Z1000とNINJA1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Z1000とNINJA1000の違いを比較

 

カワサキ Z1000の歴史

2003年1月に海外仕様の「Z1000」が新登場。
2004年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2005年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2006年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2007年1月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
2008年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2009年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2010年1月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
2011年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2012年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2013年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2014年4月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
「Z1000」、「Z1000 ABS」、「Z1000 Special Edition」、「Z1000 ABS Special Edition」を発売。凄みのあるスタイルをさらに強調した4代目。LED化されたヘッドライト&テールライト。燃料タンクは15Lから17Lに拡大。日本へは、「Z1000 ABS Special Edition」だけが導入(逆輸入)された。
2015年1月に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 ABS」をカラーチェンジ。
2016年1月に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 ABS」をマイナーチェンジ。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。

2017年に海外仕様の「Z1000 ABS」をマイナーチェンジ。
メーターパネルにギアポジション表示とシフトタイミングを知らせるインジケーターを追加。
2017年4月15日に日本国内仕様の「Z1000 ABS」が新登場。型式は、2BL-ZXT00W
2017年モデルから国内向けモデルとして正式に販売開始。メーターパネルにギアポジション表示とシフトタイミングを知らせるインジケーターを追加。
2017年6月に海外仕様の「Z1000 ABS R Edition」を発売。
フロントブレーキにブレンボを採用。リアサスにオーリンズを採用。
2017年に海外仕様の「Z1000」をマイナーチェンジ。
海外仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類のフルLED化された。車名から「ABS」の文字は消えるもABSは標準搭載。
2017年9月1日に日本国内仕様の「Z1000」をマイナーチェンジ。
国内仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類がフルLED化された。車名から「ABS」の文字が消えるもABSは標準搭載。
2017年11月に海外仕様の「Z1000 R Edition」をマイナーチェンジ。
海外仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類のフルLED化された。車名から「ABS」の文字は消えるもABSは標準搭載。
2018年に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 R Edition」をカラーチェンジ。
海外仕様の2019年モデルを発売。
2018年12月1日に日本国内仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2017年4月15日発売のカワサキ Z1000 ABS(2BL-ZXT00W)と
2017年3月15日発売のカワサキ Ninja1000 ABS(2BL-ZXT00W)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Z1000 ABS

Ninja 1000 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

2017年4月15日

2017年3月15日

型式

2BL-ZXT00W

2BL-ZXT00W

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2050

2100

全幅 (mm)

790

790

全高 (mm)

1055

1185

軸間距離 (mm)

1440

1440

最低地上高 (mm)

125

130

シート高 (mm)

815

815

車両重量 (kg)

221

235

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1043

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

56

56

圧縮比(:1)

11.8

11.8

最高出力(kW)

104

104

最高出力(PS)

141

141

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

111

111

最大トルク(kgf・m)

11.3

11.3

最大トルク回転数(rpm)

7300

7300

燃料タンク容量 (L)

17

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.2

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.8

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.627

1.627

2次減速比

2.733

2.733

変速比

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3880/5速 1.2380/6速 1.1070

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3880/5速 1.0450/6速 0.9230

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24.5°

24.5°

トレール量 (mm)

101

102

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

23

23

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

17.5

17.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有
盗難防止装置 有

メーカー小売価格

1,144,800円

1,274,400円

 

Z1000 ABS(2BL-ZXT00W)とNinja1000 ABS(2BL-ZXT00W)の違いを比較

 

左がZ1000 ABS(2BL-ZXT00W) 右がNinja1000 ABS(2BL-ZXT00W)
Z1000 ABS(2BL-ZXT00W)とNinja1000 ABS(2BL-ZXT00W)の装備の違い

 

Z1000とNINJA1000の比較の口コミ

 

 

Z1000は、タコメーターだけが残念。Ninja1000のようなアナログのが好き。

 

 

Ninja1000のタコメーターは、見にくいよ。 針の視認性が悪い。

 

 

前Ninja1000に乗ってて、今は、Z1000に乗ってる。乗り換えた理由は、日帰りツーリングしかしないのでパニアが必要なかったのと、スクールに通ってたらジムカーナやサーキットを走りたくなってきた。乗ってたのは、現行のNinja1000だったけど、タコメーターの針とメモリが同色で見にくくて不満だった。あと高値で売れたもの。Z1000は、加速もターンも楽しい。6000rpmあたりから音が変わってやる気もでる。足つきは、良くなったけど、重心が高くなったから信号待ちで強風が吹くとふらつきやすい。

 

 

Ninja1000とZ1000だと、ツアラーとストリートファイターぐらいハンドリングが違う。俺は、Z1000のハンドリングのが好き。Ninja1000は、前輪が遠いところを通っている感じが好みじゃない。

 

 

NINJA1000は、Zベースだが、リアフレームは、作り直してる。

 

 

以前NINJA1000の開発者のインタビューの中でZ1000のアップハンからセパハンにしたのは、ヨーロッパだとフルカウルのアップハンは、売れないからと答えてた。

 

 

2017年の国内のパーツリスト見てたらZ1000のリヤスプロケがNinja1000と同じ41で逆車の43よりハイギアードになってた。Z1000は、猛烈なローギアでドッカン加速が売りだったのにハイギア化って。そのままでよかったのに。

 

 

パニアが必要なら、素直にNinja1000にした方がいい。
Z1000だとパニアは、諦めた方がいい。まあ、金かければつくだろうけど。

 

 

Z1000は、Ninja1000よりハンドル位置が低いからNinja1000より前傾になる。

 

 

Z1000を扱いやすいツアラーにしたのがNinja1000。2011年に海外仕様のNinja1000が新発売されたけど、それは、3代目のZ1000がベースになってる。Z1000は、ABS以外の電子デバイスがついてない。俺には、Z1000は、上級者向けのイメージがある。

 

 

ツーリングメインならNinja1000なんだろうけど、見た目はZ1000が好きだから悩む。

 

 

俺は、Z1000が好きだったけど、今は、ロンツー好きになった。だから必要なのはカウルとパニアでNinja1000を選ぶ。

 

 

Z1000からの派生がNinja1000。下手くそ用に電子制御とか付けただけ。Z1000は、コンセプト的にそういうのは、コストかかるし要らないって事でしょ。

 

 

Z1000から軽快感無くしたのがNinja1000だからな。

 

 

前のZ1000は、Ninja1000より、ファイナルをショートにしてたけど、2017年以降の国内仕様は若干ロングになって、Ninja1000と変わらない。それでもまだショート過ぎるから俺は、フロントを一丁追加したけど。でもECUのセットが結構違うからZ1000のがピーキーだろうけど。

 

Z1000とNINJA1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら