサー150は45〜50km/L以上はいく。ジクサー250は、走っててワクワクするような楽しさだけど、ジクサー150はフワッとした加速で快適で楽しい。

 

 

俺は、150ccや250ccで高速走ることほぼ無いから、ジクサー150の方が向いてると思う。

 

 

市街地はジクサー150の方が楽しいと思う。高速は、ジクサー250の方がいいかもしれないけど、結局ネイキッドだからどっちにしても防風つけないと100km/h以上はきついから、90km/h巡行で走るとすれば、ジクサー150でもいい気がする。まあ、ジクサー150に乗ってるともう少しパワーが欲しいと感じることもあるけど。

 

 

バイクに余裕があると無いでは、高速道路は、全然違うよ。風圧で体に余裕が無いだけならバイクと戯れながらニヤニヤできるけど、バイクにも余裕が無かったらマジ顔になる。ジクサー150は、高速道路の登り坂で全開でメーター読み100km/hでないのは驚いたし怖かった。

 

 

日本でジクサー150にするメリットは、価格が少し安いのと少しの燃費の良さくらいじゃない?

 

 

ジクサー150とジクサー250の重量の差は、15kgくらいだね。

 

 

両方乗ったけど、体感的軽さはそんな変わらなかった。むしろジクサー250の方が全体のバランスが良かった。

 

 

シフトのフィーリングは、ジクサー150のが少し重々しい感じがした。ロングストロークエンジン特性だし、エンブレもきつくかかる感じ。ジクサー250のが全域で軽快でテンポがいい感じだった。4速、5速固定でずっと走っていてもそれなりにパワーあるけどポンポン変えて走るの方が軽快で楽しい。

 

 

旧ジクサー150とジクサーSF250を持ってて、新型ジクサー150だけまだ触れてないけど、乗り味は150と250では結構違う。旧型ジクサー150と比べると、旧型のシートの方が以外とミッシリしてる。足つきを犠牲にしてる分座面の自由度あって楽だけど
、1速がシビア過ぎる以外は、一般道で速度制限を守って走るならジクサー150のが圧倒的に楽。振動は7000rpm出すまで全く無いレベルだし、ジクサーSF250と比べると軽くてハンドルもキレキレなのが良い。でもエンブレは、ジクサー150のがガツンガツンくるからラフにシフトダウンすると股間や腰に響く。そこはジクサーSF250の方が余裕があるエンブレだから好き。

 

 

燃費とアクセルのイージーさではジクサー150。

 

ジクサー150とジクサー250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら