Vストローム650とVストローム1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Vストローム650とVストローム1000の違いを比較

 

スズキ Vストローム650ABSの歴史

2013年1月8日に欧州・北米を中心に好評を得てきたVストローム650を国内導入。型式は、EBL-VP56A
車体色は、3色(パールビガーブルー、パールグレッシャーホワイト、サンダーグレーメタリック)。
2013年11月28日にカラーチェンジ。
タンク両側の「Sエンブレム」を変更。車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、パールブレーシングホワイト、サンダーグレーメタリック)。
2014年10月10日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、マットフィブロイングレーメタリック、パールブレーシングホワイト)。
2015年9月30日にカラーチェンジ。
マフラーカバーの色をマットチタニウムシルバーに変更。車体色は、3色(グラススパークルブラック、キャンディダーリングレッド、マットフィブロイングレーメタリック)。
2017年5月30日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-C733A
Vストローム650とVストローム1000でイメージデザインの統一。平成28年国内排出ガス規制に対応した新エンジンの採用で出力とトルクが向上。トラクションコントロールを採用。ワンプッシュでエンジンを始動できるスズキイージースタートシステムや発進時のエンジンの落ち込みを感じくくし安心感を与えてくれるローRPMアシストを採用。スクリーンは、従来より9mm高くなった。12Vのアクセサリーソケットを採用。車体色は、3色(チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック)。
Vストローム650 「EBL-VP56A」と「2BL-C733A」の違いを比較
2018年3月16日にカラーチェンジ。
カラーリングとデカールを変更。車体色は、3色(チャンピオンイエローNo.2、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。
2019年3月28日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。

 

 

スズキ Vストローム1000 ABSの歴史

2014年6月4日Vストローム1000 ABSの国内仕様が新発売。型式は、EBL-VU51A
海外向けモデルのVストローム1000の日本仕様を設定し発売。
車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。
2015年12月24日にカラーチェンジ。
車体色は、5色(マットフィブロイングレーメタリック(新色)、ミスティックシルバーメタリック(新色)、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。新色のマフラーカバーは、マットブラックに変更。
2017年6月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-VU51A
デザインがVストローム650と共通に。「モーショントラック・ブレーキシステム」を採用。フロントブレーキ圧が一定以上になるとリアブレーキも自動的に作動。車体色は、3色(チャンピオンイエローNo.2(新色)、パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック)。
2018年3月16日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(オールトグレーメタリックNo.3(新色)、チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト)。
2019年3月28日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディダーリングレッド(新色)、グラススパークルブラック(新色)、パールグレッシャーホワイト)。

 

 

ここでは、
2017年5月30日発売のスズキ Vストローム650 ABS(2BL-C733A)と
2017年6月26日発売のスズキ Vストローム1000 ABS(2BL-VU51A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Vストローム650 ABS

Vストローム1000 ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2017年5月30日

2017年6月26日

型式

2BL-C733A

2BL-VU51A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2275

2280

全幅 (mm)

835

930

全高 (mm)

1405

1470

軸間距離 (mm)

1560

1555

最低地上高 (mm)

170

165

シート高 (mm)

835

850

車両重量 (kg)

212

232

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

645

1036

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

81

100

行程(ピストンストローク)(mm)

62.6

66

圧縮比(:1)

11.2

11.3

最高出力(kW)

51

73

最高出力(PS)

69

99

最高出力回転数(rpm)

8800

8000

最大トルク(N・m)

61

100

最大トルク(kgf・m)

6.2

10.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

4000

燃料タンク容量 (L)

20

20

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8E-9

LMAR8BI-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX12-BS

FTZ14S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.4

2.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.75

3.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.088

1.838

2次減速比

3.133

2.411

変速比

1速 2.4610/2速 1.7770/3速 1.3800/4速 1.1250/5速 0.9610/6速 0.8510

1速 3.0000/2速 1.9330/3速 1.5000/4速 1.2270/5速 1.0860/6速 1.0000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

47

42

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

118

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

26°00

25°30

トレール量 (mm)

110

109

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

24.2

20.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

35.5

32.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/80R19

110/80R19

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

59

59

タイヤ(前)速度記号

H

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70R17

150/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

H

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

H9

ヘッドライトタイプ(Lo)

H7

H7

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

メーカー小売価格

907,200円

1,404,000円

 

Vストローム650 ABS(2BL-C733A)とVストローム1000 ABS(2BL-VU51A)の違いを比較

 

 

Vストローム650 ABS(2BL-C733A)とVストローム1000 ABS(2BL-VU51A)の比較の口コミ

 

 

どっちも新型のVストローム650とVストローム1000を試乗してきた。短い距離だから三速までしか使えなかったけど、二速だけで走ったらVストローム650は、ギクシャクするのにVストローム1000は、スムーズでオートマ感覚で走れた。

 

 

俺も両方お台場で試乗したけど、2速ではVストローム1000のがスムーズだった。慣れてないせいかと思ってVストローム650に3回乗って確かめたけど、やっぱりVストローム650は少しギクシャクした。でも慣れたらスムーズに乗れる。どっちもいいバイクだった。

 

 

●車両重量と馬力
Vストローム650 ABS 212kg 69PS
Vストローム1000 ABS 232kg 99PS

 

 

旧Vストローム650は、ツアラーっぽい感じを受けたけど、新型Vストローム650は良い意味でオフ車っぽくなった感じの印象を受けた。逆にVストローム1000は、全く変わってない印象だった。

 

 

お台場でVストローム650とVストローム1000に試乗した。Vストローム650は、足つきが良いしヒラヒラ軽快で250オフみたいに乗れた。Vストローム1000は、パワーあるけど重いね。ツーリング先のちょっとした脇道林道にVストローム1000で入ろうとは思わないかな。

 

 

高速道路で車と同等かプラスαの巡航で十分な人は、Vストローム650。それ以上を望む人は、Vストローム1000。自分は、燃費とレギュラーガソリンとエンジンの扱い易さと排熱量でVストローム650を買った。凄くよく出来たツーリングバイクだよ。

 

 

通勤で使うからVストローム650にした。燃費が良いし、ガソリンがレギュラーだし。でも高速道路走るとVストローム1000が恋しくなる。

 

 

フェリー代は、Vストローム650の方が安い。

 

 

街乗りとツーリングの比重の高さで決めればいい。
街乗りメイン、時々ツーリングならVストローム650。
ツーリングメインならVストローム1000。

 

 

ちなみに新型Vストローム650(2BL-C733A)と旧型Vストローム1000(EBL-VU51A)に跨ってみたけど足つき性は、似たようなもんだった。気持ちVストローム1000の方が足つき良いかな?って思う程度。

 

 

俺は、値段と重さでVストローム650を買った。

 

 

●タンク容量
Vストローム650 ABS 20L
Vストローム1000 ABS 20L

 

●燃費WMTCモード値
Vストローム650 ABS 35.5km/L
Vストローム1000 ABS 32.1km/L

 

●航続距離
Vストローム650 ABS 20L × 35.5km/L =710km
Vストローム1000 ABS 20L × 32.1km/L =642km

 

Vストローム650とVストローム1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら